マスコミ・メディア学

マスコミ・メディア学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、マスコミ・メディア学に関する興味を広げよう。

多彩な情報媒体やメディアを実践的に学ぶ

何が学べるのか

写真、動画、音楽、ニュース、さらにFacebookやTwitterなど、多様な情報へ自由にアクセスできる高度情報社会が到来した。これらのメディアより発信される膨大な情報から、本当に必要な情報を選別・収集して、その内容は正しいか歪曲されたものかを分析・判断し、仕事や生活に役立てる「情報を見る目」が求められている。

マスコミ・メディア学は、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、広告、インターネットなどから発信される情報の真偽や価値、各媒体の特性や社会的影響などについて幅広く研究する。様々なメディアの基礎を学んだうえで、演習をベースに情報発信の方法や技術などを身につけていく。情報技術の進歩とともに、メディアや情報の形態と質の多様化が進んでおり、学びの領域も急速に拡大している。学生は自らの目標に合わせ、放送・出版、広報・広告などの現場で求められる情報の収集・分析・発信に必要な実践的スキルを学んだり、個人からソーシャルメディアを通して発信される情報を分析・活用する手法、ジャーナリズムとしてのメディアの使命や役割、さらにゲームやCGなど、広い研究テーマから自由に選んで集中的に学ぶことができる。多くの分野を横断的に学ぶことで、広い視野や総合的な企画力、プロデュース力を養っていく。

社会学の1分野だったマスコミ・メディア学は、マスコミ学、メディア学として発展・独立し、現在も変化・拡大を続けている。学部学科名に「マスコミ」「メディア」を含まない場合も多いので、注意が必要だ。なお、マスコミとはマス・コミュニケーションの略語で、新聞やテレビなどの大きな媒体を通じて、大衆に情報を発信する行為や事業体を指し、メディアはテレビや新聞・雑誌、広告、インターネットなどの媒体を指す。近年は「メディア」に「マスコミ」を包含して使われる傾向が強くなっている。

情報化が世界規模で進行する現在、テレビや新聞、インターネットなどのメディアは大きな力を持つ。その一方で、意図的に情報を大量かつ一方的に流す行為は、多くの人の意識や価値観を操作する危険性をはらんでいる。また、プライバシーの侵害やスポンサー企業への過度な配慮など、報道する側が問題になる可能性もある。こうした強い影響力を持つマスコミやメディアを学ぶ者には、強い倫理感も求められる。

学べる学科

  • メディア学科
  • マス・コミュニケーション学科
  • 社会メディア学科
  • メディア表現学科 他

気になる授業

早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科

メディア・アートとデジタル表現

多くの作品やプロジェクト、研究成果を通じて先端のデジタル表現を知る。同時に情報技術(科学技術)の発展が、私たちの世界観に与えた影響について考え、アートや映像表現が社会、文化とどのような関係にあるのかを分析する。

映像メディアの社会学

現代における映像文化の歴史的変容の意味を、歴史的出来事を振り返りながら探究する。映画のメディアとしての成長、写真というメディアが果たしてきた社会的機能を考察し、後半ではテレビというメディア文化がいかに20世紀後半の社会をつくり出してきたかを考える。

将来のフィールド

主な活躍の場

放送 新聞 広報 広告 出版社 映画・映像 Web制作・情報関連企業 ゲーム制作会社 など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 司書 社会調査士 学芸員 Webデザイナー検定 画像処理エンジニア検定 マルチメディア検定 CGクリエイター検定 CGエンジニア検定

こちらから大学情報を検索できます。