医療技術学

医療技術学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、医療技術学に関する興味を広げよう。

チーム医療のスペシャリストを育成

何が学べるのか

医療技術の進歩に伴い、病状の緩和をめざす対処療法(治療)に加え、病気を予防して健康な状態を維持する予防医学が注目されている。また、病気の早期発見・早期治療には、定期的な健康診断や人間ドックなどでの医療検査が重要になる。しかも超高齢社会を迎え、先進的な医療機器の普及が急速に拡大。医療・保健機関では高い専門性を持つ医療技術者へのニーズが増大している。

医療技術系の学科は、高度化・複雑化する医療現場で的確な対応ができる知識と技術、さらに患者を中心にした「チーム医療」の実践に必要な高いコミュニケーション能力などを備えた専門職の育成を目的とする。具体的には、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士などの資格取得をめざす。いずれも技術だけでなく、基礎・臨床医学、理工学、薬学、栄養学、社会学など、幅広い領域を学ぶ。医療の現場を知るために、学内での実習に加え、病院や施設などで臨床実習も行う。

専門分野には、検査系やリハビリテーション系の 2 つに大別される。検査系の「臨床検査分野」では、血液検査、微生物学的検査、心電図検査、脳波検査などの臨床検査の原理と方法、診断法などを実践的に学ぶ。「診療放射線分野」では、放射線技術学や放射線安全管理学などを学び、X線撮影や放射線治療、CT(断層撮影)やMRI(磁気共鳴映像法)などの操作法や維持管理技術を習得する。「臨床工学分野」は医学と工学を学際的に学び、手術中に使う人工呼吸器や生命維持管理装置などの装着・操作や保守・点検について学ぶ。

リハビリ系の「理学療法学分野」では、体力の保持増進や障がい、傷病からの機能回復を図る運動療法や物理療法を学ぶ。「作業療法学分野」では、心身に障がいがある人に簡単な作業などを通じて自立した生活をめざす援助法を学ぶ。「言語聴覚・視覚機能療法学分野」は、言語・聴覚、視力などの機能回復をめざす。病院から在宅介護へと移行する現在、リハビリ専門職への期待度は高い。

このほか、障がい者の社会参加を促すノーマライゼーションの観点から、社会的インフラ整備にあわせて義肢装具などの医療技術分野の発展も待望されている。鍼灸や柔道整復など、東洋医学系と現代医学を学んだ医療人を育成する学科なども開設されている。

学べる学科

  • リハビリテーション学科
  • 理学療法学科
  • 作業療法学科
  • 医療工学科
  • 救急救命学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

実践的なカリキュラムで理学療法士をめざしています

甲南女子大学 看護リハビリテーション学部 理学療法学科 4年
O・Wさん(大阪府立池田高校卒)

3年後期 MON TUE WED THU FRI
1 神経筋障害理学療法学 義肢装具学II 福祉用具・生活環境論
2 小児期障害理学療法学
3 脊髄障害理学療法学 高次脳機能障害学 卒業研究 理学療法計画論 老年期障害理学療法学
4 理学療法行動科学 内部障害理学療法学
5 理学療法研究法

ひと言コメント

幼少期から病院での仕事に就くのが夢で、高校生のときに理学療法士という職業を知りました。実際に患者さんと接しながら、社会復帰をサポートできる仕事に魅力を感じめざすようになりました。 1 年次から「解剖学」「整形外科学」などの専門科目があり、レポート課題やグループ学習が多いことも特徴です。学年が上がると、より実践的な授業につながっていき、例えば、3 次には、ペーパーペイシェントや模擬患者さんを実際に評価する「理学療法計画論」などの授業もあります。学内で、こうした多くの演習を積むことで、自信をつけて臨床実習に臨むことができます。臨床実習は人生のなかでとても貴重な経験となり、理学療法士をめざすうえでの大きな糧になっています。

気になる授業

北里大学 医療衛生学部 医療検査学科

チーム医療論(演習含)

チーム医療の構成員として自身の専門性を生かして積極的に医療に参画し、より安全で質の高い医療を実践できるように、チーム医療に関する基本的知識を修得する。医療の流れ、医療チーム構成員とその職能・役割、医療倫理などに対して理解を深める。

病理検査学

 病理検査の際に必要となる組織の扱い方、標本作製法、染色に用いる色素の性質、染色理論、染色結果の解釈と病理診断への応用について学ぶ。病理検査に用いられる用語や技術を理解し、病理検査学実習へスムーズに移行できるよう基礎知識を身につける。

医用工学概論

生体情報の収集に必要な電気・電子工学の基礎、生体計測装置の原理、生体の物理的特性および計測結果の分析・解析に必要となる計算機、ネットワークシステムなどの情報科学の基礎を修得する。高精度かつ安全な生体情報の計測技術についても理解を深める。

将来のフィールド

主な活躍の場

病院、医院 医療・保健施設、福祉施設 医療研究所・健康機器メーカー など

卒業後の国家試験に合格した後は、チーム医療の専門家として、それぞれの専門知識を生かせる職場に進出している。大学病院や民間病院をはじめ、臨床検査センター、保健所、老人保健施設や特別養護老人ホームなどの社会福祉施設、自治体のほか、医療・健康機器メーカー、義肢装具メーカーといった民間企業に進むケースも多い。

現場技術者の再教育や研修、日進月歩の医療科学に対応すべく、大学院も増加の傾向にあり、学究の道もある。

めざす資格・受験資格など

臨床検査技師 臨床工学技士 理学療法士 作業療法士 診療放射線技師 言語聴覚士 救急救命士

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ リハビリに必要なコミュニケーション能力

 リハビリテーションを必要とする人が抱える障がいの種類や症状は多種多様。しかし、共通したものがひとつある。それは「失ったもの」の存在だ。失ったものとは、身体機能や運動能力だけではない。生きていく自信や前向きな積極性といった精神的なもの、さらに、会社や農場できびきびと働いていた頃の自分の姿、愛する家族との暮らし…。こうした人生そのものを「失った」と感じる人も少なくないのだ。リハビリテーションを担当する者には、患者の身体的な状態に加えて、失ったものの喪失感に悩む内面にも目を向ける必要がある。

そこで必要な要素が、コミュニケーション能力だ。まず、人が好きで、人の痛みや悲しみなどがわかり、思いやりをもって接しようとする姿勢が原点となる。そのうえで、患者の趣味や嗜好、生活環境や社会経験、価値観や人生観に至るまでを広く理解することで、心身ともに「回復」させる効果的なリハビリテーションを施せる。

さらに近年の医療・介護・福祉の現場では、チームでの対応が主流だ。医師、看護師をはじめ、介護やリハビリテーションなどの専門職が集まって、一人の患者を多面的にサポートする。その円滑な人間関係構築のためにも、コミュニケーション能力は欠かせない。

看護・保健・福祉分類のその他系統