学部や学科の注目ポイントや特色を紹介しています。

学部・学科情報

経済学部

注目ポイント

現代社会の課題解決に挑む、自立した職業人を養成
経済と経営の多様で高度な専門性が総合的に身につく「1学科制」
経済学と経営学。この2つは、一般的にそれぞれ別の学問として学ばれてきました。成蹊大学経済学部では、経済学と経営学を合わせて学ぶ1学科制の「経済経営学科」を設置。ひとつの学科として経済と経営を総合的に学ぶことで、現代社会が提起する多様な課題に対応できる、高度な専門性を身につけることができます。実社会での経済現象や経済問題には、さまざまな要因が複雑に絡み合っており、そこに経済学と経営学の境界はありません。地球規模の経済現象に立ち向かえる、「時代にふさわしい知性と良識」を兼ね備えた人材養成を目標にしています。

個人に向き合ったカリキュラムで「考える力」と「品格」ある職業人を育成
経済学部では、「何を学び、どのような職業人になりたいか」という学生個人の目標に応じ、指定された科目から選択して履修し、専門知識を深めることで、スペシャリストとして認定される制度「スペシャリストコース」を設けています。また「個性尊重の人格教育」に基づいた“人格陶冶”“自己形成”“職業能力の向上”を軸に、選抜制の「情報分析プログラム」や「自己設計科目」などを揃え、教員への相談制度「アカデミック・アドバイザリー・ボード(AAB)」も充実。個人に向き合う教育を実践し、「考える力」と「品格」ある職業人を育成しています。

経済経営学科
成蹊大学経済学部は経済学と経営学の「両方」を徹底的に修得する全国でも数少ない学部です。1年次から4年次まですべての学年にゼミがあり、4年次には卒業研究を行い、教員と少人数の学生が真剣に議論を繰り返します。このようなゼミ活動の中で、課題発見・課題解決力やコミュニケーション力などの社会人として必要な力も自然と身についていきます。さらに学際科目を設け、得意な分野をもうひとつ(ICT(情報技術)の活用力、語学力、歴史、環境問題など)プラスし、経済、経営、プラスワンの3つの軸によって安定したキャリアを獲得するための考え抜かれた学びの体系が用意されています。また、専門性を追究する学生の挑戦を支援する「スペシャリストコース」や選抜制の「情報分析プログラム」など豊富な制度が整えられています。

スペシャリストコース
「スペシャリストコース」は卒業後に各分野のスペシャリストとして活躍するために設けられている制度です。「経済政策」「経営心理」「キャリア開発」「企業戦略」「金融ファイナンス」「企業会計」「地域デザイン」の各コースで指定する科目の単位を修得し、所定の成績を修めると、成蹊大学経済学部長より、その専門分野の「スペシャリスト認定証」が授与されます。ひとりの学生が複数の認定証を獲得することも可能です。

ページトップに戻る

法学部

注目ポイント

問題解決能力と広い視野、高い見識のある人間の育成
法と政治を関連づけながら1年次から奥行きの深い学びを経験
それぞれに異なる価値観をもつ個人や人間の集団が、平和に共存するために法が存在し、その法の背景には政治があります。法と政治は国家、自治体、国際関係など集団の秩序を維持する役割を果たすだけでなく、個人とその生活に深く関与しています。法学部では、法と政治を関連づけながら学べるよう、法律学科、政治学科双方において受講できる科目を数多く設置。1年次からゼミ(演習)や専門科目を履修し、基礎から段階的に専門性を高めていきます。

個人の権利を尊重するコミュニケーション能力を育成
法律学や政治学を学ぶことの最終的な目標は、社会で複雑な問題に直面したとき、関係する人々の立場を尊重しながら、論理的かつ合理的な解決策を提示できる力を身につけることです。そのためには、必要な言葉の力や論理の力を磨き、複雑な条件の下でリーダーシップを発揮できる総合的な知性を身につけることが大切です。法学部では、法律実務家や公務員を志す人たちの要望に応えることはもちろん、会社員、経営者、各種団体職員、教員など、あらゆる分野で知的リーダーシップを発揮できる国際感覚豊かな人材を養成しています。

