外国文学

外国文学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、外国文学に関する興味を広げよう。

異文化の文学を肌で感じる

何が学べるのか

文学は私たちに他者の思考や人生、異なる社会や世界を体験させてくれるものである。これを趣味の鑑賞の域にとどめず学問として専攻するということは、その表現技巧や詩的言語を分析したり、歴史的・文化的背景やジェンダー、精神分析の諸理論などの様々な視点から新しい読解の可能性を探ったりするということだ。言語表現そのものへの理解と、作品成立の背景・土壌となる文化・社会への理解とが複合的に組み合わさって初めて、文学テキストは理解できる。そのため幅広い知識や興味が必要である。

外国文学系には、英米文学をはじめ、ドイツ文学、フランス文学、中国文学などの学科がある。ジャンルは小説・戯曲・詩・評論など多岐にわたり、そのアプローチも、作家研究、特定地域・時代の文学研究、あるいは、異種の文学の比較研究と様々である。文学作品にアプローチするように、映画や歌などほかの芸術作品を研究対象とすることも増えている。

文学作品を糸口に、あるいは文学テキストとその外側のコンテキスト(文化・社会・歴史的文脈)とを区別せず、その文化圏の様々な事象(例えば自然観、戦争問題、スポーツ文化、ポップ・カルチャーなど)を究明していく。また、歴史学や宗教学からのアプローチによる作品研究も多くなっており、複数分野にまたがる学科で研究を行うケースもある。

外国文学専攻に語学習得は大前提で、特に読解力を伸ばす訓練は不可欠だが、大量の文献資料に日々取り組むことで、読解の実力がつくともいえる。また、作品講読に加えて、文学作品の背後にある異文化への広く深い理解を得るために必要なコミュニケーション能力を養う、総合的な語学力向上をめざしたカリキュラムを設定している大学は数多い。

文学テキストの向こう側を読み解くためだけでなく、今日の外国文学系の学問は外国語系の領域にも深く浸透している。国際化社会に適応して実業社会においても活躍できる有用な人材を輩出するために、コミュニケーションツールとしての語学を重要視していく傾向にある。留学や海外研修、ワーキング・ホリデーなど独自のプログラムを用意し、語学力・コミュニケーション能力を伸ばしたいという学生の要望に応えている大学も多い。

学べる学科

  • 英語英文学科
  • 英語英米文学科
  • フランス文学科
  • ドイツ文学科
  • 中国文学 他

気になる授業

東京女子大学 現代教養学部 人文学科  ※2018年4月改組。下記授業は国際英語学科に引き継がれる予定。

英文学史I

中世・ルネサンス期から王政復古期に至るまでのイギリス文学の歴史を、政治・経済・文化の有機的な発展という観点から概観する。社会の変化と文学ジャンルの変容・交替のメカニズムを個別の作家・作品を中心に学ぶことにより、文化構造論的にイギリス文学を把握する。

英語文学演習(小説)A

チャールズ・ディケンズの小説『大いなる遺産』を題材に、そこに見られる様々な文化表象を読み解く。小説の背後にある階級、犯罪、貧困などの諸問題を分析する方法を学び、イギリスの文学・文化の深層を探り、現代に通じる19世紀のイギリス文化の本質を解明する。

将来のフィールド

主な活躍の場

商社、金融、流通、運輸、外資系の企業 メディア・情報通信 通訳、翻訳 航空会社 旅行会社 語学学校 公務員 学校(教員) など

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 司書 学芸員 通訳案内士

こちらから大学情報を検索できます。