電気・電子工学

電気・電子工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、電気・電子工学に関する興味を広げよう。

電気・電子の有効利用を研究する

何が学べるのか

電気・電子工学はあらゆる産業や社会生活に欠くことのできない科学技術だ。例えば、超LSIや光・半導体デバイスを用いたスマートフォンやタブレット端末などの通信機器、ロボットやリニアモーターカー、自動車や航空機・医療機器などの制御システム、液晶テレビやエアコンなどのホームエレクトロニクス機器、さらに太陽光発電などのエネルギーシステムなど、あらゆる分野で電気・電子工学を活用した技術が使われている。

電気の担い手である電子は、物質を構成する素粒子のなかで最も私たちの生活と深く関わっている。そのふるまいを研究するのが電気・電子工学である。電気は、大きく分けるとエネルギーと情報伝達の媒体という2つの側面を持っている。

電力など、エネルギーとしての電気を研究するのが電気工学である。電気工学では、効率の良い発電や蓄積の方法、電力輸送、電動機の制御や応用などを研究する。具体的には、リニアモーターカーでおなじみの超電導や、効率的なエネルギー運用をめざす分散型エネルギーシステム、太陽の光エネルギーを電力に変換する太陽光発電、携帯電話などに内蔵されるバッテリーの小型化などである。電気工学はまさに未来技術のカギを握っているといっても過言ではない。

一方、半導体や通信機器など、情報伝達の媒体としての電気を研究するのが電子工学である。電子工学は、IC(集積回路)などの電子デバイスの新材料の開発やバーチャルリアリティなど、コンピュータのソフト・ハード面の開発を推進している。また、半導体レーザーや光ファイバーを用いたネットワーク技術、コンピュータ制御など、材料から情報、通信など電子の性質の応用に関する様々な研究も行っている。このように電子工学は、現代の先端技術の基盤を支える重要な学問となっている。

電気・電子工学の分野は発展が目覚ましく、最先端技術とは切っても切り離せない相互関係にある。電気・電子工学の最先端の技術を医学や情報科学の技術と融合させて、新しい機器をつくろうという動きもある。ほかの工学の分野と同様に、現代社会には欠かすことができない分野である。この分野の技術は、今後さらに進歩することが期待される。

学べる学科

  • 電気電子工学科
  • 電子情報工学科
  • 電気工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 電気システム工学科 他

気になる授業

同志社大学 理工学部 電気工学科

電気回路学II-4

正弦波(交流)の電圧、または電流が定常的に加わっている場合の電気回路内の電圧と電流の状態を、複素数記号法を用いて解析する方法を学ぶ。講義を通して電気回路学の基礎理論を理解し、演習により電気回路学の基礎理論を自在に活用できるようになることをめざす。

電気工学実験I

パワーエレクトロニクス、電気機器、電気エネルギーなど、実験を通して専門的知識を幅広く修得する。直流機や同期機、誘導機の特性試験などに取り組み、電気工学の主要分野の実験技能および技術者として必要な態度を身につける。実際の機器や新しい機器への応用をめざす。

将来のフィールド

主な活躍の場

エレクトロニクス・情報関連産業 電気・電子関連産業 通信関連産業 ソフトウェア関連産業 など

めざす資格・受験資格など

電気主任技術者 電気通信主任技術者 電気工事施工管理技士 電気工事士 陸上無線技術士 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。