土木・環境工学

土木・環境工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、土木・環境工学に関する興味を広げよう。

環境調和型社会システムを構築する

何が学べるのか

土木工学は英語で「Civil Engineering」というが、直訳すると市民の工学であり、人間・社会のためのいわば公共工学といえる。すなわち、人間・社会を自然の脅威から守り、人間の行動・社会活動を円滑化し、かつ、向上させるための社会的生産基盤(インフラストラクチャ。以下、インフラ)を配置・建設するための工学である。

したがって、土木工学が対象とする領域は、空港・橋梁・道路・鉄道といった交通施設にとどまらず、発電所などのエネルギー施設、ダム、上下水道などのライフラインをはじめとするインフラ全般となる。そのため、水理学、土質力学、海岸工学などの知識も必要となる。

さらに、インフラの配置、建設の知識、技術だけでなく、建設に至るまでの調査・計画・設計や建設後の管理・運営などを行うための知識や技術も身につける。

一方、環境工学は人類の福祉を目的としており、環境と共生し、持続的に発展が可能な社会を実現させるための工学といえる。すなわち、より豊かな環境の創造、環境悪化の防止など、環境の恵みを保全するとともに、精神的・肉体的に快適で安全な環境を創造し、環境の持続可能性を高める工学である。

したがって取り扱う領域も、建物や住居の空調・冷暖房など身近な居住環境から、水・土壌・大気などの地球環境まで広範囲に及ぶ。このため、理工学的側面に加えて、人文・社会科学、デザイン学なども対象としており、広い視野を持つための教育が行われている。同時に、実験や演習、設計、フィールドワーク、コンピュータ利用などの研究手法の修得も重視されている。

ただ、土木工事が環境や生態系へ与えるダメージは、常に考慮すべき課題でもある。自然と環境への理解のもと、土木工学と環境工学が連携する土木・環境学系の研究により、美しい国土を維持しつつ、安全で快適な生活を支え、災害にも強い社会基盤の構築が加速する。

今後の土木事業の在り方を考えるうえで、循環型社会の形成、温暖化・砂漠化など地球環境問題への対応、省エネ対策の確立、大量消費社会の改善、人口増加への対応といった課題は避けられない。これらを解決するために欠かせない環境調和型社会システムの構築を指向する、土木・環境工学系はますます重要となるだろう。

学べる学科

  • 土木工学科
  • 社会環境工学科
  • 都市環境工学科
  • 環境システム学科
  • 環境デザイン学科 他

気になる授業

東京工業大学 環境・社会理工学院 土木・環境工学系

土木と環境の計画理論

土木や環境に関わる公共政策、計画理論の基礎を学び、さらに計画確定に至る手続きやコミュニケーションの理論を学習することで、今後の土木計画や環境公共政策の実践のために社会が満たすべき仕組みや、制度に対する考え方を身につける。

環境計画プロジェクト演習

都市のなかの大気、水、生態環境の役割を理解し、それらと共生・調和したまちづくりの在り方を考える。あらかじめ設定された課題に対し、地域の自然環境やそれを取り巻く歴史・住民などの情報を文献や現地調査に基づいて包括的に理解したうえで具体的な提案を行う。

将来のフィールド

主な活躍の場

建設業 コンサルタント業 鉄道業 不動産業 公務員 など

めざす資格・受験資格など

建築士(一級・二級・木造) 土木施工管理技士 作業環境測定士 造園施工管理技士 測量士補 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。