法律学科―深い専門知識と広い視野を身につけ、法的思考で社会に貢献する
法律は、個人の日常生活をはじめとして、経済や行政、国際社会にまで深くかかわっています。その法律を扱う「法律学」は、「現実に起きている諸問題を合理的な思考によって解決し、相互に異なる価値観をもつ人間が共存できるようにするためのルールを研究する学問」だといえます。法律学の修得には、条文や判例の学修のみならず、的確な解決策を導き出せる柔軟な思考力、豊かな感受性が必要です。法律学科では、将来あらゆる分野で求められる「リーガルマインド(法的思考能力・判断力)」を育むとともに、さまざまな利害や価値観の対立を公正な視点から分析・解決していく方法を学びます。
政治学科―国際的な視野と発想力を養い、問題解決の糸口をつかむ
政治とは、ともに社会をつくる人々が抱える問題に対処するために集団として意思決定し、その決定を実行することです。そこではさまざまな問題が登場します。貧困問題をどう考えるか、エネルギー・環境問題をどう考えるか、他国とどのような関係を結ぶか、世界政府のようなものは設立されるべきか、そもそもこうしたことを決める際の決め方はどうなっており、どうあるべきか、誰が政治という営みの主人公であるべきか。政治学科では、この営みを立体的に理解するために、各国・各地域の政治、国際関係の歴史的展開・現状を学ぶだけでなく、その背後にある権力・自由・平等などをめぐる考え方(政治思想)をも学びます。

法律学科の特色
法律学科の特色は、(1)難関試験や専門職を目指す学生も満足できる、高い水準の授業が提供されていること、(2)ゼミ(演習)や少人数授業が充実しており、1年次から4年次にいたるまで複数履修できること、さらに、(3)外国の法制度を扱う「比較法」が1年次の必修科目として配置されるなど、国際社会の理解に役立つ広い視野を獲得できるカリキュラムを用意していることにあります。価値観が多様化する現代社会だからこそ、いろいろな角度から法的問題を考えていくことはますます重要になります。単に法律の知識を有するだけでなく、柔軟かつ合理的に法的思考力を発揮でき、社会の要請に応えうる人――法律学科では、そうした人材の育成を目指しています。

政治学科の特色
政治学科では少人数教育の中軸となるゼミ(演習)を重視しています。1年次から始まるゼミでは、コミュニティ・地方自治体など身近なところから地球規模にまで広がる多様な問題を糸口に学び、2年次に各自の関心に沿ってコースを選びます。関心のある問題を扱い、多角的・根源的に検討しながら研究を掘り下げていきます。問題発見と調査を繰り返すことで、専門的な知識と社会を俯瞰する力を身につけ、本当の意味でグローバルな視野と発想力を持つことを目指します。

ページトップに戻る

文学部

注目ポイント

人間の探究と理解を通して、国際教養人を育成
多様な社会、文化、人間の本質を探る文学部4学科のさまざまな視点
文学部で学ぶ学問は、人文学と呼ばれています。過去から現在までの多様な社会・文化、その担い手である「人間」の本質について洞察、分析、研究する学問です。文学や言語を手がかりに、そこに表現されていることや本質を読み解く英米文学科と日本文学科。言語の壁を超えて広く世界を見渡す国際文化学科。身の回りに起きている社会現象を考察する現代社会学科。それぞれに視点は異なっていますが、文学部4学科の目指すところは同じ。「人間とは何か」という命題の探究です。

柔軟な知性で本質を見抜く自立的人間、国際教養人を養成
文学部は学科の枠を越えた科目履修も可能です。自由な科目選択によって、専門分野にとどまらない多様なアプローチでの学際的探究が可能になり、多角的な視点と広い視野を獲得できます。多様な価値観が共存し、対立する現代社会に生きる人間を柔軟な知性でとらえ、物事の本質を見抜く批判力が養えます。また、英語力の強化による国際化、基礎的なICT能力の向上を目指す情報化のカリキュラムが充実しているのも大きな特色です。「時代と社会の変化に柔軟に対応できる自立的人間、国際教養人」の養成を目指しています。

英米文学科―英語を窓にして、人間への興味を高め、国際感覚を養成
自分の考えを世界に対して正確に表現できる知識と技術を養うことが、これからの社会で国際人として生きていく上で不可欠です。このような観点から英米文学科では、世界に通用する実践的な英語力を身につけることを目指します。それは、「話す、聞く、読む、書く」といった技能にとどまらず、英語圏の文化とその歴史的背景を「人種」「ジェンダー」「階級」などの視点から学ぶことにより、ものの考え方や人間に対する深い興味と観察力をもつことにまでおよびます。また、「英語学」「英語教育」「英語通訳」「翻訳」などを理論・実践の両面から学ぶこともできます。
日本文学科―日本や日本人を多角的に理解することにより、自己確立をめざす
日本文学科の特色は、2年次のゼミ(演習)によく表れています。ゼミは全学年で必修ですが、特に2年次は3つのゼミにおいて、「古典文学」、「近・現代文学」、「日本語学」という3分野すべてを学び、基礎的な学力を身につけます。そして、少人数のゼミで「言葉」に取り組み、学生のコミュニケーション能力と「言葉」に対する高い感性を養います。これらの能力や感性があれば、他者とかかわることを楽しみ、「言葉」によって築きあげる思想を深めていくことができます。
国際文化学科―人間の多様性を知り、国際社会で活躍する人材を育成
世界の各地域や民族の文化について「国際関係研究」、「文化人類学」、「地域文化・歴史」の3つの領域をバランスよく学べるようにカリキュラムが編成されています。世界の多様性を理解することで視野の広い豊かな国際感覚が身につき、国際化社会において異文化間のコミュニケーションに対応しうる幅広い知識が備わります。また、卒業論文に力を入れており、3領域の学びの中から関心のあるテーマを決めて取り組み、自分なりの考えを言語化し、国際社会を生きていく上で重要な姿勢を身につけます。
現代社会学科―社会学とメディア研究の視点から、問題解決能力を養成
現代社会学科は、現代社会に「社会学」と「メディア研究」の2つの軸からアプローチします。社会学では、「家族・社会心理・ジェンダー・福祉・労働・都市」など、現代社会のさまざまな側面について、「現状・歴史・課題」を分析します。メディア研究では、「雑誌・テレビ・広告・インターネット」といったさまざまなメディアや、コミュニケーションについて分析します。さらに「社会調査演習」「メディア・リテラシー演習」「コミュニティー演習」などのアクティブ・ラーニングにより、社会の全体像を把握し、問題の核心を見極め、解決の可能性を立案する力を養うことを目指します。

