河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

日本語日本文・文化史学科は、解答形式がすべてマークシート方式で、大問は6題、試験時間は60分である。各大問は、[1]リスニング問題(英文の内容真偽)、[2]語彙(ごい)問題(同義語選択)、[3]文法・語法問題(空欄補充)、[4]整序英作文問題(空欄補充)、[5]読解問題(文・句・節の補充)、[6]読解問題(適文選択による内容一致)となっている。英語英文・地球市民・スペイン語スペイン文学科は、マークシート方式と記述方式が併用され、大問が7題、試験時間は80分である。各大問は、[1]~[6]が日本語日本文・文化史学科と共通の客観形式の問題で、[7]が記述形式で日本語による要約と英文に関する自由英作文問題となっている。[1]のリスニング問題は易しめの会話文が素材であり、内容真偽も難しくない。[2]の語彙(ごい)問題では平易な語彙(ごい)が問われているが、なかにはかなり高度なものも散見される。[3]の文法・語法問題では、分野横断の複合問題が多く、応用力が試されている。[5][6]の読解問題では、細かい英文の読み取りが必要なものが出題されており、注意が必要である。また、分量はやや多く、処理力が求められている。

2018年度入試対策・学習アドバイス

リスニング対策はこつこつと

まず教科書や、参考書などで基本的な母音や子音を学習する。次に、単語集で単語を学習する際に、単語の発音を自分で行い、聞き取れる単語を増やしていく。それに加え、教科書レベルの長文や会話の音声教材を用い、実際に英文を聞き取る練習をする。一例として( 1 )音声を聞いて内容を理解し、問題があればそれを解く、( 2 )ディクテーション(書き取り)を行い、読み取れない部分を明確にする、( 3 )スクリプトを見ながら、音声を聞く、( 4 )音声に合わせて自分で音読を複数回繰り返す、などが挙げられる。リスニング力はすぐには向上しないので、毎日30分~1時間ぐらい勉強するとよい。

読解問題対策は英文解釈から

清泉女子大学の読解問題に対応するためには、まずは英文の構造を把握し、正確に文意を理解するための標準的な英文解釈能力を身につける必要がある。そのために教科書や英文解釈のための問題集を用い、主語や動詞、目的語を把握しながら、英文を読む訓練を行う。そのうえでセンター試験レベルの長文問題の演習を行う。特にセンター試験は適切な難易度の長文が出題されているので、有用である。そして、できるだけたくさん清泉女子大学の過去問にあたっておく。このとき特に、時間を計って問題を解くこと、読み取れなかった英文を正確に読む訓練をすること、間違った問題があればどうして間違ったのか、そしてなぜそれが正解なのかを毎回確認することが重要である。

要約問題対策も忘れずに

要約問題は、まず周りの指導者から要約の仕方を教えてもらう。そのうえで、学校の教科書や要約つきの長文問題集などで実際に書く練習を積んでいきたい。要約は指導者に見てもらい、文意が通っているか、過不足がないかを確認する。

自由英作文は必ず添削をしてもらう

まずは、教科書や参考書を用いて、短い和文英訳ができるように訓練して、正しい英文が書けるようにする。次に、自由英作文の基本的な書き方を勉強する。基本的な書き方を習得したら、実際に問題集で英作文の練習をする。書いた作文は指導者に添削をしてもらい、解答・解説にある適切な表現を覚えていく。