学部や学科の注目ポイントや特色を紹介しています。

学部・学科情報

※前年度情報を掲載中

先進工学部

注目ポイント

山積する現代社会の課題を、世界とともに解決していくため、既成概念にとらわれない新しい発想力と、その発想を技術に展開する工学の知識を習得。1年を4回に分けるクォーター制や、理論と実践をバランスよく融合し、着実に力をつけていく「アクティブラーニング」、本学独自の留学プログラム「ハイブリッド留学®プログラム」などの多彩な学びで、高度な科学技術を創造できる人材を育成します。2019年4月、応用物理学科と機械理工学科は、より専門性を高めた知識を得られるように、各学科を2専攻に分け、きめ細やかな学修ができる体制に変わります。

生命化学科

複雑な生命現象を「化学」というシンプルな言葉で理解し、表現する力を習得。化学者として生命を学び、生命に学ぶ学科です。さまざまな生命現象を分子のレベルで考察して、私たちにとって有用な化学物質を創生。創薬・医療・生物資源開発に応用できる知識を習得し、新しい医薬品や医療技術の開発や、生物資源の有効利用などにも貢献できる研究者・技術者をめざします。

応用化学科

化学の基礎となる「有機化学」「無機化学」「分析化学」「物理化学」「生物化学」の5分野から、高分子・触媒・ナノテク材料などの高機能な物質の合成や製造法に至るまで、専門的な知識と技能を身に付けます。同時にエンジニアとしての基礎を学ぶことによって、ものづくりの素養を身に付け、幅広い視野と実践力を兼ね備えた化学技術者として、工学分野でも活躍できる力を磨きます。

環境化学科

化学系の基礎科目を学び、実験・実習を通して、環境(大気、水、土壌)の実態を捉え、改善する方法を学びます。最先端の化学技術を駆使して、環境を保全する技術および環境負荷の少ない材料やエネルギー技術を創生。豊かな自然と快適なくらしを支える「環境」「エネルギー・材料」「環境評価・設計」に関する知識と技能を身に付け、持続可能な社会に貢献できる技術者・研究者をめざします。

応用物理学科

【応用物理学専攻】
物理と工学を融合した学びの中で、実践的な研究開発能力を磨いていくカリキュラム。基礎的な物理学の知識を習得した上で、さらに物性物理、エレクトロニクスなどの専門分野を理解し、研究を深めます。人間・社会・自然に対する理解を深めるために、専門領域を超えて、問題を探求する姿勢を身につけ、社会で必要とされる応用物理学に基づいた実践的な研究開発能力を持つ技術者を育成します。

【宇宙理工学専攻】
応用物理学と工学の基礎と応用力を身につけ、それらの知識をベースに宇宙分野の基礎研究から開発・利用に至る宇宙理工学に関わる分野を幅広く学びます。
宇宙の原理に迫り、社会につながる技術を探究し、今後発展が期待される宇宙ビジネス分野や関連産業分野においても活躍できる多様な理工系人材の育成をめざします。

機械理工学科

【機械理工学専攻】
数学、物理などの基礎学力と工学の基礎知識を応用し、グローバルな規模で社会的、工学的課題を解決する能力を習得。また、異なる知識や文化、習慣を持つ人々とコミュニケーションするために必要な語学力の向上をめざし、技術英語を中心に能力を高め、国際的な視野で活躍できる技術者を育成します。

【航空理工学専攻】
エンジニア(工学士)とパイロットの養成を4年間で同時に実現できるカリキュラムを用意。機械理工学科に設置されるため、エンジニア養成のカリキュラムの中で学び、将来は、高度な工学知識を身につけた「エンジニア・パイロット」として活躍できます。1年次夏に飛行操縦合宿を実施。固定翼・回転翼の両方を体験し、その後コースを選択することができる日本初の本格的なハイブリッド型航空操縦士プログラムを導入しています。フライトトレーニングは、日本、アメリカの両国で実施します。

ページトップに戻る

工学部

注目ポイント

機械・電気という社会の基盤となる幅広い工学領域の中から自分が選択した専門分野について基本となる知識と、それを実際の社会に役立たせる技術として応用する方法を学び、創造的な“ものづくり”ができる技術者を育成します。社会の基盤となる工学の技術・知識を身に付けるカリキュラムとなっており、実社会に通用するエンジニアとして成長することができます。

機械工学科

豊富な実験・実習・演習などを通して、「機械をつくる」ために必要な基礎科目を学習。さらに、現代社会の重要な課題である環境・エネルギー問題を工学的に解決するために、従来からの自動車、航空機、鉄道などの社会インフラの設計・開発、コンピュータ、ロボット、人工衛星、人工臓器など私たちの生活を支える機械の原理やメカニズム、材料・加工、安全性などについて学びます。エコエネルギー(環境問題とエネルギー)とメカノデザイン(医療・新材料などを含む新しい設計法)を視野に入れた新しい機械工学の知識や技術を身に付けることができます。

