資源・エネルギー工学

資源・エネルギー工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、資源・エネルギー工学に関する興味を広げよう。

エネルギー・環境問題を探究する

何が学べるのか

現在、私たちは廃棄物汚染や排水・排ガスによる公害などの直接生活に関わる問題から、森林破壊や資源の枯渇、地球の温暖化やオゾン層の破壊など地球規模の問題まで、多くの取り組むべき課題を抱えている。資源問題と環境問題は、現代社会の重要課題である。

私たちの生活を維持・向上させるためには、エネルギーが必要不可欠である。

地球規模のエネルギー・環境問題が深刻になりつつある今日においては、石油・天然ガスなど化石資源の生産・消費を維持する一方で、次世代のエネルギーを開発することも急務である。特に震災以降、その意識はさらに高まっているといえる。

そこで、化石資源だけでなく、風力や太陽光、バイオマスといったクリーンエネルギーを有効利用することによって、エネルギー消費と自然環境とを調和させた、高効率エネルギーシステムの構築をめざすのが「資源・エネルギー工学」である。

資源工学は、工学のなかでも長い歴史を持つ学問分野で、前身は採鉱・冶金やきん学や鉱山学などである。資源の探査・開発・処理や環境保全という従来の資源工学で取り扱う分野に加え、資源の開発と利用に伴う環境問題、自然災害に関する予測・予防や資源リサイクリングなどに関しても、地球的規模での将来を視野に入れた総合的研究・技術開発を行っている。環境問題と密接な資源工学は、廃棄物処理とリサイクリングからのエネルギー変換・利用を重要な課題とし、資源の安定的な確保、供給、利用と地球に優しい資源・エネルギー開発をめざしている。

一方、エネルギー工学では、エネルギーの生産と利用に関する基礎研究とその応用に取り組んでいる。例えば、エネルギーを有効かつ安全に利用するための最適プロセスとその機器の開発、基礎原理の解明、核融合エネルギーなどの高品位エネルギー変換システムについての新しい技術の開発をめざし、様々な実験的研究や解析を行っている。

このように、資源・エネルギー工学系では、広い学域にわたる専門知識を融合し、エネルギー・環境問題を克服することを目標としている。そのために、資源の開発やリサイクル、省エネルギーなどに取り組み、持続可能な社会システムの構築を研究している。

学べる学科

  • エネルギー科学科
  • 環境・エネルギー工学科
  • 国際資源学科
  • 環境資源工学科
  • 生物環境工学科 他

気になる授業

関西学院大学 理工学部 先進エネルギーナノ工学科

エネルギー材料熱力学

先進エネルギー材料およびナノテクノロジー材料の創製・開発を進めるうえで重要基礎となる熱力学の諸法則について学ぶ。熱力学の諸法則とともに、熱力学関数である内部エネルギー、エンタルピー、エントロピーおよび自由エネルギーなどの内容を修得する。

エネルギー変換と電気化学

エネルギー自給率が極めて低い日本において、生活とエネルギーについてこれから取り組むべき課題を捉えたうえで、電気化学を利用したエネルギー変換の原理と応用を修得する。さらに、二次電池、燃料電池、生物電池などの先進エネルギーデバイスの原理も学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

石油・ガス・地質関連会社 機械・電気関係 電力会社 重工業・電機などの製造業 自動車メーカー など

めざす資格・受験資格など

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種) 放射線取扱主任者 原子炉主任技術者 公害防止管理者 エネルギー管理士 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。