薬学

薬学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、薬学に関する興味を広げよう。

バイオ技術の応用で関連分野は拡大

何が学べるのか

薬学とは、薬をはじめとする化学物質と人体との関わりを追究する学問で、基礎薬学と応用薬学に分かれる。応用薬学の研究分野は主に次の4つとなっている。

製薬学系は、医薬品の合成・製造といった開発や製造技術、さらに薬の安全性までを研究する。

医療薬学系は、人体と薬の関わりを理解し、治療にどう役立てるか、医薬品の調剤・調合・使用・管理、さらに副作用の少ない使用法などを学ぶ。

衛生薬学系は、健康の保持と増進をテーマに、公衆衛生、環境衛生、食品衛生といった観点から、人体への影響、安全性や環境に対する化学物質の影響などを学ぶ。

生物薬学系は、自然界の微生物などの生物を、人間の病気の治療薬やワクチンなどに利用するための研究を行う。

さらに近年、薬学には、ライフサイエンスの重要な領域としても大きな注目と期待が寄せられている。なかでもバイオテクノロジーの応用研究はその代表格である。バイオ技術を活用した、遺伝子の組み換えや細胞融合技術といった分子レベルでの技術研究により、インターフェロン、インスリンなど各種治療薬の大量生産が可能になってきている。また、CGを使い分子構造を解析しながら薬の性質を研究することもある。

一方、技術革新による医薬品の進歩・高度化により、医薬分業はますます促進される傾向にある。それに伴い、薬剤師の業務内容も従来の調剤だけでなく、服薬指導や薬歴管理といった、きめ細かな内容が求められており、薬剤師も医療チームの一員として法的に位置づけられる。

こういった状況を背景に、2006年度から薬剤師養成のための教育期間が従来の4年間から6年間に延長された。それに伴い、薬科学科、創薬科学科など、4年制で薬剤師の受験資格の取得を目的としない学科も設置されている。これらの学科は、研究者や企業のMR(医薬情報担当者)育成など多様な薬学教育の果たす役割に配慮し、4年間の学部教育も必要なことから設置された。薬について科学的に研究するところは6年制の学科と同じだが、履修科目や課題研究の期間などは異なる場合がある。

なお、6年制のみと4年制を併設する大学とがある。また、学部一括募集を行い3年次や4年次に振り分ける大学、個別に募集する大学もあるので注意が必要である。

学べる学科

  • 薬学科
  • 薬科学科
  • 創薬科学科
  • 生命薬科学科
  • 医療薬学科 他

気になる授業

京都薬科大学 薬学部 薬学科

薬物動態学

有用性の高い医薬品の創出や、患者個々に最適な投与設計を行うためには、薬物が生体内でどのように吸収・分布・代謝・排泄されるのか、薬物動態を把握することが重要。薬物動態の代表的な解析法、解析の基礎理論、薬物動態パラメータについて学ぶ。

病態薬物治療学A

薬物治療に携わるための知識と思考力を身につけるため、疾患の原因・病態や治療薬の作用を生化学的・生理学的に捉え、臨床検査値の変動と病態との関連性や、治療薬の選択・使用上の配慮などについて、代謝性疾患と腎疾患を中心に学習する。

将来のフィールド

主な活躍の場

薬局・薬店・医療機関の薬剤師 薬品メーカー 研究機関、公務員 化学系、食品・衛生関連企業 など

めざす資格・受験資格など

薬剤師 薬事監視員 登録販売者 臨床検査技師 食品衛生管理者(任用) 毒物劇物取扱責任者

こちらから大学情報を検索できます。

医・歯・薬分類のその他系統