社会福祉学

社会福祉学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、社会福祉学に関する興味を広げよう。

誰もが自分らしく生きられる社会について学ぶ

何が学べるのか

「社会福祉」というと、従来は社会的「弱者」の保護を目的とした施策と考えられていた。そのため「助けられる者」「助ける者」という発想から始まったと考えられる。2007年に65歳以上の高齢者人口比率は21%を超え、「超高齢社会」になった日本は、世界的に類例のない速さで高齢化が進んでおり、介護や援助を必要とする人口は年々増加している。また子どもに対する虐待問題や少子化など、高齢化以外にも様々な問題が存在する。

こうした社会状況の変化のなかで、社会福祉に求められるものは、制度や環境によってつくられる境界を取り除き、誰もがその人らしく快適に生きられる社会を実現することだろう。

社会福祉学系では、社会の現状を踏まえ、老人福祉、障がい者福祉、児童福祉などの専門分野から、社会の諸問題について考え、すべての人が快適に人間らしく生きられる方法や、社会制度について学習する。また、保健学や医療技術などの分野も学ぶことで専門性を高めていく。社会福祉の専門家である社会福祉士や精神保健福祉士などのソーシャルワーカー、介護をサポートする介護福祉士やケアマネージャーの必要性は今後も増すことが予想され、社会福祉はこれからの日本社会を支えるうえで必要不可欠な学問分野となる。

社会福祉に求められていることは多岐にわたっている。人と人とのコミュニケーションから、住宅や都市の環境整備、医療福祉の制度や法律の整備など、具体的な実践から社会全体を視野に入れた理論まで、幅広い学習が必要となる。そのため多くの大学では、実習などを重視し、体験的に学習するカリキュラムを採用している。

社会福祉の理論を重視するか資格取得を重視するかなど、理論と実践のウェイトの置き方が異なったり、地域社会との関わりに重点を置くなど、大学によって特徴は様々である。しかし、ほとんどの福祉系大学で、ソーシャルワーカー資格である社会福祉士の国家試験受験資格を取得できるようになっている。

また、介護福祉士や保育士の資格取得課程を置いている大学もあるので、事前に大学案内などで調べ、それぞれの大学の特徴や取得可能な資格について知っておく必要があるだろう。

学べる学科

  • 社会福祉学科
  • 社会学科
  • 人間福祉学科
  • コミュニティ福祉学科
  • 児童福祉学科 他

気になる授業

東洋大学 社会学部 社会福祉学科

ソーシャルワークの理論と方法A

社会福祉士の援助であるソーシャルワークの概念の基盤を学び、ソーシャルワークの形成過程を理解し、理念について事例を通して研究する。「人間・環境・時間・空間の交互作用」をキーワードに、社会福祉士の役割や意義について理解を深める。

社会福祉法制行政

生活保護や児童福祉、老人福祉など、社会福祉に関する施策(サービス)を実施していくための法や行政制度の仕組みを学ぶ。そのうえで、社会福祉の法と行政の課題として、現状の問題点と、どのように対処すべきなのかを考察する。

将来のフィールド

主な活躍の場

福祉事務所・児童相談所・老人介護施設・ 障がい者施設などの社会福祉施設 医療関連施設 など

めざす資格・受験資格など

社会福祉士 介護福祉士 精神保健福祉士 福祉住環境コーディネーター 認定心理士 社会福祉主事(任用) 高校教諭1種免許(福祉)

こちらから大学情報を検索できます。