ページトップに戻る

理工学部

注目ポイント

科学技術の力で社会を支える人材を育成
いま必要とされる科学技術とは?
21世紀に入り、私たちが直面する諸問題は、かつてないほどに複雑かつ多様化しています。人類が歴史上未体験のテーマも多く、科学技術を取り巻く環境も大きく変容しました。理工学部では大学に対する社会的要請という視点を大胆に導入したミッション・オリエンテッド(社会的使命に基づく)という新しい方針によって物質生命理工学科・情報科学科・システムデザイン学科の3学科を構成しています。社会のニーズと学生の要望を両立させる教育を実践し、科学技術をもって新たな知識社会の進展に貢献できる人材を育成します。

実践力を育てる「意欲醸成型」のカリキュラム
理工学部のカリキュラムは、科学技術の基礎となる理学系科目を強化し、どのような状況に対しても応用が利く確かな基礎学力が着実に身につくよう配慮されているほか、実験・実習など、実際に手を動かして体験から学ぶ科目が充実しています。
また、インターンシップを含むキャリア教育科目や、人文科学、社会科学、自然科学を自由に選択できる成蹊教養カリキュラムから、興味や進路に応じた科目選択が可能です。学生のやる気を最大限に引き出し、知識社会の進展に貢献できる実践力を養います。

物質生命理工学科―広い視野と基礎力をベースに革新的科学技術の創造に挑む
物質生命理工学科の研究分野は「物質・ナノサイエンス分野」「化学・ライフサイエンス分野」「環境・エネルギー分野」の3分野から構成されています。いずれの分野も、科学技術の根底に関わる研究が多く、その成果はあらゆる科学技術の進化にインパクトを与える可能性を秘めています。未踏分野に挑戦するこの学科の特色を反映し、カリキュラムは、理工学全般への理解を深めるための多彩な講義を基礎専門科目に配置。科学技術に対する多元的な視点や科学的・工学的センスを養います。また、実験・演習を豊富に揃え、多様な分野を体験できることが大きな特徴で、基礎から専門、そして実践的な研究へと、着実にステップアップしていきます。
情報科学科―IT 技術の本質を理解し活用できる人材の養成
情報科学科の研究分野は「システムソフトウエア・ネットワーク分野」「メディア技術分野」「情報数理分野」の3分野から構成されています。コンピュータ・情報処理技術を基軸とする情報科学の可能性はとどまるところを知らず、次々と世界のスタンダードとなる新技術が開発されています。「知の伝達と共有」をテーマに、情報科学科ではソフトウエアやハードウエアの技術はもちろん、ネットワーク技術、ソフトとハードが融合した情報システム構築技術、応用技術としての画像処理、ユーザインタフェース、情報数理など、あらゆる分野を包括して学ぶことができます。カリキュラムは、応用力を支える基礎理学の重視、さらに少人数演習による実践的なスキルの修得に力を注ぎ、情報技術のリーダーを育成しています。
システムデザイン学科―正解がひとつでない実社会の問題を解決する能力を養成
工学的手法に基づく高い問題解決能力を身につけ、実社会で活躍する人材を養成することがシステムデザイン学科の最大の目標です。3年次に「機械工学」「電気電子工学」「ロボット工学」「経営工学」に関する4コースのうち、2コースに所属する「マルチコース制」により、各コースの専門科目を学び、自分の専門性を明確にすると同時に、複合技術が必要な問題にも対処できる能力を身につけます。また、「プロジェクト型科目」は、解答がひとつでない問題に取り組む実践型の授業です。学生たちがチームを組み、講義で学んだ知識を活かして実際に所定の条件を満たす製品を企画・設計・製作し、最後に製作物のプレゼンテーションと性能評価を行います。このようにして実社会の製品開発の現場感覚を磨いていきます。

ページトップに戻る