通信・情報工学

通信・情報工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、通信・情報工学に関する興味を広げよう。

ハード・ソフト設計から通信・情報処理まで

何が学べるのか

スマートフォンや携帯電話、タブレット端末は、なくてはならない生活必需品となっている。Wi-Fiの対応地域の拡大やクラウド化も進み、いつでもどこでも大量の情報にアクセスできる。オンラインゲームやネットショッピングは遊び方や経済システムの在り方まで変えた。健康管理のできる腕時計型端末や、地図、店舗情報を実像と重ねて写すメガネ型のウェアラブル端末も発売。高齢者の安全運転に役立つ自動車の自動運転システムなどは、公道での社会実験が進んでいる。さらにモノとモノがインターネットで結ばれるIoT(Internet of Things)は、第4次産業革命ともいわれている。人類の未来を劇的に変える主要な原動力となるのが、この学問領域だ。

通信・情報工学系の学部・学科は、一般に3つに分類される。1つ目はコンピュータのハードウェアとソフトウェアおよび通信工学を含め、コンピュータと通信の総合的な観点から、情報伝達の環境や技術の向上・応用を考える学科。電気・電子系の色合いが濃く、膨大な量のデータ通信において、高速かつ安定した光通信やモバイル通信、端末機器と結ばれたクラウド型のコンピュータ相互通信などを研究する。2つ目が情報そのものをテーマとする学科で、理学部などによく見られる。情報とは何かという根源的な問題や、情報の扱い方やアルゴリズムなどを計算機数学や数理科学、確率・統計学、生命情報、ソフトウェア科学などをベースに学ぶ。高度情報化社会を守るセキュリティに関連する暗号理論や符号理論などの理論も研究する。3つ目は情報を様々な産業に役立てる方法を考える学科で、産業の現場や経営で情報を役立てるためのシステムや機器の開発に取り組む。この分野は管理工学や経営工学と関連性が強い。

これからの通信・情報処理分野では「あやふやな情報の処理」が重要となる。これは、“感性”を含む人間の頭脳の働きをハードウェアで実現するとともに、人間が使用する言語や音声、画像を使ってソフトウェアを作製し、人とコンピュータの対話をより容易にしようという研究だ。ほかにも、プロジェクションマッピングやBlu-rayなどの画像・光工学、人間の脳の情報処理システムを解明する認知科学、人工知能を工学的に応用する知識工学など、研究領域は今後ますます広がっていく。

学べる学科

  • 情報工学科
  • 情報通信工学科
  • 情報科学科
  • 情報システム工学科
  • コンピュータ科学科 他

気になる授業

東京理科大学 工学部 情報工学科

情報工学実験1

テキスト処理、組み込みプログラミング、アセンブラ、交流回路、離散分布と連続分布、動画像処理などの実験を通じて、講義で学んだ理論の理解を深め、自ら問題を発見・解決するための能力を養う。Matlab、R言語などのソフトウェアに関する演習にも取り組む。

情報理論

携帯電話などのデジタル通信システムや、DVDやメモリなどの記録システムの普及に大きな影響を与えた情報理論を学ぶ。情報量、エントロピーの定義から始まり、主要テーマである情報源符号化、通信路符号化のほか、暗号などの関連分野も学んでいく。

将来のフィールド

主な活躍の場

IT関連企業、ソフトウェア開発会社 電機・電子機器メーカー コンピュータメーカー 銀行、商社、サービス関連企業 など

めざす資格・受験資格など

電気通信主任技術者 総合無線通信士 ITパスポート試験 情報検定(J検) ネットワークスペシャリスト 基本情報技術者試験 応用情報技術者試験 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。