史学・地理学

史学・地理学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、史学・地理学に関する興味を広げよう。

時間・空間を軸に人間の営みを探究する

何が学べるのか

歴史学と地理学は、それぞれ歴史と空間・自然との関わりから文化・社会など、人間の営みを探究する学問である。歴史学は「時間」を軸に、地理学は「地域(空間)」を軸に考察を進めていく。両者は一見関係が薄いように感じられるかもしれないが、歴史学は過去の文書や日記、地理学は地図・絵図といった二次元の史料と、遺物などの実地調査に基づいて研究を進め、その時代の社会状況を立体的に再構成することを究極の目的とする点で、実際は関連の深い分野だといえる。

すべての出来事には原因があり、それが結果につながっている。歴史学とは、それらが複雑に入り組んだ因果関係を解きほぐし、過去の政治・経済・社会の構造を明らかにする学問である。大別すると、日本史、西洋史、東洋史の3分野があり、宗教、戦争、大衆生活、文化などのテーマ史研究もある。そこから抽出した史実が、現在あるいは未来について考える際の指針とも知恵ともなり得る。特に現代のようにグローバル化・ボーダレス化の進展によって、国家間の関係が大きく変化している時代にあっては、その意義は大きい。

大学の歴史研究は、高校までの歴史学習とは違い、史料を読み解き、当時の世相や民族性を捉えるという創造的な学問である。

一方、地理学は土地を対象とし、地形や産業、交通、気候、土壌などについて地域的な特性や問題点などを解き明かしていく学問である。これらの条件が人々の暮らしや社会に与える影響を考察し、問題点を浮き彫りにすることで、より暮らしやすい社会をつくるための方向性、解決策を模索する学問ともいえるだろう。

日本は、特に地震や台風など自然災害の多い国である。地形、気候などの地球環境における自然現象を対象とする自然地理学では、これらの現象が発生するメカニズムを学ぶとともに、環境問題や自然災害の被害をいかに最小限にくい止めるかについても研究し、街づくりに還元する計画なども練っている。

また、人文地理学では、人口、民族、言語、集落、政治、経済などを、歴史的な変遷と時代ごとの地理学的な特色の双方から総合的に考察し、生活スタイルや都市形成、産業の振興につなげる研究なども行われている。

学べる学科

  • 歴史学科
  • 史学科
  • 歴史遺産学科
  • 地理学科
  • 文化財学科 他

気になる授業

慶應義塾大学 文学部 人文社会学科

日本史概説1

3世紀以後の日本列島において邪馬台国段階から進んで倭国が生まれ、さらに7世紀に古代国家としての日本が成立していく過程を政治と法制の両面からたどる。また、東アジアの国際情勢を背景に、国内政治の変遷や法制の整備状況についても概観する。

東洋史演習IB

中近世のエジプト経済に関する研究書を読み、参考文献を調べて報告を行い、討論する。オスマン朝治下エジプト地域の歴史の流れを理解したうえで、商人と地域産業、国際商業との関わりなどに着目。中近世イスラーム世界の商業・経済の在り方について考察する。

将来のフィールド

主な活躍の場

メディア・出版関係 研究職 公務員 旅行会社 測量会社 学校(教員) 図書館、博物館 など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 測量士補 司書 学校図書館司書教諭 学芸員 旅行業務取扱管理者(国内・総合)

こちらから大学情報を検索できます。