文化・教養学

文化・教養学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、文化・教養学に関する興味を広げよう。

多様な文化と幅広い教養を学際的に学ぶ

何が学べるのか

「文化」「教養」という言葉は英語でcultureと表される。この語は語源であるラテン語の「耕す」が「精神を耕す」意味となり、「文化」「教養」に転じたとされる。つまり文化学、教養学は人間の内面を豊かにするものに関わる学問といえる。近年の学部改編や新学部の設置に伴い、このような名称のついた学部・学科が増えてきている。

文化学とは、人間の創り出した様々な文化をいろいろな角度から総合的に捉えていく学問であり、扱うものは人間の生活、宗教、歴史、文学、言語、芸術、思想、メディア、近年では日本のサブカルチャーなどと幅広い。一方、教養学では、人間や文化の解明をめざし、人文科学・社会科学・自然科学を広く学び、あらゆるものを学際的に研究する。その対象は広範囲に及ぶため、広い視野と柔軟な思考力が養われる。

文化学・教養学は学問横断的な研究内容のため、何を研究するかは学生次第、つまり何でも研究の対象となり得る。例えば、アジアやヨーロッパの文化研究や比較文学、言語研究、比較文化や国際文化など地域ごとに分けられるもの、哲学、思想、心理、芸術、歴史、地理など人間一般に関わるもの、メディア、コミュニケーション、社会情報、環境、国際関係といった現代社会に関わるものなどが考えられる。さらに、ボーダレス化の進む社会にあって、ひとつの国家のなかに生活する人々も単一でない多文化時代を迎えており、共通の出自・慣習・言語・地域・宗教・身体特徴などによって個人が特定の集団への帰属を示す「エスニシティ」も大きなテーマとして注目されている。

国際的な問題だけでなく、身近な問題も研究の題材になる。例えば、LINEでのトークやスタンプといった題材も研究対象となり得る。ほかにもジェンダーやポストモダニズム、記号論、身体論、認知論など、多種多様なテーマについて研究することができる。また、フィールドワークをはじめ、各種の社会調査を行う社会学的な方法を研究することも可能だ。

ひとつの学問領域に捉われることなく、様々な視点や領域から多角的に研究できることがこの分野の特徴である。

また、語学力・ITスキル・プレゼンテーション能力など、実社会で必要とされる実践力の養成を重視している大学もある。

学べる学科

  • 文化学科
  • 比較文化学科
  • 教養学科
  • 人文社会学科
  • 文化情報学科 他

気になる授業

国際基督教大学 教養学部 アーツ・サイエンス学科

カルチュラル・スタディーズ入門

文化批判の理論として英国において登場し、発展してきたカルチュラル・スタディーズの歴史や基本的な概念と、身の回りで起きている事象の批判的な考察方法を学ぶ。ファッションや音楽など、ポピュラー文化のなかにどのような“力”が働いているのかを批判的に検討する。

異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーションにおける既存の理論および研究の検証を通じて、「異文化」との出会いの意味を考える。日常にあふれている異質な他者との出会いがどのような“関係性=コミュニケーション”を可能・不可能にしているのかを探る。

将来のフィールド

主な活躍の場

商社 金融 製造、通信 メディア・出版関係 サービス業、旅行関連 学校(教員) など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 司書 学芸員 社会教育主事(任用) 社会調査士

こちらから大学情報を検索できます。