観光学・地域学

観光学・地域学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、観光学・地域学に関する興味を広げよう。

観光を起点にして地域の活性化をめざす

何が学べるのか

「観光」は21世紀の基幹産業ともいわれる。訪日外国人数は2011年の622万人から、2016年の2,403万人へと、わずか5年で約4倍に激増。インバウンド(外国人旅行客)消費が大幅に増加し、日本経済を押し上げた。「観光立国」を掲げる政府は、2020年までに訪日外国人客4,000万人を目標とした施策を進めている。

観光学は、観光開発や観光産業、旅行関連産業に関する研究とともに、観光を通して地域と観光客が交流する文化交流や地域経済の活性化などを複合的に研究する。世界遺産や祭り、テーマパークなどによる観光開発、ホテル経営や地域活性化、ホスピタリティや観光心理学といった多様な角度からアプローチする。観光産業は、旅行業、交通業や宿泊業、レジャー産業や飲食産業、土産品産業など広い分野を含んでおり、各地域の経済活性化に大きく貢献する。地域の特性を活用した観光振興によって、経済的な発展や国際的な文化交流だけでなく、地域住民が自らの文化を再発見したり、創出する貴重な契機にもなる。なお、観光学は実務志向が強く、ホテルスタッフやツアーコンダクターといった観光の現場を支えるスタッフ養成に力を入れる学部学科もある。

地域学は、日本国内の特定の地域を対象にして、歴史や文化、経済や政治、地域問題などを、フィールドワークをもとに総合的・実証的に研究する。例えば、人口減少や少子高齢化により過疎化が進む地方で、地域づくりや街おこし事業によって、消費の喚起や雇用の創出を実現する方法を考える。「地方創生」「持続可能な地域活性化」などの国家方針が明確にされており、内閣府に「地方創生で日本の未来を拓く」中枢となる地方創生推進事務局を設置。国家戦略特区や地域活性化モデルケース選定など、地域活性化に向けて積極的な動きを見せている。

観光学・地域学系では、地域の特性を生かした観光事業の開発プロジェクトを成功へと導くプロセス、成功した観光企業の経営ノウハウ、具体的な事業計画の作成方法などを詳しく調べ、活性化への施策を練る。地域行政学(地域住民や地元企業と地方自治体を連携させて地域問題の解決を探る)、地域文化学(地域の文化遺産を調査・継承する)、地域経済学(生活に根ざした視点から地域の経済活動を研究する)などから、多面的に研究する。

学べる学科

  • 観光学科
  • 観光経営学科
  • 地域創造学科
  • 地域社会学科
  • 地域経済学科 他

気になる授業

金沢大学 人間社会学域 地域創造学類

地域創造学I

それぞれの地域が持つ自然的、文化的資源、伝統、人材、資金、社会関係などを総合的に理解。自治を生かした地域固有のスタイルで、住民の福祉・文化・産業・環境・健康スポーツを発展させ、質の高い個性ある地域生活をどのようにつくり上げるのかを学際的に考える。

観光論

近代に入って成立した観光の歴史的経緯と、期待された役割を古典的な観光研究を基に概観する。後半では、1980年代以降に提唱された「持続可能な観光」の例も学び、観光が地域文化資源の維持継承と地域活性化にどのように関わるのが望ましいのかを検討する。

将来のフィールド

主な活躍の場

公務員 観光協会 旅行会社 鉄道、航空会社 ホテル、宿泊業 テーマパーク など

めざす資格・受験資格など

旅行業務取扱管理者(国内・総合) 通訳案内士 社会調査士 観光ビジネス実務士 レストランサービス技能検定 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。