河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

日程ごとで問題は異なるが、グローバル・メディア・スタディーズ学部(後述)を除く各学部・学科は、各日程とも基本的な問題構成は共通。現代文、古文が1題ずつ出題されるほか、これらと別に漢字問題も課される。問題文の分量は3,500~5,000字程度で、標準的ないし長めである。問題文はすべて評論で、思想、文化、社会といった分野からの出題が中心で、読みごたえのある本格的な文章が選ばれている。解答形式は、全学部統一日程入試はすべてマークセンス方式。それ以外の日程ではマークセンス方式と記述式の併用となっている。

設問の大半は漢字の書き取り、空欄補充、抜き出し、脱落文補充、本文との内容一致問題、文学史のいずれかだが、空欄補充問題が多く、センター試験のような傍線部の内容や理由の説明問題は逆に少なめである点が特徴である。なお、グローバル・メディア・スタディーズ学部の入試は、現代文のみの2題構成で、テクノロジー論やメディア論、現代世界論など今日的な話題を扱った問題文が出題される。空欄補充の多さは他学部と同様だが、脱落文補充や抜き出し、文学史が出題されない代わりに、読解問題では正誤の組み合わせを答える形式が頻出となっている。また横書きでの出題であり、図表やグラフに関する設問が見られる。

難易度は全日程とも標準的なレベル。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字は確実に書けるように練習を

漢字問題は、日程によってマークセンス方式、記述式の別があるが、いずれも常用漢字の範囲内から出題されており、ここでの失点は極力避けたい。漢字対策の問題集などを用いて練習するほか、問われている語そのものがわからないといった事態を避けるためにも、語彙(ごい)の知識を増強しておきたい。

多様な空欄問題への対応力を養う

駒澤大学入試では空欄補充問題が多く課されるが、大きく分けて、語句の知識が決め手となる問題と、本文の内容理解に関わる問題がある。前者については、問われている言葉を知らないと致命傷となるので、ここでも語彙(ごい)力の強化は重要である。評論用語に加えてことわざや慣用句、四字熟語などにも目を配っておきたい。また後者については、基本的には空欄前後の流れを捉えることで解答の手がかりが得られることが多いが、設問中に掲げられた文章に設けられた空欄に入る語を抜き出す問題では、その文章の内容を把握したうえで、指定字数を意識しつつ、本文全体の論旨も踏まえて正解を見つけ出す必要があるため厄介である。一定の訓練を積んでおくべきである

私立大学型の問題集や過去問で演習

試験に備えた問題演習としては、客観問題を多く収めたタイプの問題集を選んで取り組むとよいだろう。また、過去問についても、試験日程間で傾向に顕著な違いは見られないので、自分が受験する日程以外の日程の問題にも積極的に挑戦していきたい。ただし、答合わせの後で、正解・誤答の理由をしっかり考察し、納得する習慣をつけよう。そうした過程を踏むことで、根拠を持って確実に正解するために必要な読解力が備わってくるはずだ。なお、グローバル・メディア・スタディーズ学部の志望者は、今日の社会にまつわる諸問題を論じた新書や新聞論説などを積極的に目を通すことに努めると有利になるだろう。