日本文学

日本文学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、日本文学に関する興味を広げよう。

言葉の芸術を通して人間の本質を探る

何が学べるのか

日本文学を学ぶということは、日本の長い歴史のなかで育まれてきた言葉や、その言葉によってつくられた文学を知るということにある。また、今日では、日本の言葉と文学とが、様々な分野とどのように関わっているのかを学ぶことも重視されてきている。

文学作品にはそれぞれ、その時代ごとの人々の喜怒哀楽の感情や、ものの見方・考え方が込められている。文学研究とは、作品を通して多彩な人間の有り様を感じ取り、人間の存在そのものに触れようとすることであり、人間科学的な側面を持つ学問であるといえるだろう。哲学や歴史学、文化人類学、心理学、社会学など周辺領域の学問とも結びつく。近年では、映像表現やマンガ・メディアとの関係性も重要視され、研究されている。

また、研究領域のひとつとして、日本語の音韻や語彙ごい、文法などについて学ぶ国語学・日本語学がある。作品読解に深く関わる学問であると同時に、言語学の 1 分野として設定されている領域でもある。古代から現代までの言葉の変遷や方言研究なども含まれ、対象範囲は広い。そして近年の国際交流の活発化で日本語学習が盛んになっていることもあり、日本語教育学として力を入れている大学も増えている。

研究の方法は様々であり、例えば、一人の作家の軌跡を追うこともできるし、作品の登場人物の心理分析をすることもできる。文学作品に由縁のある地を訪れて研究するフィールドワークや、言葉が使用される背景となっている時代の、社会や文化・風俗について研究を深めたり、日本と外国の文学作品を比較しながら相互関係を探っていくといった方法もある。

大学により、小説、詩、和歌、俳句、戯曲、物語、随筆など、分野別に研究するところもあれば、文学史、作家論、作品論などを扱うところもある。また上代、中古、中世、近世などの古典文学、近・現代文学と、時代別に研究するところもある。このように、研究対象範囲が広いため、大学によって「得意分野」が異なるのも事実である。また、教授陣の専門分野や図書館の資料なども、大学ごとに特色がある。自分の興味ある分野と志望大学の得意分野が合うかどうか、あらかじめ大学案内などで講義テーマを調べるなどして確かめておく必要があるだろう。

学べる学科

  • 日本文学科
  • 日本語日本文学科
  • 国文学科
  • 国語国文学科
  • 人文学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

国語と書道を中心に日本語教育を学んでいます

國學院大学 文学部 日本文学科 日本語学専攻 3年
K・Kさん(栃木県出身)

3年後期 MON TUE WED THU THU SAT
1 道徳教育の理論と方法(中・高)
2 現代日本語研究 2
3 国語科教育法 2 書道実習 3 特別活動の理論と方法(中・高) 書道科教育法 書道実習 2
4 言語学概論 2 日本書道史 2 日本語音声学 2 言語学演習
5 中国書道史 2 日本語教育研究 2
6 日本語教授法 2 生徒指導(中・高)

ひと言コメント

将来国語の教師になるために専門的な知識を得たいと思い、日本文学科へ進学。現在は、中学・高校の国語と書道の教職課程と、副専攻の日本語教育の授業を中心に履修しています。日本語学に関わる授業では、古代から現代の文学作品のなかで使われている言葉を分析し、普通の生活で使われている流行語なども研究しています。書道に関する授業では、文字そのものの歴史や変遷について学修。書道の授業がきっかけで、文字や言葉への興味が高まり、美術館や展示会に足を運ぶことが増えました。また日本語教育に関する授業では、日本語の一つひとつについてよく考えるようになりました。日本文学科の学びを通して、人生が豊かになったと実感しています。

気になる授業

九州大学 文学部 人文学科(文学コース)

国語学講義III(現代語の史的研究)

日常使用している言語がどのような変化を遂げて現在に至ったのか、時代をさかのぼ って変遷の足跡をたどる。できるだけ身近な語彙ごいを取り上げ、「言語は変化する」という点を理解することを目標に、文法や語彙ごいの変化について、らぬきことば、新語・流行語などの事例を基に研究する。

国文学講義III(江戸時代の漢詩文)

近世(江戸時代)の文学を韻文・散文・芸能に大別。講義では韻文、特に漢詩文の歴史について理解を深める。漢詩文史を中心に、近世の思想や文学の推移の見取り図を描くとともに、作品読解を通して、時代特有の考え方や表現技法を考察する。

国語学演習I(言語史資料としての万葉歌)

万葉集の表記について日本語史の観点から分析を行い、奈良時代における日本語の諸問題を考察する。「万葉集西本願寺本巻四」をテキストとして、短歌形式の歌を一首、各自で選択。自ら設定したテーマについて調査し、考察の結果を発表する。

将来のフィールド

主な活躍の場

マスコミ・出版関係 教員・日本語教員 一般企業 図書館、博物館 公務員 など

マスコミ・出版社の編集者など言葉に関わる仕事を希望する人が多いが、競争率は高く、非常に狭き門となっている。中学校・高校の国語教諭をめざす人も多い。また、外国人に日本語を教える日本語教員も人気を集めている。

大学院に進学し、職業として文学研究を続ける人や大学・短期大学などの教職に就く人もいるが、大半は公務員や一般企業に就職している。業種は多岐にわたり、様々な分野で活躍している。

めざす資格・受験資格など

中学校・高校教諭1種免許 司書 学校図書館司書教諭 学芸員 日本語教員(日本語教育能力検定)

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ お笑い芸人の芥川賞受賞をめぐる火花散る(!?)論議

お笑い芸人の又吉直樹さんの小説『火花』が、2015年上半期の芥川賞を受賞。それを受けて、“出版界を盛り上げるための話題づくりではないか”という論議が巻き起こった。『火花』は同年、三島由紀夫賞の受賞候補にもなっており、芥川賞の受賞は、もちろんその文学性が認められたからこそのものだろう。しかし実際、「お笑い芸人の芥川賞受賞」というふれ込みが話題となって売り上げにつながっており、批判的な意見が出てくるのもうなずける。

また、芥川賞の創設にはこんなストーリーもある。芥川賞は、1935年、作家で当時『文藝春秋』の発行人だった菊池寛が創設。実はその菊池自身が、「芥川賞は、半分は雑誌の宣伝にやっているのだ」と明言しているのだ。つまり、話題性を兼ね備えた『火花』の受賞は、その真偽はともかく、菊池のこの言葉どおりのものだったといえる。

とはいえ、『火花』が読み物として人々の心を動かしたのは確か。1956年に芥川賞を受賞した石原慎太郎は『火花』の受賞当時、「(お笑い芸人という仕事をしていると)人生観とかものの見方はほかの若者とは違うだろうから、ぜひ読んでみたい」と語っていた。本は自ら手にとって読んでみなくてはわからないもの。どんな作品であれ、興味をひかれたものであれば迷わず読むことをおすすめする。