機械システム工学科

機械の基礎(「材料力学」「流体力学」「熱力学」「機械力学」の4力学と機械設計)を学んだ上で、機械を知能化し、賢く動かす最先端の要素技術を学びます。また、機械工学を基本に、情報工学、制御工学などの周辺領域の学問を幅広く学び、機械とセンサー、コンピュータなどを組み合わせた機械をより賢く、安全、快適に動かす技術を研究します。交通システム、生産システムなどを効率的に運用するための設計、管理技術も学びます。機械というハードウェアと情報を処理して制御するソフトウェアを統合した機械システムを扱える研究者・技術者をめざします。

電気電子工学科

エネルギーを運び、くらしに役立つ電気電子工学の分野について包括的に学びます。電気電子工学の基礎科目に加えて、電気自動車や半導体などのテーマを通して、体系的に習得できます。電気技術にエレクトロニクス分野を融合して学ぶことで、産業界から需要の高いエンジニアをめざすことができます。

ページトップに戻る

建築学部

注目ポイント

建築学部は3学科・12分野で構成され、1・2年次は3学科共通の専門基礎教育を学び、3・4年次にはいずれかの分野に軸足を置きながら、関連する他学科や他分野の科目も合わせて履修し、興味のある領域を深く学ぶことができます。

まちづくり学科

地球規模の大きな社会状況の変化のもとで、これから私たちがより快適に住み続けられるためのまちの新しいあり方を考え、身近なまちについて考えるさまざまな視点(つくり手・住まい手の両方からの視点)を学修・研究します。「都市デザイン」「ランドスケープデザイン」「安全・安心」「環境共生」の4分野が設けられています。

建築学科

安全で快適な生活の場を構築することを目的とした教育・研究を行います。建築をただ単に「つくる」だけではなく、これからの新しい建築のあり方を規定するための高度な要素技術(計画、構造、設備、生産)を身につけていきます。「建築計画」「建築構造」「建築設備」「建築生産」の4分野が設けられています。

建築デザイン学科

単に美しいだけでなく、機能的にも優れ、快適で使いやすい人間のための建築デザインとは何かを考え、新しいデザインを創造・発信していきます。また、環境への配慮や人間の生活の質(Quality of Life)をも考慮した建築のあり方を学びます。「建築デザイン」「インテリアデザイン」「福祉住環境デザイン」「保存・再生デザイン」の4分野が設けられています。

ページトップに戻る

情報学部

注目ポイント

開設以来、豊かな情報社会の実現に向けて中核となる人材を育成してきた情報学部。2016年から4学科編成へと進化し、これまで以上に情報学の幅広い領域を網羅する新しい学びがスタートしました。1年次から2年次前期までは、学部共通のプログラムを採用し、情報学のベースとなる「数学」と「プログラミング」を重点的に学修。2年次後期からは、各学科の専門科目を中心に、多彩な分野を深く探究していきます。

情報通信工学科

情報社会の基盤であるネットワーク・通信・デバイス技術について、その動作原理から応用システムまで幅広く理解し、人と自然環境との共存という長期的視点に立って、情報社会の高度化に貢献できる人材を養成します。さらに、無線従事者、電気通信主任技術者など多くの資格取得につながるカリキュラムを設置しています。

コンピュータ科学科

ソフトウェア開発とコンピュータ応用、セキュリティ管理のエキスパートをめざします。数学や物理といった基礎を固め、コンピュータを理論・実験から学びます。コンピュータに精通し、特にコンピュータを効率よく安全に利用するソフトウェア、コンピュータを利用した音、画像などの分析、応用技術、コンピュータを安全に構築、運用するセキュリティを理解し、課題を自主的に解決できる技術を身に付けます。コンピュータの仕組み、基本技術を系統的に深く学ぶとともに、課題解決のための専門性を身に付ける研究を行います。

情報デザイン学科

マルチメディアコンテンツで人とコンピュータの調和を実現するため、情報技術と人間の関わりを学びます。あらゆる分野に利用されているマルチメディアコンテンツを感性的な観点からとらえ、コンテンツを設計・応用する能力を磨き、科学的な根拠に基づいて、情報デザインする方法を習得します。人間の情報処理メカニズムに精通し、人間とコンピュータとの調和、人間にやさしい情報社会の実現に貢献でき、生活に役立つ情報サービスの設計ができる研究者・技術者をめざします。

システム数理学科

あらゆる分野の企業において、集まる情報を分析し、得られた成果を元により良いシステムを構築できるエキスパートを養成します。企業情報システム、社会情報システムを理解し、企業や社会が必要とする情報システムを構築できる能力に加え、ビックデータを扱う実践的なデータ科学を修得し、経営戦略、マーケティング、企業情報戦略で組織をリードできる力を身につけます。

ページトップに戻る