河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

英語

2017年度入試の問題分析

3題の長文読解を中心に大問5題で構成されている。出題内容は長文読解のほかに、文法・語法や対話文となっている。解答形式はすべてマークシート方式である。分量的には標準的なものといえるが、出題内容は多岐にわたっており、幅広い角度からオールラウンドな英語力が試されているので、設問を手際よく解いていくにはかなりのスピードが要求される。難易度は、高校の教科書レベルの内容がきちんと理解できていれば十分に対処できる問題がほとんどであるので、基本事項を確実にマスターすることが最優先となる。長文読解は、意味内容選択、指示内容選択、空所補充、適訳選択、語句整序、内容一致(パラグラフの趣旨や本文の流れを確認するものが中心で、日本語の選択肢であることが多い)など多彩な設問形式で、英文の内容が正しく読み取れているかどうかが問われている。文法・語法は、空所補充や正誤判定の形式で出題されている。2種類の対話文による問題では、全体の内容の理解度を試す英問英答形式の内容一致(各2問)が出題されている。

2018年度入試対策・学習アドバイス

過去問対策は万全に

いずれの日程とも似たような出題形式になっているので、過去問(特に長文読解)を十分に活用しよう。そうすることで、難易度や時間配分といった受験に必要なノウハウを身につけたうえで、本番の試験に臨むことができる。したがって、過去問を数多く解くことが最良の学習対策であり、合格への最短コースであるといえる。

長文読解が合否の決め手となる

長文読解は、難易度は標準的なものといえるが、英文量が多く、設問が多岐にわたっているので、設問を解くうえで手がかりになる箇所を迅速かつ的確に見つける必要がある。これまで読んできた教科書や問題集の英文を利用して、語彙(ごい)や文法事項などを確認しながら、正確な文脈理解に努めるとよいだろう。英文和訳や内容説明に関連した問題として、適訳や具体的な内容を選ばせる設問が出題されるのが特徴的である。対象になっている箇所の文構造を正しく理解したうえで、個々の和訳や内容説明が適切であるかどうかを前後の文脈と照らして判断しなければならない。また、英文によるパラフレーズ(言い換え)問題も出題されており、ここでも設問の対象となっている箇所の文構造や構文の理解度が試されている。英語の表現力が多角的に試されているので、語彙(ごい)や構文を中心とした十分な対策が必要である。ほかでは日本文や英問英答形式での内容一致が頻出で、この種の設問では、まずは質問文に目を通し、どういう内容の質問が用意されているのかをあらかじめ確かめておいてから、本文との読み合わせをするのが効率的だろう。該当箇所が見つかったら、本文と選択肢の内容を吟味するという読み方に習熟しておくことが大切である。

文法・語法問題は基本事項を確実にマスターする

文法・語法問題は、これまでの授業やテキストの総復習を通じて、構文、文法・語法、語彙(ごい)を確実に身につけておくことが不可欠である。文法に関する知識だけでなく、語法や意味の似た単語の使い分けが問われることも多いので、単語を覚える際には、単なる訳語の暗記ではなく、語法や微妙なニュアンスの違いにも注意する必要がある。