河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2018年度入試の問題分析

例年どおり、A日程、B日程ともに解答方法はすべてマークシート方式で、大問は5題、試験時間は60分である。第1問は文法・語法問題、第2問は整序英作文問題、第3問は会話文形式での空欄補充問題、第4問は読解形式の空欄補充問題と語義推測問題、第5問も読解形式の内容一致問題となっている。第1問は、標準レベルの文法・語法問題であり、受験生が苦手とする時制や態、品詞の問題が頻出である。論理的な思考に基づく文法学習が必要となろう。第2問の整序英作文も、標準的であるが、やや細かい文法・語法を用いて整序させる問題がある。第3問はやや分量が多いが、基礎的な会話問題であり、取りこぼしのないようにしたい。第4問の長文は、構文、語ご彙いともに基礎レベルで、空欄補充問題も前後の流れに適するものを素直に選べば正答に至る。語義推測の問題は、本文から分析しても解けるが、普段の単語学習から知識問題として解けるようにしておきたい。第5問の長文は、第4問の長文より長いものであるが、構文、語ご彙いは同じ基礎的なものにとどまっており、問題も素直な良問である。第4問、第5問ともに、英文のタイトルが与えられているので、それをヒントにすることもできるであろう。

2019年度入試対策・学習アドバイス

まずは文法・語法の学習を徹底

第1問・第2問で必要な文法・語法の知識は、標準的なものではあるが、丸暗記ではなく、理屈を立てて学習しておく必要がある。まずは教科書や参考書などを参照し、文法事項の理解に努める。そして標準的レベルの文法問題集(学校傍用のものでよい)を解き、その知識を定着させるようにする。その際には、なぜその答えが正解なのかを、きちんと考えながら問題を解かなければならない。不明点や疑問点は、周りの先生に質問し、一つひとつ解消していくことを勧める。また、間違えた問題は、正しい英文を数回音読して、英文自体を覚えてしまうのもよい。特に苦手意識が強い場合には、時制や仮定法など、分野ごとに参考書を通読し、問題を解く、といったようなやり方で進めていくのも有効だろう。以上をひとつの問題集で繰り返して、知識を完璧なものとしたうえで、過去問にできるだけたくさんあたっておくとよい。

会話問題は読解問題と同じ

第3問の会話問題は、会話特有の表現が問われているというよりも、一種の読解問題である。センター試験レベル、教科書レベルの会話表現を覚えた後は、過去問や類題をこなしておくとよい。

読解問題対策は英文解釈から

昭和女子大学の読解問題は、本文が読みやすく、設問も素直なものであるから、取りこぼしが許されない。ミスなく長文を読解するために、まずは英文の構造を把握し、文意を理解するための英文解釈能力を身につける必要がある。そのために教科書や英文解釈のための問題集を用い、主語や動詞、目的語を把握しながら、正確に英文を読む訓練を行う。そしてセンター試験レベルの長文問題の演習を行っていく。ある程度の題数をこなした後は、できるだけたくさん過去問にあたっておこう。英検準2級~2級の長文問題も、練習問題としては有用であろう。また、読解問題で扱われているテーマは、現代的なものが多いので、日頃からニュースや新聞などを読んでおくのも、遠回りには見えるが、有効な学習方法といえる。