河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

試験時間は全学部統一のE方式で90分。各学部個別入試のA方式は60分である。各設問の難易度はやや易~標準であるが、英文の分量・設問数が多い日程が目立つので、迅速に解答する必要がある。日程によって問題形式は異なるが、日程ごとの出題形式に大きな変更はないので、過去問を通して志望学部の出題形式に慣れるとよいだろう。

全学部統一入試(E方式):解答はすべてマーク・シート方式。I-読解総合、II-読解総合、III-短文の空所補充、IV-読解総合、V-読解総合、VI-読解総合。法学部:解答はすべてマーク・シート方式。I-発音・アクセント、II-語義選択、III-文法・語法、IV-語句整序、V-読解総合、VI-読解総合。文学部:解答は一部記述を含むマーク・シート方式。I-語句整序、II-会話文、III-読解総合。記述は和訳問題が出題されている。経済学部:解答はすべてマーク・シート方式。I-会話文、II-読解総合、III-読解総合、IV-読解総合。理工学部:解答は一部記述を含むマーク・シート方式。I-読解総合、II-読解総合、III-読解総合。記述は英単語を記述する問題と和訳問題が出題されている。

2018年度入試対策・学習アドバイス

成蹊大学の入試問題で合格点を取るためには、分量が多い入試問題を時間内で解答できるようにしなければならない。まずは、学校や予備校の授業を大切にし、予習→授業→復習のサイクルを通して、一つひとつ正確な知識を積み上げていく。さらに、当たり前に思える基本事項に対して、「なぜ、そうなるのか」を考えることを習慣化することで、応用力も育みたい。文・理工学部では、和訳問題も出題されている。書く学習もおこたらないようにしよう。

長文を速く正確に読む力を養う

読解総合問題で得点するためには、1文1文を正確に解釈する能力や段落ごとの内容を的確につかむ能力が必要となる。特に直前期の学習では、過去問を使って、時間を意識しながら問題演習を実施するとよいだろう。本番では解答に時間をかけない問題を判断する力も求められるが、この力は緊張感を持った演習で養うことができる。演習後は文章中の語彙(ごい)や文法事項を確認しよう。その際に、解答根拠の確認や選択肢の英文も理解できるかチェックするように心がけよう。その際に、入試本番で速く正確に解答するためには、どう解答すればいいのかも意識できるとよい。学習した知識は反復学習することで定着する。初見の長文をたくさん読むことも必要だが、学んだことを定着させられなければ意味がない。音読などを通じて、試験直前まで丁寧に復習するよう心がけるとよいだろう。

丸暗記を避けた文法・語法対策を!

学校の教科書や市販されている問題集を何度も何度も繰り返し学習することで基本的な知識を定着させたい。その際に、やみくもに丸暗記するのではなく、文法のルールや解答根拠を確認しよう。問題演習も大事だが、参考書を読むことでより理解も深まるだろう。空所補充や語句整序など設問の形式は様々であっても、問われているのは英文法の理解である。一見難しそうな問題であっても、基本的知識を応用することで正答できる問題が多く、そして、そのような設問で差がつきやすい。直前期であっても焦ることなく、苦手分野を残さないように心がけてほしい。