河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

例年どおり試験時間は60分。学部・学科により現古漢の3題を解く場合と、現現、現古、現漢のいずれかの組み合わせを選択し、大問2題を解く場合がある。各学部共通および選択の現代文はどちらも2,500~3,000字の文章が出題された。共通問題には、男性中心主義的な家族観に関する評論文が出題され、選択問題には〈遊び〉について考察した文化論が出題された。國學院大学では、抽象度の高い硬質な評論文が出題されることが多いため、日頃からそうした文章を読むことに慣れておく必要がある。

各学部共通の現代文は設問数が10問(文学部日本文学科・中国文学科・史学科はその内の7問を解く)で、選択の現代文は7問。すべてマークシート方式である。慣用表現や語句の意味を問う問題、空欄補充問題、傍線部の内容・理由を問う問題など、私立大学入試の一般的な設問構成ではあるが、漢字の設問は出題されていない。マークシート方式でも漢字を出題する大学が大多数であることを考えると、特徴的な出題傾向だといえるだろう。

2019年度入試対策・学習アドバイス

硬質な評論文に慣れよう

受験する学部・学科によって、大問1題を約20分で解く場合と、約30分で解く場合とがあるので、それぞれの試験時間に合わせて問題を解く練習をしておこう。問題文の難易度は、難関私立大学の一般的なレベルだが、文章のテーマは社会的で学問的な内容であることが多い。したがって、そうした硬質なテーマの文章に慣れておくことが大切だ。3,000字前後の文章を10分以内で正確に読む練習をしよう。具体的にいうと、教科書や問題集、あるいは新書などを利用し、3,000字程度の文章を、段落ごとの重要ポイントを意識的に絞り込みつつ読むのである。そして、本文全体の主要な流れを把握しよう。重要箇所に傍線を引きながら読むことも有効だ。高校や塾の予習をする際に、文章をきちんと理解する過程を大切にし、読解力を養成しておくことが大切である。また、評論文を効率よく読むためには、評論用語の基礎的な知識をしっかり身につけておくことが不可欠だ。市販の現代文重要語集などを利用し、正しい語句の意味を確認しながら覚えるようにしよう。1冊の重要語集を2~3回繰り返し覚えることで、記憶を定着させておくようにしたい。

私立大学向けの問題集を利用しよう

國學院大学ではときにかなり硬質な評論文も出題される。したがって、小手先の“テクニック”を追い求めるむなしい作業ではなく、問題文の内容をきちんと理解し、その内容に基づいて設問に解答するという正攻法の勉強に集中することで、本物の学力を身につけておくことが大切だ。そのためには、標準的難易度で、解説の詳しい問題集(全頁のうち3分の1以上は解説に費やしているもの)を利用しよう。1題を約20分で解く必要のある学科を受験する場合には、効率よく本文を読み、設問を解く練習をしておく必要がある。ただし、時間内に問題を解く訓練だけでは、十分な読解力を養成することは難しい。重要なのは、時間内に問題を解いた後、改めて問題文をじっくり読み直し、設問を解き直すという作業を行うことだ。なぜなら、そうした過程においてこそ、読解力や論理的解答力が磨かれるからである。2日か3日に一度のペースで、こうした勉強を続けていくことが大切である。