医学

医学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、医学に関する興味を広げよう。

医学的な知識・技術だけでなく人を理解する心を養う

何が学べるのか

医学は、人間の健康の維持・増進および疾病の予防と治療に貢献することを目的とし、人間を直接学問の対象としているのが特徴である。

その分野は大きく基礎医学・臨床医学・社会医学の3つに分類される。

基礎医学では、主に人体の構造や機能を明らかにする。献体解剖実習などを通じて人体の細かい構造を学ぶ解剖学、呼吸・循環・消化など生命現象のメカニズムを学ぶ生理学、病気の原因を明らかにし、病気の発症から結末に至る論理的な筋道を研究する病理学などの分野がある。

臨床医学は、患者に接しながら各種病気の原因と症状に対する診療と研究を中心に行う。内科系と外科系があり、内科系では、消化器・循環器・呼吸器・神経系などの主に内臓の病気を扱う内科学や小児科学、精神系医学などがある。外科系には脳神経外科学、整形外科学、小児外科学、移植外科学、眼科学などがある。

社会医学には、法医学や、社会集団の健康保持や病気への対策・予防を主に研究対象とする公衆衛生学などがあるほか、地域医療といった医学の社会適応をめざすものも含まれる。

研究領域は、自然科学はもちろん、人文科学、社会科学にまで及び、「いのち」を倫理学や社会学、宗教学、哲学といった学際的見地から考えようというバイオエシックス(生命倫理学)も新たな分野として確立された。

さらに社会全体の医療や健康への関心が集まりつつある。インフォームドコンセントの提唱や終末期医療、緩和ケア、尊厳死といった人間の生と死に関する問題がクローズアップされ、患者の人権あるいは生命そのものへの尊厳を求める声は高まっている。こうしたなか、2005年から全国の医学部で、臨床実習履修前の4年生を対象に、基礎・臨床知識の理解と問題解決能力を評価する客観試験「CBT」と態度・診察技能を評価する客観的臨床能力試験「OSCE」から構成される「共用試験」が実施され、合格しないと臨床実習には進めなくなっている。

医療を取り巻く環境が変化するなかで、医学を志す者には、知識や技術的能力だけでなく倫理的・道徳的責任感、さらに人間を深く理解しようとするヒューマニズムあふれる人格が要求されている。

学べる学科

  • 医学科
  • 生命医科学科 他

気になる授業

京都府立医科大学 医学部 医学科

解剖学

人体を構成する分子・細胞・組織・器官・系の理解と、それぞれの関連について構造を基本的に把握し、それらが機能的・発生学的にどのように関連しているかについて学ぶ。骨学、人体解剖、脳などの各実習を通して、医学・医療を中心とする社会でのチームワーク、協調性を養う。

分子医科学

酵素、遺伝子、ビタミン・ミネラルなど、分子医科学の分野における必須の知識を修得する。実習では研究手法の基礎を修得し、実験を通じて講義で得た知識の理解を一層深めるとともに、生命現象を解析し、疾病の理解へと結びつけていく能力を身につける。

将来のフィールド

主な活躍の場

病院、医院 産業医 医療関連施設 医学研究機関 など

めざす資格・受験資格など

医師 救急救命士 臨床検査技師

こちらから大学情報を検索できます。

医・歯・薬分類のその他系統