哲学・倫理学・宗教学

哲学・倫理学・宗教学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、哲学・倫理学・宗教学に関する興味を広げよう。

「生きること」の根源について考える

何が学べるのか

哲学・倫理学・宗教学の分野では、人間が生きていくうえで避けることのできない「生きる意味」「生き方」「信仰」といった「見えないもの」への問い、あるいは、これらを問うこと自体の意味について学問的に探究する。

哲学は、人間の存在や思考に関する諸問題を研究する。様々なかたちに分類されるが、おおまかに西洋哲学と東洋哲学に区分される。西洋哲学では、古代(ギリシア哲学)、中世(キリスト教哲学)、近世(ルネサンス以降)、近・現代といった時代区分や、現象のみを実在とする立場をとる現象学、言語分析や概念分析を中心的な手がかりとして様々な問題を考える分析哲学といった方法論的区分がなされる。また、東洋哲学には、インド哲学、中国哲学や日本哲学などがあり、仏教思想や儒教思想とも深く関わる。哲学で扱われるテーマには、真、善、美、正義、神、存在、時間、知識、本質、同一性、理性、因果、自己と他者などがある。

倫理学には、伝統的な研究に基づく、価値、自由、愛、行為などの倫理に関する諸原理についての研究と、これら原理の個別領域への適用である応用倫理とがある。生命の質と尊厳とを扱う生命倫理、環境と人間との関係を扱う環境倫理、情報開示やインターネット社会での諸問題を扱う情報倫理、営利追求を目的とする企業が社会に対して遵守すべき規範としての企業倫理など、現代社会の諸問題も取り扱う。また、生物学、医学、心理学など、他分野と共同で進める研究もある。

宗教に関する学問では、宗教や宗教的行為について研究する宗教学や、真理や神の存在を哲学的な側面から研究する宗教哲学などの宗教一般の研究と、仏教学、キリスト教学、イスラム教学をはじめとする個別の宗教の研究とに分かれる。個別宗教の研究では、制度や施設に関する研究も行われ、地域や集団、歴史などによる相対化に取り組んだり、社会学、文化人類学の視点から研究を進める大学や、聖職者の養成を目的にする大学もある。

これらの学系は、どこを足場にしても、根源的に問うという姿勢は変わらない。グローバル化の進む現代が劇的な変化を続けるなかで、「何のために生きるのか」「どのように生きるべきか」などの普遍的な問いに対して、人間の根源的な在り方という視点からの提言を行っている。

学べる学科

  • 哲学科
  • 神学科
  • 仏教学科
  • キリスト教学科
  • 東洋思想文化学科 他

気になる授業

南山大学 人文学部 キリスト教学科

聖書入門B

新約聖書世界の歴史的背景、新約聖書の全体構成、新約聖書の聖典成立史を概観する。これらを踏まえたうえで、イエスを中心とした4つの福音書の物語から黙示録まで、27の書物を順番に読み解き、新約聖書の中心的な神学的概念や教会における位置づけを理解する。

キリスト教学演習IA

近代以降の西洋思想および思想と関わりの深いキリスト教文化、日本を含めた現代世界における宗教・無宗教の状況のなかから、関心のあるテーマを設定。文献・資料を調査・読解する技術を学ぶ。現代の宗教状況に対する専門的な知識を身につけることを目標とする。

将来のフィールド

主な活躍の場

メディア・出版関係 公務員 学校(教員) 金融、商社、流通、製造、サービス 寺社、教会 など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 司書 学校図書館司書教諭 社会教育主事(任用) 社会福祉主事(任用) 学芸員

こちらから大学情報を検索できます。