心理学・行動科学

心理学・行動科学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、心理学・行動科学に関する興味を広げよう。

人の心や行動を実験や調査を中心に研究する

何が学べるのか

心理学というと、カウンセラーになるための学問と思う人も多いかもしれない。しかし、心理学は人間の心や行動のメカニズムを科学的に研究する学問であり、カウンセリングはその一部でしかない。心理学には多彩な分野があり、分類の仕方も様々であるが、基礎心理学と臨床心理学に大別される。「基礎心理学」は、知覚や記憶、人や動物の学習のメカニズムを理論と実験によって研究する。認知心理学や教育分野に生かされる発達心理学などの基礎的分野をはじめ、人間と社会の関係を研究する社会心理学、人や動物を実験する実験心理学、得られたデータをコンピュータで処理する情報処理などの心理学研究法などを学ぶ。多くの大学では、この領域が心理学を学ぶ学科の中心となっている。「臨床心理学」は、悩みを抱く人に実際に接して診断治療する実践的な分野で、カウンセリングはこの領域に入る。ストレス社会といわれる現代社会では、最も必要とされる分野のひとつであり、教育心理学、犯罪心理学、防災心理学、スポーツ心理学など、理論と実践の面から心のケアを研究する。

行動科学は心理学の手法を応用して、現代社会における人間の行動を広く研究する学問。企業活動のなかで人がとる行動のメカニズムや、対人関係や集団心理など人間の社会的行動などを心理学から分析する。社会調査、実験室実験、数理的方法、コンピュータ・シミュレーションなどの科学的手法での研究が行われ、統計処理も多用される。大学によっては社会学部や人間科学部でも学べる。

学校・企業などでのカウンセラーの需要は年々増加し、「心の専門家」の必要性は高まっている。例えば、文部科学省は2001年度から「スクールカウンセラー活用事業補助」を進め、現在も公立学校へスクールカウンセラーの配置を続けている。スクールカウンセラーになるには、臨床心理士などの資格を持つ必要がある(臨床心理士資格は、臨床心理士養成の大学院を修了し、資格試験に合格して得られる)。なお、2017年9月に心理職として初の国家資格である「公認心理師」を定める「公認心理師法」が施行、2018年中に第1回公認心理師試験が実施される予定だ。同試験の受験資格は、大学で所定のカリキュラムを学んだ後に、大学院を修了もしくは施設での実務経験を経て得られるため、大学はカリキュラムを改変するなど対応を進めている。

学べる学科

  • 心理学科
  • 臨床心理学科
  • 発達科学科
  • 人間科学科
  • 人間行動学科 他

気になる授業

筑波大学 人間学群 心理学類

心理統計I、II

心理学を学ぶうえで必要となる、主要な統計解析法について学ぶ。「心理学研究と統計」「分布の代表値、分布の散布度」などのテーマを通じて、「心理データ解析」「心理学研究法」「卒業研究」における実験・調査データ解析の技法を身につける。

対人社会心理学演習

コミュニケーション、対人関係、インターネット、メディアに関わる文献講読および現代の社会現象に対する論評を行い、社会心理学における様々な研究手法について理解を深める。また、ディスカッションを通して、各自の興味・関心を明確化する。

将来のフィールド

主な活躍の場

心理カウンセラー ケースワーカー 教育・福祉関係 病院 など

めざす資格・受験資格など

認定心理士 臨床心理士 公認心理師 臨床発達心理士 心理カウンセラー 精神保健福祉士 産業カウンセラー 児童福祉司(任用) 社会福祉主事(任用)

こちらから大学情報を検索できます。