航空・宇宙工学

航空・宇宙工学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、航空・宇宙工学に関する興味を広げよう。

先端テクノロジーで大空をめざす

何が学べるのか

2015年11月に初飛行を果たした初の国産旅客ジェット機『MRJ』。燃費の良さと客室の快適さを特徴とする次世代の近距離旅客機として注目度は高い。ほかにも、人類初の小惑星「イトカワ」から微粒子を持ち帰った小惑星探査機「はやぶさ」の快挙や、H-IIAロケットが国産初の商業衛星の打ち上げに成功したことも記憶に新しい。

これらの先進的な技術の進歩を支えた原動力は、何といっても航空・宇宙工学の発展である。環境に配慮したジェット旅客機や無人惑星探査機なども、今では当たり前の存在に思えるが、これらは実に高度なシステムの集合体であり、それらの一つひとつが複雑な先端技術に裏打ちされていることはいうまでもない。

航空工学は優れた航空機を開発するための工学であり、宇宙工学は宇宙開発に関連した技術を開発するための工学である。それぞれの目的は異なるものの、航空・宇宙工学系には、流体力学・推進工学・構造力学・制御工学などの知識が必要となる。流体力学は、空気流の解析や揚力、抵抗などの計算、風洞実験などを行う。推進工学では、航空機やロケットの飛行に必要なエンジンなどの開発や研究を行う。構造力学では、機体の設計や軽量で強固な素材について研究する。制御工学では、機体の姿勢制御や軌道制御のためのシステムを追究する。

これらの基礎的な分野を軸にしながら、熱力学や電子回路工学などの様々な研究を通して、航空機やロケットは生み出されるので、学習すべき内容は広範囲に及ぶ。さらに、進歩が著しい分野ということは、既存の技術はすぐに過去のものとなってしまうことを意味する。ゆえに常に新たな可能性にチャレンジする姿勢が要求される分野ともいえるだろう。

近年の環境や安全性に対する関心の高まりのなかで、低騒音で燃料効率が高く、さらに安全な航空機に対するニーズは高まっている。また、宇宙開発では、「はやぶさ2」などの探査型だけでなく、国際宇宙ステーション計画のような滞在型の計画も進められており、研究すべき課題は数多く残されている。

創造的な視点と好奇心を持って取り組んでいけば、巨大かつ極めて精密なシステムづくりのおもしろさに出合える研究分野であることは間違いないだろう。

学べる学科

  • 航空工学科
  • 航空宇宙工学科
  • 航空システム工学科
  • 宇宙航空システム工学科
  • 機械・航空宇宙工学科 他

気になる授業

東京大学 工学部 航空宇宙工学科

航空機力学第二

航空機の運動方程式を導き出すとともに、航空機に作用する外力をモデル化し、運動方程式を線形化する方法を学ぶ。航空機の飛行力学や運動方程式、空力特性などを学習した後に、線形化された運動方程式から機体の運動特性を解析する方法を理解する。

空気力学第三

空気には圧縮性があり、これを考慮した流体力学の基礎を主に理論的・解析的に修得。「等エントロピー流れ」「垂直衝撃波」といった一次元流、「斜め衝撃波」「プラントル・マイヤー流れ」といった二次元流などのテーマに取り組む。熱力学的な考え方も取り入れて学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

航空機メーカー・航空会社 航空宇宙関連の研究所・団体 官公庁 自動車・電機メーカー など

めざす資格・受験資格など

航空整備士(一等・二等) 航空運航整備士(一等・二等) 航空工場整備士 事業用操縦士 定期運送用操縦士 技術士(補)

こちらから大学情報を検索できます。