土木・環境工学

土木・環境工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、土木・環境工学に関する興味を広げよう。

環境調和型社会システムを構築する

何が学べるのか

土木工学は英語で「Civil Engineering」というが、直訳すると市民の工学であり、人間・社会のためのいわば公共工学といえる。すなわち、人間・社会を自然の脅威から守り、人間の行動・社会活動を円滑化し、かつ、向上させるための社会的生産基盤(インフラストラクチャ。以下、インフラ)を配置・建設するための工学である。

したがって、土木工学が対象とする領域は、空港・橋梁・道路・鉄道といった交通施設にとどまらず、発電所などのエネルギー施設、ダム、上下水道などのライフラインをはじめとするインフラ全般がその対象となる。そのため、水理学、土質力学、海岸工学などの知識も必要となる。

さらに、インフラの配置、建設の知識、技術だけでなく、建設に至るまでの調査・計画・設計や建設後の管理・運営などを行うための知識や技術も身につける。

一方、環境工学は人類の福祉を目的としており、環境と共生し、持続的に発展が可能な社会を実現させるための工学といえる。すなわち、より豊かな環境の創造、環境悪化の防止など、環境の恵みを保全するとともに、精神的・肉体的に快適で安全な環境を創造し、環境の持続可能性を高める工学である。

したがって取り扱う領域も、建物や住居の空調・冷暖房など身近な居住環境から、水・土壌・大気などの地球環境まで広範囲にわたっている。このため、理工学的側面に加えて、人文・社会科学、デザイン学なども対象としており、広い視野を持つための教育が行われている。同時に、実験や演習、設計、フィールドワーク、コンピュータ利用など研究手法の修得も重視されている。

ただ、土木工事が環境や生態系へ与えるダメージは、つねに考慮すべき課題でもある。自然と環境への理解のもと、土木工学と環境工学が連携する土木・環境学系の研究により、美しい国土を維持しつつ、安全で快適な生活を支え、災害にも強い社会基盤の構築が加速する。

今後の土木事業の在り方を考えるうえで、循環型社会の形成、温暖化・砂漠化など地球環境問題への対応、省エネ対策の確立、大量消費社会の改善、人口増加への対応といった課題は避けられない。これらを解決するために欠かせない環境調和型社会システムの構築を指向する、土木・環境工学系はますます重要となるだろう。

学べる学科

  • 土木工学科
  • 社会環境工学科
  • 都市環境工学科
  • 環境システム工学科
  • 環境デザイン学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

環境、防災、力学、情報など、社会と密接に関わる学問です

芝浦工業大学 工学部 土木工学科 社会基盤コース 3年
R・Hさん(千葉県 私立芝浦工業大学柏高校卒)

3年前期 MON TUE WED THU FRI SAT
1 コンクリート構造学 2 アジア学
2 地域社会学 パブリック・インボルブメント 地理情報システム 土木工学セミナー
3 構造力学 2 プロジェクト評価 土木実験 1 土木ゼミナール
4 土木設計演習 2 土質力学 2
5 プログラミング演習

ひと言コメント

高校 2 年生の頃、進路について考えたとき、漠然と「地震」というキーワードが浮かびました。地震をテーマに研究するのであれば、地震予測だと思い、その研究を行っている芝浦工業大学へ進学。 3 年次になると専門科目が中心になりますが、それ以外にも「土木工学セミナー」といって、毎週 1 人ずつOBや企業で活躍されている方に講義をしていただく授業もあります。土木以外の企業の方からもお話を聞くことがあり、働くことの意味や、将来の人生設計について考えるいい機会になったと思います。土木工学は、力学系や防災系、環境系、計画系、情報系など、いろいろな分野で社会と密接な関係を持っており、学べば学ぶほど、おもしろさと可能性に気づかされます。

気になる授業

名古屋工業大学 工学部第一部 高度工学教育課程 社会工学科

地盤解析学

2 次元での連続体の挙動を説明する弾性論、弾塑性論の基礎を理解し、地盤材料への適用について研究する。地盤上に基礎や盛土を造ったとき、掘削したときの地盤の変形や破壊の予測方法を学ぶ。これらを通して、地盤についての論理的な考え方とセンスを身につける。

交通環境計画学

交通計画学・交通工学に基礎を置きつつ、交通に関わる環境予測、環境経済学的評価を含んだ内容の理解を深める。交通の動きを予測するとともに、交通が環境に与える影響を予測・評価し、都市にとって適正最適なコントロール施策を学ぶ。

水域防災モデリング

海岸や海洋、河川などの水域災害に関わる外力を把握するために、水理学・流体力学の応用理論とリスクについての統計的手法を身につける。微小振幅波理論に基づく外力の特性や、水域防災に関わる、希少頻度で発生する巨大外力の確率的特性を理解する。

将来のフィールド

主な活躍の場

建設業 コンサルタント業 鉄道業 不動産業 公務員 など

土木工学系卒業者は、ゼネコン(大手の総合建設会社)で橋・道路・ダム・トンネルなどの大規模プロジェクトに従事する人が多い。また、国土・都市計画学などの専門分野を生かし、国家・地方公務員になる人もいる。

一方、環境工学系卒業者の就職先は、官公庁や建設会社、設計事務所、各種メーカーなどがあり、幅広い分野で活躍中である。また、環境分野に限らず、総合的な素養や能力を生かして、様々な分野で活躍している。

めざす資格・受験資格など

一級・二級・木造建築士 土木施工管理技士 作業環境測定士 造園施工管理技士 測量士補 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ 土木工事もICT建機でスマート化

東京オリンピック・パラリンピック関連の建設ラッシュ、東日本大震災からの復興事業、さらに地下インフラの老朽化への対応など、建設業界は今仕事が溢れている。その一方、労働力不足やオペレータの高齢化が深刻な問題となっている。こうした現場の問題解決をめざして建設機械メーカーのコマツが考案したシステムが「スマートコンストラクション」。建設現場全体をICTで総合的に連携させ、コストや工期を圧縮するとともに、生産性を大幅に向上させ、安全でスマートな「未来の現場」の実現をめざす。国土交通省も「i-Construction」という取り組みでこうした動きを支援する。

まず、ドローンや 3 Dレーザースキャナーを使って現場を正確に把握。ICTブルドーザーやICT油圧ショベルといったICT建機に搭載するステレオカメラなどを活用して常時、現況の高精度な 3 次元データを生成。それに3 次元化した設計図を重ねて、その差を視覚化することで、常に進行具合を把握し、最適な施工を実施する。しかも、ICT建機はこれらの 3 次元データに基づき、自動で施工作業を実行する。作業経験に関係なく、誰でも熟練操縦者のような精度で作業を行える。近未来の施工方 式・i-Con-structionは、建設現場が抱える様々な課題を解決する。