化学

化学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、化学に関する興味を広げよう。

多様な物質の多彩な変化を探究する

何が学べるのか

化学とは、物質とその変化の仕組みを研究して自然認識を深め、人間社会に有用な新しい物質や理論をつくり出していく学問である。

生物の生命現象も、様々な化学反応によって支配されている。「活性酸素がなぜ有害なのか?」「環境ホルモンでオスがメス化するのはなぜか?」などの疑問を解き明かすのにも、化学の知識が不可欠である。2010年に根岸英一、鈴木章、リチャード・ヘックの3氏がノーベル化学賞を受賞して話題になった「クロスカップリング」とは、有機化学の基礎となる炭素同士を効率よく結合させる技術のこと。この技術により、革新的な物質を容易に手に入れられるようになった。

高校までの授業では、多くの化学反応や、物質の性質を学習してきたが、大学での研究は、そこからさらに発展。化学を本格的に学んでいくことで断片的な知識が整理され、自分自身で「発見」した新しい知識を体系化する楽しさに出合うだろう。

大学で学ぶ化学はいくつかに分類できるが、大きく分けて基礎化学と応用化学に分けることができる。

基礎化学には、有機化学、無機化学、物理化学、分析化学などが挙げられる。有機化学では、炭素、水素などを含む物質の合成・反応・変化を研究する。無機化学では、金属、鉱物、ガラスから放射性物質まで、無機物質を対象とした研究を行う。物理化学では、物質の構成や状態および変化について、新しい手法を用いて化学反応のメカニズムを理解し、反応理論をつくり出す研究を行う。分析化学では、微量の物質を計測し、解析したり、そのための機器や手法を研究し開発する。一方、応用化学には、農芸化学・薬化学・環境化学などの分野がある。

化学の領域は広く、自然科学の各分野と接点を持っている。バイオ、医療機器、環境問題、エネルギーなど、あらゆる分野で化学的素養は必要とされている。細分化・専門化された部分があると同時に、多様な部分を融合する必要もある。そのため、広い視野と深化した専門知識が必要とされる分野といえる。

基礎重視あるいは応用重視の学部・学科であるかによって、専門課程で学ぶ内容は若干異なるので、事前に講座、研究室などをよく調べておく必要がある。

学べる学科

  • 化学科
  • 基礎化学科
  • 物質生物科学科
  • 化学・生命化学科
  • 機能分子化学科 他

気になる授業

横浜国立大学 理工学部 化学・生命系学科

化学安全工学

生産や製造の現場で扱われる化学物質には、火災・爆発性を有するもの、健康被害や環境負荷を与えるものなどがある。そういった化学物質について、開発から廃棄に至る全工程と、化学物質の関係を対象とした安全評価を学び、安全管理に対する考え方を修得する。

化学プロセス開発計画

天然ガス、石油、石炭といった化石燃料を原料にした種々のプロセスの現状を理解する。同時に、将来のエネルギーの動向を見据え、新たなプロセス開発を実施するうえで必要な「エンジニアリング技術」「プロセス設計技術」の実際を学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

化学産業 製薬・化粧品・食品メーカー 研究職 中学校・高校の教員 など

めざす資格・受験資格など

危険物取扱者(甲種・乙種・丙種) 毒物劇物取扱責任者 中学校・高校教諭1種免許 環境計量士

こちらから大学情報を検索できます。