河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

2018年度入試の問題分析

学習院大学は、2014年度まではどの学部も3,000~4,000字程度の評論文読解問題が2題出題されていたが、2015年度から評論文2題の出題は文学部のみとなり、法・経済学部では評論文1題と漢字の記述問題10問の出題となった。さらに2018年度の変更で漢字の記述問題が付されたのは、文学部コアと経済学部コア(法学部プラス)のみとなり、漢字を重視してきた学習院大学の伝統は失われつつある。文学部コアの2題の評論文は、3,000字+3,000字程度で2017年度(2,500字+2,500字程度)よりも字数が増加。ほかの学部も同様の傾向だが、2017年度に4,300字程度の評論文が出た国際社会科学部は2018年度は3,000字程度に減少した。文章の内容は、現代社会や文化に関わる時事的なものが近年は特に多い。入試前年に出版された新書からのものが多く、また学習院大学の特徴として『日本経済新聞』に掲載された論説文からの出題が毎年あり、2018年度も経済学部で出された。設問は、漢字、空欄補充、傍線部説明、内容一致などで、解答形式は主にマーク式だが、漢字の書き取りと説明問題に記述(法学部コアはなし)がある。説明問題の記述形式は特殊で、傍線部説明の解答文に空欄があけられ、その空欄を本文中から指定の字数で抜き出して穴埋めする形式。この形式は字数を合わせるのが大変厄介で慣れが必要となる。語彙(ごい)を問う問題や意味を理解したうえで漢字、慣用句などを空欄に入れる問題も多い。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字の語彙(ごい)力を充実させよう

評論文の重要語は漢語であることが多いので、漢字の語彙(ごい)力は読解力にもつながってくる。漢字の語彙(ごい)力を充実させるためには、単に漢字の読み書きを覚えるだけではなく、漢和辞典などを活用して漢字一字一字の意味を正確に理解し、その漢字によって構成される熟語も合わせて学習していく。具体的には、漢字問題集で演習したり新聞や本を読んだりしたときに、漢字や漢語の意味を正確に理解しているかを、主に訓読みができるかどうかでチェックする。意味がわかっていない漢字は辞書で意味を調べ、その漢字がほかにどのような熟語をつくっているのかを用例とともにノートにまとめる。さらに類義語、対義語も合わせて覚えると読解力にも応用できるようになる。

漢字の語彙(ごい)力を読解に生かそう

評論文は主に言い換えと対比構造でできている。ある漢語の類義語、対義語を学ぶことで、文章中のキーセンテンスに使われた漢語の類義語、対義語を知っていれば、文章中の類義=言い換え、対義=対比関係を見つけやすくなる。このように漢語の語彙(ごい)力に基づいて、言い換え、対比の重要箇所をノートに書き出し図式化してみよう。重要箇所をノートに書くことは、抜き出し記述問題の対策にもなるので必ずやっておきたい。

新書や新聞論説の要約をしよう

新書や新聞などから出題される傾向が顕著なので、新聞の論説欄記事や興味を持てる分野の新書を、言葉の意味を調べながら読んでみよう。小見出しごとに内容を整理し図式化して、要約文を書いてみると効果的だ。評論文を読み、それをノートの抜き出し整理する。この繰り返しを心がけてほしい。