看護学

看護学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、看護学に関する興味を広げよう。

看護技術とともに患者の心のケアについても学ぶ

何が学べるのか

看護学では、新生児から高齢者まですべての人を対象に、看護に必要な知識・技術を身につけ、そしてケアの方法を研究する。現代医療は、患者の病気の治療(cure)を第一とすることはもちろんだが、患者への配慮(care)も重視する方向へと進んでいる。こうした状況のなか、看護師の役割の重要性は以前に増して高まっており、看護職に進むことは社会的意義が大きいといえるだろう。

看護師は患者とその生活全体に配慮するケアの専門職である。慢性疾患を抱える患者に対しては生活管理の側面の強い医療がなされるが、このような医療にも、看護師は重要な役割を果たす。また、単に病気を治すだけではなく、患者の生き方に配慮し、患者のQOL(Quality of Life)を重視した全人的医療においては、看護師の役割はより重要になっている。

看護師は、専門分野の異なる複数の医療スタッフが一人ひとりの患者を担当するチーム医療において、患者とほかの医療スタッフ間、また医療スタッフ同士をつなぐ重要な役割も果たす。看護師が患者の意思や状況を正確に把握し、それをほかの医療スタッフに的確に伝えることで、チーム全体で情報を共有できるのである。

看護学は、主に看護学系の学部・学科で学ぶ。基礎技術や理論を学ぶ基礎看護学、高齢者の身体、精神の特徴や疾病を学ぶ老人看護学、患者や病気の種類別に学ぶ臨床看護学、高齢化に伴い重要性を増す地域看護学や在宅看護学などがある。さらに医療現場での臨地実習も行う。

患者と直に向かい合い、看護体験を通して学ぶ医療現場での臨地実習は、看護学の最も重要な科目である。また、自然科学、人文科学、社会科学などの基礎知識を学ぶ教養科目も大切だ。実際の看護の仕事では、肉体的ケアはもちろん、患者一人ひとりの個人背景を考えた精神的ケアも重要になる。そのような精神・肉体両面からのトータルケアを行うには、広い視野で深く人間を知り、理解する必要があるからだ。

カリキュラムは、1・2年次で教養科目と専門基礎科目を中心に履修し、3・4年次で専門科目と実習を行う場合が多いが、1年次からの早期実習を行う大学もある。また、最近では、コミュニケーション能力を高めるため、外国語や情報科学の教育も工夫されている。

学べる学科

  • 看護学科
  • 保健学科
  • 保健看護学科
  • 人間看護学科 他

気になる授業

神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部 看護学科

看護技術論I

看護における対人関係の特徴を理解し、すべての看護実践の基盤となる、対象者との関係性を構築・発展させる知識や技術を学ぶ。また、看護の観点から生活行動を捉え、生活行動が健康に及ぼす影響を理解するとともに、基礎的な看護技術を修得することをめざす。

成人看護学(急性期)実習

手術を受ける患者を受け持ち、周手術期看護を実践するほか、救命救急センターや集中治療室を見学し、それぞれの特徴、看護の役割、多職種連携などを学ぶ。急性期にある患者の苦痛の緩和と健康の回復に必要な看護実践能力を磨き、急性期看護の役割を理解する。

将来のフィールド

主な活躍の場

病院・産院 学校(教員) 公務員 老人福祉施設、社会福祉施設 など

めざす資格・受験資格など

看護師 助産師 保健師 養護教諭1種・2種免許

こちらから大学情報を検索できます。

看護・保健・福祉分類のその他系統