河合塾講師が分析する大学別・教科別学習アドバイス。昨年度入試の分析や今年度入試の対策・学習アドバイスを掲載しています。

現代文

2017年度入試の問題分析

大問2題。本文はやや長めだが、60分以内での解答は十分可能。評論文のみの出題。言語、感性、文学者と科学者の関係性など、様々な内容の文章が取り上げられている。設問数は、学部によって7題もしくは10~11題と異なる。出題形式は、すべてマークシート式で、語句知識、空欄補充、傍線部内容説明。文学史や文法に関する出題は見られない。

2018年度入試対策・学習アドバイス

空欄補充では、空欄前後のつながりに注意しよう

国際医療福祉大学の現代文の出題の一番の特徴は、空欄補充の出題が非常に多いということである。空欄補充問題の出来が合否を決めるといってもよいほどである。だが、空欄補充問題を苦手とする受験生は非常に多い。そういった人たちに共通するのは、空欄と選択肢を先に見てしまう、本文中に解答根拠を求めない、そのときどきのフィーリングでなんとなく答えを決めてしまう、といった傾向である。接続詞の場合は前後の意味上のつながり、副詞の場合はほかの表現との呼応関係、そして熟語の場合は言い換えもしくは対比、そういった点に注意して、本文中に根拠を求め、選択肢を検討していくことを徹底しよう。また選択肢として取り上げられている語の意味理解が不十分で誤答するケースも少なくない。語彙(ごい)力=得点力。このことも最後まで忘れずに。

選択型問題の得点アップには、設問、本文両方の読解が不可欠

選択型の傍線部読解問題を苦手とする受験生にも、本文を一読した後すぐに選択肢文に飛びついて、そのときどきの感覚だけで答えたり、あるいは本文中に答えを求めようとしながら、傍線部の直前・直後を見るだけで答えを即決してしまうような傾向が見られる。設問趣旨の把握、傍線部分析、本文中にある答えの発見、各選択肢文のチェックといった一連の作業手順を忘れずに。

どのような内容の文章にも対応できる力をつけよう

評論文は、多くの受験生がその読み取りに苦労するものばかりだと思われる。普段なじみのないテーマが難解な表現で書かれているからだろう。だが、逆にこうした読みづらさを感じた文章を有効利用して、いかなる文章にも柔軟に対応できるよう練習を重ねていこう。1文ごと、段落ごとに意味内容を順に押さえ、本文全体の構成を頭のなかで組み立てる意識を持って読む練習を繰り返す。新聞や読書、過去問などで多くの文章に触れると同時に、ひとつの文章に絞ったトレーニングも大事にしよう。

問題演習は、念入りな自己検証作業によって、効果がアップする

過去問や問題集によるトレーニングでは、自分の答えの導き方と解説を比較できるようにするなど、質の高い復習作業を心がけたい。自分の読解力が足りている部分と不足部分の両方への点検こそが、君に得点力をもたらすのだ。答え合わせで終わるようなことは、絶対にないように。

センター試験レベルの漢字知識をめざそう

漢字問題は、センター試験と同様の出題がされている。はじめに過去の問題を解いて出題レベルを確認し、その後でセンター試験のなかの漢字問題などを十分に活用し、得意分野のひとつにしよう。