政治学

政治学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、政治学に関する興味を広げよう。

公共的な問題に関する意思決定の在り方を研究

何が学べるのか

「政治」と聞いて何を思い浮かべるだろう。マスメディアを通して接する情報などから「政治」に興味を持つ人も多いのではないだろうか。政治とは、公共的な問題に関する様々な意思決定過程にほかならない。そうなると政治の担い手は、国会議員などの政治家だけではなく、地域住民の場合もある。私たちの住む地域社会の在り方について、共同で討議し、それを訴えかけようとすることも政治なのである。

政治学の扱う領域は、政治家や官僚の動向、地方自治や草の根の民主主義、住民投票などにも及ぶ。むろん、それだけにはとどまらず、外交などを扱う国際政治学、歴史分野を扱う政治史もある。

公共政策では、少子化問題や環境問題、高齢者福祉問題、防衛問題、農業問題など、私たちの生活の根幹に関わる問題を学ぶ。政策学では、政策を立案、実行するための知識や技術を学んでいく。

また、古代ギリシャのプラトンなど、紀元前からの学問的蓄積を誇る政治学においては、政治思想史も重要な位置を占めており、幅広い分野に及んでいる。

とはいえ現代においての政治の根本は、やはり議会制度にある。議会(国会)が国権の最高機関(意思決定機関)だからだ。政治は憲法などの法に基づいて行われるが、良かれ悪しかれ人間くさい部分がつきまとう。例えば、議会外での取り引きや政党間の調整、圧力団体や経済界の働きかけ、政治家と官僚との癒着などである。そうした動態を探るのも政治学の役割である。

民主主義や国民主権といった見地から政治を批判する場合でも、実際に政治の舞台および舞台裏で何が行われているのかについて分析する必要はある。外交に関しても、表面に出てこないような取り引きや密約などが往々にして存在する。

法学が、ある種の健全な「タテマエ」を追究する学問であれば、政治学はその裏にある「ホンネ」を探る学問である。また、政治は経済学や法学、社会学などとも密接に関連しているため、それら隣接した学問を学ぶことも多い。私たちの住む社会をより良いものにするために、幅広い知識と問題解決能力を身につけることが必要とされているのである。

学べる学科

  • 政治学科
  • 政治経済学科
  • 国際政治経済学科
  • 法律政治学科
  • 総合政策学科 他

気になる授業

名古屋大学 法学部 法律・政治学科

国際政治史

19世紀後半の「帝国主義の時代」以降の国際政治史をアメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカなど、地域横断的かつ多角的、複合的な観点から考察する。帝国の形成と植民地政策、帝国の解体と民族の自決といった諸問題を中心に、国際政治の変動について考える。

現代日本の政治と行政

第2次世界大戦後の日本における政治と行政の主要トピックを取り上げ、その原点や変遷、現代的問題状況を概観的に捉える。参考文献やビデオ教材、日々の新聞なども参照しながら、現代日本政治への理解を深め、日本政治の現状に対する主体的判断能力を修得する。

将来のフィールド

主な活躍の場

メディア 金融・保険 製造業 NGO・NPO 公務員 など

めざす資格・受験資格など

司書 司法書士 行政書士 社会教育主事(任用) 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。

法・政治分類のその他系統