大学情報CloseUp 和洋女子大学 看護学部 看護学科

創立120周年。「和洋裁縫女学院」から始まった学びを、進化させ続けます。

和洋女子大学は、明治30年に東京の麹町区飯田町に設立された和洋裁縫女学院を起源とし、創立120周年を迎えました。「衣食住」に関わる人材を育成する「家政学」が出発点となっており、現在ではその裾野を広げ、管理栄養士や社会福祉士、保育士などの専門家を養成しています。時代や社会情勢とともに変化する価値観を的確にとらえ、女性のための教育を充実させながら、学びやすい環境を整えることを大切にしてきた和洋女子大学。創立以来、一貫して社会で活躍する「自立した女性」の育成をめざしており、新学部の設置は、その女子教育の精神をさらに強化・鮮明にし、女性の生活を支えるための学びと資格、能力と技術を提供することを目的としています。

学生一人ひとりの総合力を高める、和洋女子大学の多彩なカリキュラムと丁寧な指導スタイルを継承し、専門化、高度化する医療技術に応える「高い専門性」を持ち、患者様や家族の視点に立てる看護師の育成をめざします。

手厚い指導が生み出す、確かな実績

  • こども発達学科

    前身となるこども発達支援コースが設置されて以来、6年連続で就職内定率100%を達成

  • 健康栄養学科

    平成29年3月卒業生就職率100%
    平成29年度 管理栄養士国家試験合格率98.1%

ホスピタリティ精神と高い専門性を持ち、地域社会に広く貢献できる看護師を育成

看護学部長 M E S S A G E 看護学部長(平成30年4月就任予定)刀根 洋子 先生


看護師は、人々の健康のために「科学の目」と「人を思いやる心」を持ち、自らも成長し、社会に貢献することが求められています。和洋女子大学の看護学部では、大学の教育目標である「自立して輝く女性の育成」を基本に、ヒューマンケアリングの理念に基づき、豊かな人間性と高い倫理観、確かな専門知識と高いコミュニケーション能力を有した、質の高い看護師・保健師を育てます。未来を拓く、あなたのチャレンジを教員一同、応援します。

時代のニーズに応える学び・カリキュラムの特色

特色1 共通総合科目と看護専門領域の科目を統合して学べる

カリキュラムは、全学共通の共通総合科目と、専門基礎科目、専門科目で構成され、豊かな人間性と看護の専門知識が身につけられます。また、地域の健康問題を解決する能力を養うため、大学のある千葉県市川市の保健・医療・福祉について学ぶ科目も用意されています。

特色2 主体的に学ぶアクティブラーニングと段階的に配置された演習科目

一方的に講義を聴くだけでは知識の定着が難しいことから、グループでの討論やプレゼンテーションなど、自ら主体的に学ぶ学修形態を積極的に取り入れています。また着実に技術を習得できるよう、4年間を通して看護専門科目群ごとに演習科目を配置しています。

特色3 ICT活用で、より現場に近い場面を設定し、判断力を養う

講義や演習科目では、電子カルテや各種シミュレーション機器など、ICTを活用した教育機器を積極的に活用します。これにより、実際の看護現場に近い環境で学べるので、学生は、より高度な技術を確実に身につけられるとともに、状況に応じた判断力が養われます。

千葉県・東京都を中心にした豊富な臨地実習先を用意

講義科目を通して学んだ知識や理論を現場で使える知識にするのが実習での学びです。和洋女子大学は学内外での実習に力を入れており、千葉県および東京都を中心に、実習先として数多くの病院と提携。実践力を高めるための経験を積むことができます。

【主な臨地実習先一覧】
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 国府台病院/東京歯科大学 市川総合病院/IMS グループ 医療法人財団 明理会 行徳総合病院/ IMS グループ医療法人財団 明理会 新松戸中央総合病院/社会医療法人社団 木下会 千葉西総合病院/千葉市立青葉病院/船橋市立医療センター/公益社団法人 地域医療振興協会 東京ベイ・浦安市川医療センター/社会福祉法人 聖隷福祉事業団聖隷佐倉市民病院/日本医科大学千葉北総病院/帝京大学ちば総合医療センター/医療法人 梨香会 秋元病院/東京逓信病院/東京都立墨東病院

真新しい環境で学べる!充実&快適な学びの場を提供


看護学部 新校舎(イメージ)

キャンパスのある市川市は、歴史と文学の薫る街。大学のすぐそばには江戸川の河川敷が広がり、自然に恵まれ、勉学に集中できる環境で、のびのびとした学生生活を送ることができます。デザイン性の高い建物が美しく配置されたキャンパスには、学部の新設にあたり、最新設備を備えた看護学部専用の校舎が新たに建設されます。実習室(4室)、学生ロッカー室(2室)、講義室・演習室(10室)、ラーニングラウンジ、教員研究室などが完備され、学びの環境はとても快適です。

育成する看護師像

礼節を重んじ、ホスピタリティの精神と高い倫理観を持つ

自己を真摯に捉え、対象者と円滑なコミュニケーションをとることができ、人間愛と倫理観に基づき共感的態度で援助関係を形成する。

専門的知識・技術力を備え、自ら学び続ける自律性を持つ

看護学の専門的知識・技術・態度を修得し、状況に応じて総合的に活用できる。さらには、医療チームの一員としてリーダーシップを発揮し、看護実践者としての自らのキャリアデザインを描くことができる。また、看護専門職を生涯の職業とし、自ら学び続ける自律的な態度を養う。

地域・社会に能動的に貢献する社会的貢献性を持つ

他職種連携を基盤とする保健・医療・福祉等分野において、協働する能力を有し、看護専門職の役割を理解するとともに、社会貢献できる基礎的能力を滋養する。

取得できる資格

  • 看護師(国家試験 受験資格)
  • 保健師(国家試験 受験資格)
  • 養護教諭二種免許状
  • 第一種衛生管理者

医療・保健・福祉の各分野での活躍が期待される

卒業後の進路は、病院・クリニックなどの医療機関だけでなく、最近は在宅医療のニーズが高まり、高齢社会が進んでいることから、訪問看護ステーション、高齢者・障がい者施設などの保健・福祉分野など、活躍の場が広がっています。また、学校(養護教諭)や、さらに専門性を高めるための大学院進学の道もあります。

【想定される就職先】
病院・クリニック・診療所、訪問看護ステーション、保健所、地域包括支援センター、高齢者・障害者福祉施設、保健センター、学校(養護教諭)、民間企業(健康管理室)、国際協力機関、大学院進学 ほか