河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2017年度入試の問題分析

国語全体で大問3〜4題のうち、2題が現代文。文章読解を中心に出題され、問題文はすべて評論文。設問数は大問共通で8個。記述型は、漢字の書きと読み、本文中の語句の抜き出し、そして、指定字数以内での説明が複数題(15字、20字、30字、40字)。選択型は、空欄補充、傍線部の意味説明、指示語の指示内容の読み取り、本文趣旨判定、そして語句や文法知識の問題。

2018年度入試対策・学習アドバイス

記述問題のトレーニングでは、答案検証作業が最重要

記述問題対策では、たくさん答案作成することも大事だが、より重要なのはひとつひとつの答案を検証する作業である。自分が書いた答案が、設問趣旨に沿っているか、傍線部付近の内容を写すだけになってないか、同じ内容が繰り返されていないか、また、句読点のつけ忘れや誤字がないかなど、解説や解答例を参考に、様々な角度から点検しよう。普段習っている学校の先生などにお願いして、継続的に採点、添削してもらうのもよいだろう。自分では気がつかない点を指摘してもらえる点で、かなり有効である。

選択肢問題の得点力を安定させるために、何を注意すべきなのか

多くの受験生は、真っ先に選択肢文に飛びつき、そのときどきの自分のフィーリングや、選択肢の語句を先に見て空欄にあてはめた「感じ」で答えたりする。そうした曖昧さが自分の解答作業に見られないかの検証を繰り返す。そうすることで、設問趣旨の把握や傍線部分析→本文中にある正答の根拠の発見→答えの決定といった一連の作業が定着する。目先の「結果」よりも「経過」にこだわった学習の継続こそが、より大きな「結果」につながることを、最後まで忘れないように。

みんなが苦手な抜き出し問題で、得点できるようになろう

抜き出し問題を苦手とする場合、指定された字数だけを頼りに、傍線部の前後あるいは本文全体を眺めるだけといった傾向が見受けられる。答えを探し出す前に、探すための方向性=出題意図を確認するよう心がけよう。また、大妻女子大学の抜き出し問題は、抜き出した部分を空欄に補充するパターンが多い。空欄箇所を含む前後の部分と言い換えもしくは対比関係にあたる箇所をチェックするようにしよう。

出題文の内容に振り回されない、安定した読む力をつけよう

出題頻度が非常に高い評論文には、ほとんどの受験生が苦手意識を強く持っていることだろう。難解な表現で書かれ、しかも普段慣れ親しんでいないテーマが取り上げられていることが理由だと思われるが、逆にこうした読みづらさを感じた文章を活用し、いかなる文章でも内容をつかめるよう、同じ文章を何度も読む練習をしてみよう。はじめに、一文ごと、段落ごとに意味内容を順に押さえ、本文全体の構成を頭のなかで組み立てる意識を持って読む練習をする。最初はゆっくり、だんだん試験中を意識して速く読むことを繰り返そう。多くの文章に触れることも大事だが、こうした、ひとつの文章を繰り返し読むことでも読解力は鍛えられることを忘れないように。

幅広い国語知識を積み上げていこう

国語知識全般を網羅する問題集をやり続けて、語彙(ごい)、文法、文学史の知識などをコツコツ身につけていこう。