電気・電子工学

電気・電子工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、電気・電子工学に関する興味を広げよう。

電気・電子の有効利用を研究する

何が学べるのか

電気・電子工学はあらゆる産業や社会生活に欠くことのできない科学技術だ。例えば、超LSIや光・半導体デバイスを用いたスマートフォンやタブレット端末などの通信機器、ロボットやリニアモーターカー、自動車や航空機・医療機器などの制御システム、液晶テレビやエアコンなどのホームエレクトロニクス機器、さらに太陽光発電などのエネルギーシステムなど、あらゆる分野で電気・電子工学を活用した技術が使われている。

電気の担い手である電子は、物質を構成する素粒子のなかで最も私たちの生活と深い関わりがあり、そのふるまいを研究するのが電気・電子工学である。電気は、大きく分けるとエネルギーと情報伝達の媒体という 2 つの側面を持っている。

電力などエネルギーとしての電気を研究するのが電気工学である。電気工学では効率の良い発電や蓄積の方法、電力輸送、電動機の制御や応用などを研究する。具体的には、リニアモーターカーでおなじみの超電導や、効率的なエネルギー運用をめざす分散型エネルギーシステム、太陽の光エネルギーを電力に変換する太陽光発電、携帯電話などに内蔵されるバッテリーの小型化などである。電気工学はまさに未来技術のカギを握っているといっても過言ではない。

一方、半導体や通信機器など情報伝達の媒体としての電気を研究するのが電子工学である。電子工学は、IC(集積回路)などの電子デバイスの新材料の開発やバーチャルリアリティなど、コンピュータのソフト・ハード面の開発を推進している。また、半導体レーザーや光ファイバーを用いたネットワーク技術、コンピュータ制御など、材料から情報、通信など電子の性質の応用に関する様々な研究も行っている。このように電子工学は、現代の先端技術の基盤を支える重要な学問となっている。

電気・電子工学の分野は発展が目覚ましく、最先端技術とは切っても切り離せない相互関係にある。電気・電子工学の最先端の技術を医学や情報科学の技術と融合させて、新しい機器をつくろうという動きもある。ほかの工学の分野と同様に、現代社会には欠かすことができない分野である。この分野の技術は、今後さらに進歩することが期待される。

学べる学科

  • 電気電子工学科
  • 電子情報工学科
  • 電気工学科
  • 電気電子情報工学科
  • 電気システム工学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

生体医工学に興味を持ち、実験で理解を深めます

工学院大学 工学部 電気システム工学科 ※ 3年
M・Mさん(東京都 私立実践女子学園高校卒)

3年前期 MON TUE WED THU FRI SAT
1 電力システムI システム制御I 電力エネルギー発生
2 線形システム 電気電子材料 交通システム
3 電気システムセミナー 電子回路II 電気システム 実験III 電気化学・燃料電池
4 高電圧・プラズマ 電気法規・電気施設管理
5
6

ひと言コメント

電気・電子工学には、新エネルギー、電子回路、自動車やロボットのシステム制御など様々な研究分野があります。私は医療と工学の可能性について関心があり、なかでも生体信号や生命現象を解析・研究して医療の発展に貢献する生体医工学分野に興味を持って学びを進めています。授業では、 1 年次に電気基礎実習を、 2年次から本格的な電気システム実験を行います。 3 年次になると、より複雑な実験を行い、高電圧実験の安全性や電子回路の様々な特性などを詳しく学んでいきます。講義に加えてこうした実験を行うことでより理解が深まります。専門科目だけでなく、社会人に必要な教養を学べるキャリア教育にも力を入れており、就職率が良いことも魅力のひとつです。

※2017年 4 月より電気電子工学科に名称変更。

気になる授業

同志社大学 理工学部 電気工学科

電気回路学II- 5

正弦波(交流)の電圧、または電流が定常的に加わっている場合の電気回路内の電圧と電流の状態を、複素数記号法を用いて解析する方法を学ぶ。講義を通して電気回路学の基礎理論を理解し、演習により電気回路学の基礎理論を自在に活用できるようになることをめざす。

電気工学実験I

パワーエレクトロニクス、電気機器、電気エネルギーなど、実験を通して専門的知識を幅広く修得する。直流機や同期機、誘導機の特性試験などに取り組み、電気工学の主要分野の実験技能および技術者として必要な態度を身につける。実際の機器や新しい機器への応用をめざす。

電気計測II

インピーダンス、電力、磁気量、周波数、周波数分析、エレクトロニクス応用計測について学ぶ。電気磁気学、回路理論を基礎理論として、これらを具体化し、自然現象を巧みに活用する電気・電子計測技術や、様々な測定や問題点を理解し、電気・電子計測の応用力を身につける。

将来のフィールド

主な活躍の場

エレクトロニクス・情報関連産業 電気・電子関連産業 通信関連産業 ソフトウェア関連産業 など

電気エネルギー工学、計測・制御工学など各分野に関連する広範囲な知識を修得することから、活躍できる分野も多岐にわたる。電気主任技術者、電気通信主任技術者など高度な資格取得に便宜が図られている大学も多い。

多くの人が、上記のような業種に就くほか、より高度な知識や技術を修得するために大学院に進学する人も多い。さらに博士課程に進学し、官公庁や大学研究機関に就職する道もある。

めざす資格・受験資格など

電気主任技術者 電気通信主任技術者 電気工事施工管理技士 電気工事士 陸上無線技術士 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ VR・ARがリアルな「現実」をつくり出す

2016年はVR(仮想現実)元年と呼ばれた。「VR関連の市場規模は近い将来世界で約 8 兆円」と試算する市場調査会社もあり、VR業界は活況を呈している。VR(Vir-tual Reality)とは、人間の視覚や聴覚といった五感を刺激し、コンピュータによってつくり出された世界をあたかも現実かのように体感させる技術を指す。現在のVRでは「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)」は必須ツール。目を完全に覆うような形状のディスプレイで、頭の方向や傾きを感知して、その動作に連動した 3 D空間映像を提供する。装着者は、目に見えるすべてがディスプレイ映像であるにもかかわらず、ごく自然な感覚で仮想世界に没入できる。VR技術は多方面で利用が拡大している。例えば、海外旅行などを販売する観光業界。写真や動画で旅行先やホテルをチェックするのではなく、HMDを装着して、旅行先の街並み、ホテルの部屋からの風景などをVRで体験する。また、複雑で困難な作業が必要な職業訓練、医療分野でも外科手術シミュレーションなどに使われ始めた。

なお、AR(拡張現実)とは、現実世界で人が感知できる情報に、別の情報を加えて現実を拡張表現する技術。スマートフォン向けアプリケーションのポケモンGOが代表例で、仮想のキャラクターと現実の風景が一体化したAR世界が私たちを楽しませてくれる。