社会学

社会学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、社会学に関する興味を広げよう。

「集団」という観点から人間を分析

何が学べるのか

社会は、個人と、複数の個人からなる集団によって構成されている。しかもすべての人間は、家族、地域、学校、企業・組織などといった具合に、様々な集団と関わりを持ち、多くの時間を「集団の一員」として過ごす。社会学が研究対象とするのは、この「集団の一員としての人間」である。「ある集団を構成する人間は、どういう傾向を持っているか?」「その行動パターンは?」などの問いに対して、社会学は客観的なデータや調査を基にして、その現象や構造の特性、秩序や関係性などを様々な角度から分析・解明していく。

つまり、人間の集団と関わりのあるものは、すべて社会学の研究対象とすることができる。家族関係や企業活動、地域社会、国際社会などはもちろん、例えば「子どもの名前に見る戦後日本史の変化」「多発するモラハラ・マタハラ問題」「女性の『カワイイ』感」「“駅ナカ”の活気についての考察」「EUに流入する大量難民の現状と未来」など、社会学のフィールドで扱われる課題は驚くほど広範にわたる。マンガやアニメ、ファッションやジェンダーといったテーマから、グローバル社会や異文化社会、ヨーロッパに流入する大量の難民問題、差別や福祉、文化や宗教、格差社会や貧困問題、インターネット犯罪や企業モラル、自然保護や環境破壊など、あらゆるものが分析・研究の対象になる。さらに近年では、FacebookやLINEなどのSNSといったインターネット上での仮想的な人間関係を扱う「メディア研究」も重要な研究テーマになっている。

社会学の研究は、研究対象のフィールドに自ら足を運び、その場に身を置くことから始まる。関係する人々へのアンケートやインタビューなどの実証的な「社会調査」による情報収集が欠かせない。また、その膨大なデータを統計的に処理する能力も必須。そのために、統計学や情報科学、コンピュータを扱う技術も必要だ。大学では、こうした調査や研究の方法を徹底的に学ぶことになる。その過程は厳しいが、だからこそ、社会学では身近なテーマを扱いながらも、厳密な方法に基づいて研究することによる学問の醍醐味を味わえる。

生活の多様化、情報化・国際化の進む現代社会を研究し続けるためには、絶えず変化する社会への対応力と、多角的視野を持つ必要がある。

学べる学科

  • 社会学科
  • 社会文化学科
  • 現代社会学科
  • 現代文化学科
  • 人間社会学科 他

気になる授業

法政大学 社会学部 社会学科

産業社会学I

「仕事とキャリアを考える」をテーマに、仕事を持ち、職業を得ることは、本人にとって、また社会にとってどのような意味を持つのかを考える。職業の意味と客観的な位置づけ、企業の性格と企業内で経験するキャリアと職業生活の問題を理解することを目標とする。

社会計画論I

地域問題、環境問題の領域における様々な社会問題の解決をめぐる成功と失敗事例について学び、問題解決の成否の意味と成否を左右した要因の関連を検証する。社会制御の過程を把握する社会学基礎理論としての「経営システムと支配システム」論を学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

メディア マーケティング会社 製造業 サービス業 小売業 金融 など

めざす資格・受験資格など

社会教育主事(任用) 社会福祉主事(任用) 児童福祉司(任用) 社会調査士 学芸員

こちらから大学情報を検索できます。