河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

出題形式に大きな変更はなく、2017年度同様、家政、文芸、国際、看護いずれの学部も長文問題2題、文法・語法問題1題、会話問題1題の計4題で構成されている(文芸学部のみ会話文は、読解形式ではなくリスニング形式)。4学部の出題傾向は似ているので、受験する学部以外の過去問も解いてみることを勧めるが、会話問題に関してはそれぞれ特徴があるので志望学部の形式にターゲットを絞って対策を立ててもらいたい。長文問題では、下線部内に受験生には見慣れない語句が含まれていることが多いが、これは文脈と主旨から正しく推測できるかを問う問題である。自由英作文は3〜5文、もしくは50〜100語(国際学部)とそれほど長いものではないので、冗長な表現や無駄な繰り返しを避け、シンプルで正確な英文で質問に明確に答えるように心がけよう。

2019年度入試対策・学習アドバイス

大問別対策

文法・語法問題:難易度は標準的。出題ポイントは多岐にわたっているので学習範囲が偏らないようにしたい。センター試験対策の文法・語法の教材を1冊丁寧に仕上げれば全問正解も十分に狙えるだろう。

会話文:少し長めの会話文の問題で流れをつかむ訓練をしよう。設問は会話の流れを問う問題に加えて、会話特有の表現の意味を問うものがある。会話の慣用表現を覚えることも重要だが、普段から初見の会話表現を文脈から推測する訓練を積んでおきたい。文芸学部のリスニング対策はセンター試験の過去問がふさわしい。何度も繰り返し聴いてディクテーション(書き取り)をしてみよう。

長文読解:段落ごとの内容を問う問題が中心なので、普段から長文読解では各段落の要旨を1文の日本語でまとめる練習をするとよい。全体の点数を大きく左右する記述問題の対策は、やはり普段から実際に書いて訓練することだ。頭のなかでぼんやりとイメージすることと、実際に文字にすることでは大きな違いがある。

自由英作文:英作文は書き慣れていないと、必要な情報を指定の分量でうまくまとめることができないだろう。自由英作文で何より大切なのは言いたいことをはっきりと読み手に伝えること。白紙答案は絶対に避けるように。

どの学部も時間に対して全体の問題量がやや多いので、制限時間内で過去問を解き、自由英作文にどれだけ時間が割けるか確認しておこう。

コミュニケーションのツールとして

急速なグローバル化に対応できる人材育成のために、入学時の英語コミュニケーション能力をこれまで以上に適切に判断する必要がある。そのため、共立女子大学では、2017年度から英検、GTEC、TOEFL、TOEICなど各種英語検定試験の結果も活用できるようになった。実際にこれらの外部試験を受けるかどうかは別としても、様々なタイプの試験問題を数多く解くことで応用力がつくので、これらの対策教材も普段の学習にぜひ取り入れてみよう。また、日頃から「話す・書く」学習を繰り返し、「英語で発信する力」を鍛えるように心がけること。共立女子大学が求めているのは、教室の外でも通用する「コミュニケーションのツールとしての英語力」なのだ。