法学

法学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、法学に関する興味を広げよう。

「司法制度改革」により変わりつつある法学

何が学べるのか

法学部は法律を学ぶところ、と当たり前のように思われている。確かに法学部は、六法(憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法)や行政法、労働法、税法、国際法などその他の諸法律の条文解釈や運用といった、法の知識を身につける場である。しかし、それだけではなく、個々の法律が社会正義や憲法で保障されるべき人権にかなっているのか、法と道徳はどのように違うのか、またそもそも正義とは何かといった哲学的な問題なども扱い、広い意味で「法」を学ぶ学部でもある。

社会科学を学ぶことの目的が社会を構成する人々の幸福の前進であるように、法学を学ぶことの目的は社会ルールにのっとった権利の実現・救済の前進である。したがって、法学部で学んでいく際、何らかの実利的な動機があるのは当然としても、まずは権力の暴走を常にチェックしていく民主主義的理性が必要とされている。

法学に関連する環境も変化している。法科大学院を修了した学生を対象とした2006年度以降の司法試験からは、法学履修者で2年、未履修者で3年の学習後に受験できる。合格率が旧司法試験よりも高くなり、法曹界への進路も、これまでより広がってきたといえるだろう。また、2006年の日本司法支援センター(法テラス)設立、2009年5月の裁判員制度の開始など、司法制度改革が進められている。一方で、法科大学院の定員割れ問題に対して、公的支援の見直しの強化が図られている。

社会における法律そのものが果たす役割は大きくなってきている。グローバル化による国境を越えたモノや人の流通量の激増に伴い、国際法・国際関係法の重要性が増している。インターネットの普及によって、ネット上での人権侵害や個人情報の漏洩ろうえい、ネット通販におけるトラブルなど、情報化社会における法と情報の関係も変化してきている。また、コンプライアンス(法令遵守)の時代になり、ルールに基づいた企業経営の必要性が叫ばれ、法律知識の重要性は日々増加している。

法律は私たちの社会や生活と密接に関わっており、法学は、弁護士や検事などの専門職をめざす人だけの学問ではない。現実に進行している実社会の複雑な状況や事態に対して、法的見地を含めて多面的に考察できる実践的な問題解決能力を身につけられる学問でもある。

学べる学科

  • 法学科
  • 法律学科
  • 法経学科
  • 法政策学科
  • ビジネス法学科 他

気になる授業

一橋大学 法学部 法律学科

国際組織法

国際連合および専門機関などの国際組織の目的、任務、構造、活動を法的な観点から学ぶ。特に国際組織の歴史的発展、組織構造、活動について基本的な内容を理解し、関係する事例の的確な分析と評価ができるようになることを目標に学ぶ。

金融商品取引法

金融商品取引法の主要規制である金融商品の発行・流通の仕組み、発行市場・流通市場における各種開示規制、不公正取引規制などについて、具体的な事例を交えて学ぶ。実際の上場企業の開示資料や報道も参照しながら、法令に基づく企業の実務を検証する。

将来のフィールド

主な活躍の場

弁護士・裁判官・検察官 司法書士・行政書士 税理士 弁理士 公務員 金融、商社、メーカー、メディア など

めざす資格・受験資格など

司法試験(弁護士・裁判官・検察官) 司法書士 行政書士 社会保険労務士

こちらから大学情報を検索できます。

法・政治分類のその他系統