2013~2017年度に開設した新しい学部について紹介しています。学べる内容、卒業後の進路、注目ポイント等を掲載しています。

注目の2013~2017年度開設学部学科情報

「芝浦建築の歴史と伝統」を継承した未来につながる新しい建築教育

建築学部 建築学科

<入試問い合わせ先>
〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5 入試部入試課(豊洲キャンパス)
TEL
03-5859-7100
FAX
03-5859-7101
URL
www.shibaura-it.ac.jp

増設学部・学科・定員

定員 240名

学部開設の狙いは?

社会に学び、社会に貢献する
世界で羽ばたく技術者の育成

産業界では、世界にマーケットを広げる時代に入り、ものづくりの現場ではボーダーレス化が進んでいる。国内外の優れた技術者たちとチームを組み、プロジェクトを進める能力が技術者に求められている現況に対応し、「工学部建築学科」「工学部建築工学科」、「デザイン工学部デザイン工学科(建築・空間デザイン領域)」の2学科1領域を統合・再編した「建築学部建築学科」が誕生する。
同大学初となる豊洲キャンバスでの4年間一貫教育を導入。「工学」「建築デザイン」「幅広い教養」の横断的融合による建築教育を実践し、“今”と“未来”をつなぐ技術者を育成する。

何が学べるの?

多彩なテーマでめざしたい方向性が見つかる
同学科は、APコース:先進的プロジェクトデザインコース、SAコース:空間・建築デザインコース、UAコース:都市・建築デザインコースの3コースを設置。3年次のプロジェクトゼミと卒業研究は、所属コースにかかわらず10分野からなる全29研究室から選択でき、自分の専門をじっくり選べる。建築基礎の修得を土台に、応用レベルの専門科目を有機的に組み合わせることで相乗効果が得られるようなカリキュラムが編成されている。

  • グローバル理工系人材の育成
    ヨーロッパやロシア、韓国などでの海外建築研修、交換留学プログラムを充実させている。海外教員や留学生との課題解決型科目を豊富に配置し、国際的に活躍できる能力を身につける。

卒業後の進路は?

自らの将来像をしっかり考え、幅広い進路が選択できる
専門的な技術、建築デザイン、幅広い教養を身につけることで、多様な進路選択を実現。建築設計(意匠・構造・設備)、建築生産(施工管理)、各種コンサルタント、メーカーへの就職はもちろんのこと、国家公務員、地方公務員として地域計画、都市計画などに関わることもできる。また、大学院進学により、自らの専門性をより高めてからの就職も可能だ。

入試情報の詳細については募集要項等を必ず確認してください。