建築学

建築学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、建築学に関する興味を広げよう。

「強・用・美・快」を兼ね備えた住環境を追究

何が学べるのか

古代エジプト時代の記録に「建築家」という職業が残っているように、人類の営みとともに始まった建築は、世界の様々な地域で文化を吸収し、多くの文明を支えて発展してきた。そして今を彩る現代建築は、20世紀初頭に確立されたコンクリートとガラスの機能的な建築スタイルを基礎に、様々な変化を経て多種多様な特徴を持っている。

建築は、科学であると同時に、芸術としての側面も併せ持っている。古代の建築書に書かれた建築の基本は「強、用、美」といわれ、それぞれ耐久性や安全性、機能性、環境に合った美しさを示す。現代はそれらに「快」、すなわち快適性が加わる。

建築に携わる者には、人文科学・社会科学・自然科学などの幅広い分野とつながりを持ちつつ、暮らしやすい環境や住まいを創造する感性と、それを具体化する知識と技術が要求される。

建築学は、大きく計画系、構造系、環境系の3分野に分かれている。

計画系は、世界の各時代の建築を研究し、建築の在り方を明らかにする建築史・建築意匠、都市開発や建築単体をどのような場所にいかにつくるべきかという建築計画学などからなる。

構造系は、コンピュータなどを利用して耐震構造や架構方法を学ぶ構造力学、建築に使われる構造材料について性質を研究する建設材料学などからなる。

環境系は、建築における光(照明など)、音(音響など)、空気(空調など)の役割や特性を研究する建設環境工学などからなり、人と自然環境の共存をテーマに幅広く学んでいく。

建築家というと設計がメインのように思われるが、その設計学は上記の計画系に含まれる。

近年の住まいづくりには、機能性や安全性に加えて、快適さ、楽しさ、美しさなど、環境や個人のライフスタイルを重視する要素が求められている。防災面では耐震性など、災害に強い建築物に大きな期待が寄せられている。また、歴史的建築物の保存、リサイクルや住宅政策における課題、建築素材が原因となるアレルギーの問題など、解決すべき問題は多い。地域性も加味した独自の研究テーマを持つ大学もあるのでチェックしておきたい。

学べる学科

  • 建築学科
  • 建築工学科
  • 建築デザイン学科
  • 土木建築工学科
  • 建築環境学科 他

気になる授業

首都大学東京 都市環境学部 都市環境学科(建築都市コース) ※2018年4月改組

建築デザインI

複合建築、詳細な設計を必要とする建築、特殊なテーマを備えた建築などの設計課題に取り組み、空間デザイン・コンセプト、都市空間デザイン、構法設計、環境デザインなどの設計技術を身につける。また、作品発表を通してプレゼンテーション技術を向上させる。

建築環境学A

地球環境問題のような人類社会の持続可能性問題に対して、建築や都市がどのように関わっているか、音・熱・空気・光・水といった環境要素が室内でどのように制御されているかを学ぶ。これらの環境要素を制御するための建築や設備についても理解を深める。

将来のフィールド

主な活躍の場

設計事務所・大手ゼネコン・住宅メーカーなど、建築関係 公務員 インテリアコーディネーター など

めざす資格・受験資格など

建築士(一級・二級・木造) 建築施工管理技士 建築設備士 技術士(補) 土地家屋調査士 不動産鑑定士 宅地建物取引士

こちらから大学情報を検索できます。