河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

例年同様いずれの日程とも、長文読解 を中心に、会話文、文法・語法、語彙(ごい)が出題されている。解答形式はすべてマーク方式。分量的にはそれほど多くはないものの、出題内容は多岐にわたっており、また選択肢もすべて英文で、幅広い角度からオールラウンドな英語力が試されている。難易度は、高校の教科書レベルの内容がきちんと理解できていれば十分に対処できる問題がほとんどであるので、基本事項を確実にマスターすることが最優先となる。長文読解は、英問英答形式での内容一致(12問)で統一されているのが特徴である。英文中に空所を設けないので、文章の流れをきちんと追いながら、質問文を手がかりにして、解答するうえで必要な情報を読み込むことができる。会話文はいずれの日程においても重視されており、長めの会話文を使って、英問英答形式での内容一致や空所補充が出題されている。文法・語法は様々な項目からバランスよく出題されており、語彙(ごい)問題として2つの文に共通して埋めることのできる語を選ばせるものが出題されている。

2018年度入試対策・学習アドバイス

過去問対策は万全に

いずれの日程とも同一の出題形式であるので、受験する試験日以外の問題も大いに利用して、難易度や時間配分といった受験に必要なノウハウを身につけたうえで、本番の試験に臨むことができる。したがって、過去問を数多く解くことが最良の入試対策であり、合格への最短コースであるといえる。

長文読解が合否の決め手となる

長文読解問題では、英文の分量は比較的少なめに抑えられているので、速く読むことにとらわれて雑な読み方をしないように心がけよう。これまで読んできた教科書や問題集の英文を利用して、語彙(ごい)や文法事項などを確認しながら、正確な文脈理解に努めるとよいだろう。設問は英問英答形式での内容一致で統一されているので、まずは質問文に目を通し、どういう内容の質問が用意されているのかをあらかじめ確かめておいてから、本文との読み合わせをするのが効率的だろう。該当箇所が見つかったら、本文と選択肢の内容を吟味するという読み方に習熟しておくことが大切である。

文法・語法問題は基本事項を確実にマスターする

文法・語法問題は、これまでの授業やテキストの総復習を通じて、基本構文、文法・語法、語彙(ごい)などを確実に身につけておくことが不可欠である。共通語を補充させる問題の対策としては、出題されている問題のレベルを参考にして、いわゆる多義語を的確に使いこなせるようにしておくことが大切である。また、語法や意味の似た単語の使い分けが問われることも多いので、単語を覚えるときには、単に訳語を暗記するだけでなく、語法や微妙なニュアンスの違いにも注意する必要がある。

会話文問題では文脈理解がポイント

会話文問題では、特別に難しい会話表現が出題されているわけではないが、応答表現などの基本的な会話表現には習熟しておく必要がある。長文読解問題同様に、英問英答形式の内容一致の設問には、あらかじめ質問文に目を通しておくと効率がよい。その質問が会話のどの部分を対象にしてつくられているのかを読み取る力を身につけておくことが大切で、過去問や問題集などを利用して十分な対策が必要である。