歯学

歯学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、歯学に関する興味を広げよう。

重要性が高まる口腔医療を担う

何が学べるのか

ほとんどの人は一度は歯医者さんのお世話になったことがあるだろう。一般的に歯科医師は、うしょく(むし歯)や歯周病など、口のなかの治療を専門にするお医者さん、というイメージであろう。歯科医師を養成するのが歯学系だと思われがちだが、それだけではない。歯科医師を養成する歯学科と、それ以外の教育を行う口腔保健学科、口腔健康科学科などもある。

歯学の最も大きな役割は、口腔組織や顎、その周辺の疾患を治療して機能を回復させること、そして疾患の予防対策を講じることである。しかし、最近の歯学部における研究や診療の実情を見ると、遺伝子組み換え実験や脳神経外科分野へのアプローチなども進められており、従来のイメージとは様相が大きく変化している。

歯や顎など、口腔部は全身の健康にとって非常に重要な位置を占める部分である。食べることや話すことは、健康な口腔によって初めて成り立つ。したがって、今歯学に求められているものは、単に口腔疾患の治療だけではなく、人間のQOL(Quality of Life)に深く関わっている歯の健康を、体全体の問題として積極的に取り組むことである。このようなニーズに対応して、歯学科では、うしょく(むし歯)や歯周病の治療に加え、顎や顔面の疾患も研究領域としている。さらに、口腔部と深く関係している脳の機能も含めた、幅広い研究が進められている。

研究分野の拡大が進む一方、保健・医療の一体となった歯科教育の重要性にも注目が集まっている。高齢社会に対応した高齢者歯科学や障がい者歯科学、食生活指導などを含めた予防歯科学分野の比重が一層高まっている。また、臨床実習前に行われる全国共通の共用試験(CBT・OSCE)が2005年から本格的に導入された。原則として臨床実習に入る前の4年生を対象に行われる。合格後に、診療の見学や実際に患者の治療を行う臨床実習へと進むことになる。

口腔保健学科や口腔健康科学科など、歯科医師養成以外の教育を行う学科は、近年の口腔疾患の予防や健康管理へのニーズの高まりに応えたものだ。保健・医療・福祉に関する知識を備えた、口腔保健分野での専門家を養成する。修業年限は4年で、卒業時には歯科衛生士や社会福祉士の国家試験受験資格を得ることができる。

学べる学科

  • 歯学科
  • 口腔歯学科
  • 歯科衛生学科
  • 口腔保健学科 他

気になる授業

東京医科歯科大学 歯学部 歯学科

歯科材料の成形技術と臨床

歯科材料の成形加工技術を身につけ、器材の操作とともに、様々な臨床場面において適切な歯科材料を選択するために必要な組成・特性についての基礎知識を修得する。さらに、歯科器材のクラス分類と認証・承認や、生体材料の生体安全性についても学ぶ。

顎口腔医療

外科的治療を要する口腔・頭蓋・顎顔面領域における疾患の病因・病態を理解する。さらに、様々な疾患に対しての予防、診断および治療のための知識と基本的技能を修得する。顔面・顎・口腔領域に発生する疾患に対しての基本的検査、カルテ記載、外科処置についても学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

歯科医院 歯学研究所 保健所 医療関連企業 など

めざす資格・受験資格など

歯科医師 歯科衛生士 歯科技工士 社会福祉士

こちらから大学情報を検索できます。

医・歯・薬分類のその他系統