生物工学

生物工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、生物工学に関する興味を広げよう。

発展途上にある注目の学問領域

何が学べるのか

生物工学では細胞や遺伝子などの機能や構造を学び、研究を行う。「生物工学」という言葉よりも、「バイオテクノロジー」という言葉の方が、なじみ深いかもしれない。

生物工学には2本の柱がある。ひとつは多種多様な生命現象、つまり遺伝子情報などを解明すること。もうひとつは解明された遺伝子などのメカニズムを応用し、社会や人に役立つ、新しい物質や技術を開発することである。

ここ数十年で分子生物学は飛躍的に発達し、ヒトの全遺伝情報の解読を行ったヒトゲノム計画が2003年に完了、ポストゲノムの時代へと入った。しかし、遺伝子や生体物質について得られた膨大な情報を統合・応用するための学問体系は、いまだ発展途上にある。生物工学は、理学・工学・農学・医学・薬学などの領域を有機的に統合しながら、学問体系の確立および物質・技術の両方のモノづくりをめざしている注目の学問領域といえる。

また、生物学との大きな相違点は、これまでに生物学分野での基礎研究によって解明された多くの現象や、分子や細胞のメカニズムについての理解を利用し、産業や医学・薬学への応用をめざすところにある。

再生医療の応用が期待されるiPS細胞のさらなる展開など、注目される研究分野として、遺伝子の組み換え技術を応用し、細胞の融合や突然変異などを行う遺伝子工学。ある特定の細胞の状態を人工的につくり出し、がんなどの疾病原因の解明や細胞の機能研究などを行う細胞工学。生体を構成するタンパク質の構造の原子レベルでの解明や、構造的変化を起こし人工的なタンパク質の設計をめざす構造生物学。コンピュータを用いてゲノム配列データから配列解析を行ったり、シミュレーションによってタンパク質などの構造・機能を解明したりする、バイオテクノロジーにITを応用させたバイオインフォマティクス(生物情報科学)などが挙げられる。

生物工学は、生きているものを対象とするために、その成果は自然環境に影響を与えることが予測される。遺伝子工学におけるクローン技術のように、倫理観を厳しく問われることもあり、研究が及ぼす影響を、冷静に、客観的に見定める目も必要である。発展途上の学問であり、前例のない未知の部分も多く存在するが、幅広い分野との連携で、より発展することが期待されている。

学べる学科

  • 生物工学科
  • 生命工学科
  • 応用生物化学科
  • 生物生産科学科
  • バイオサイエンス学科 他

気になる授業

九州工業大学 情報工学部 生命情報工学科 ※2018年4月改組

微生物工学

ゲノムの配列情報を基に、カビやインフルエンザ、グラム陽性細菌といった微生物の種類・代謝・培養・利用法などについて、専門知識と技術を修得。パンデミック、免疫などの感染症についても学び、医療、創薬、食品、環境などの問題解決に応用できる能力を養う。

遺伝子工学

遺伝子工学に用いられている組換えDNA技術などの基礎技術や、医療分野などへの応用について学習。「組換えDNA技術(遺伝子工学で用いる酵素・大腸菌)」「DNAの分離・分析技術」などを学んだ後、「DNAライブラリーの作製」「DNAシーケンス法」などにも取り組む。

将来のフィールド

主な活躍の場

医薬品・食品・化粧品・酒造メーカー バイオテクノロジー関係 大学や国立機関の研究職 官公庁 など

めざす資格・受験資格など

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種) バイオ技術者認定試験 技術士(補) 食品衛生管理者(任用) 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。