河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

※前年度入試の学習アドバイスです。今年度情報は9月下旬より順次更新いたします。

2018年度入試の問題分析

近代以降の文章から大問2 題が出題される。解答時間は60分で、すべてマークシート方式である。2018年度は問題一が11問、問題二が8問で、それぞれ9問と8問だった2017年より設問数が少し増えた。漢字、語句、文法、文学史などの知識問題と空欄補充、傍線部の内容説明、本文趣旨判定といった読解問題からなる設問形式は例年どおり。問題文の長さは2,500字程度から4,000字を超えるものまで年度によって幅がある。2018年度は問題一が約3,500字、問題二が約3,000字だった。2018年度の問題一は若者の生き方に関する哲学的な随筆であり、受験生にとって身近なテーマを扱ってはいるが、難解な語彙(ごい)や表現が含まれている。問題二は文学に関わる文章から出題された。近年続いた作家に関する随筆(2016年は谷崎潤一郎、2017年は幸田文)ではなく、オノマトペに関する評論文であり、詩を苦手とする受験生は戸惑ったかもしれない。しかし、問題一、問題二とも誤答に導くような選択肢がなく、丁寧に取り組めば答えを導くことができる。難易度は全体を通じて標準レベル。

2019年度入試対策・学習アドバイス

漢字・知識を確実に身につける

例年、漢字の出題が非常に多い2018年度は全解答数40のうち20を漢字の読み書きが占めた。漢字重視の傾向は今後も続くものと思われる。難度は決して高くないので、ここで取りこぼさないようにしたい。高校などで定期的に漢字テストを受けている場合は、しっかりと復習して知識を定着させよう。また、できるだけ早く大学入試向きの漢字問題集に取り組むことを勧める。その際、実際に漢字を紙に書くこと、具体的な用例とともに覚えること、毎日 少しずつ進めることが重要である。語句に関する問題は、意味を誤りがちな語も出題される(2018年度は「引っかかり」)。文章を読むとき、知らなかった語だけでなく、曖昧に理解していた語についても、必ず国語辞典で正確な意味を確認しておこう。また、現代文の用語集を用いて語彙(ごい)力を補うことも有効である。文学史は出題範囲が近代に限定されていない。2018年度は宮沢賢治の作品を答える問題だったが、過去には近代より前の時代から出題されたこともある。今後の出題は予想しづらいが、古文の知識も含めて学習しておいたほうが無難だ。また、近代以降の作家に関しては、国語便覧などを用いて作風と代表作品の大まかなイメージを掴んでおくとよい。

頻出のテーマについて学習する

跡見学園女子大学では、問題二で文化や芸術(とりわけ文学)に関する文章から出題されることが多いので、関連する新書本などを読んでテーマに親しんでおくとよい。用語集で当該分野の重要概念を確認しておくことも役に立つ。

読解力を高める

試験時間60分で大問2 題なので、急いで解く必要はない。時間をかけて長文を着実に理解することが重要である。問題集を用いて対策するのであれば標準レベルで選択肢問題中心のものを選ぶとよい。問題を解くだけでなく、文章を段落ごとにまとめ、整理する作業をしてみよう。これを繰り返すことで、ある程度長い文章でも全体の文脈を見失わずに読む力が身につくはずだ。また、選択肢問題の解答根拠が見つけづらくてもフィーリングに頼ることをせず、自分なりの根拠が見つかるまで粘り強く探すように習慣づけよう。