国際学

国際学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、国際学に関する興味を広げよう。

地球規模の課題を学際的・実践的に学ぶ

何が学べるのか

増え続ける難民や領土の問題、多発するテロや地域紛争、社会全体に広がる貧困や格差、地球温暖化など、世界は現実的かつ深刻な問題に直面している。国際学は、国内外で発生する現象や問題に対して、政治・経済、歴史・地理、民俗や宗教、言語・文化などの多様な学問をベースにしながら、地球レベルの視点から全体を把握・理解し、具体的な解決策をめざして実践的に研究する。異なる文化や言語、政治体制や宗教などが共存する複雑な国際社会への広い視野と理解力を身につけるため、既存の学問領域を越えた複合的・学際的な取り組みが必要となる。政治・経済問題をはじめ、民族紛争、発展途上国の開発問題、文化面での交流や衝突など、多様なテーマで研究を展開する。海外の現地を訪れるフィールドワークも盛んに行われており、幅広い教養や知識、語学力や異文化コミュニケーション能力も必要となる。

研究領域には、国家間の関係について、国際政治学・国際経済学などを含む国際関係学の立場から研究する分野がある。国際関係を構成するのは、主権国家のほか、多国籍企業、NGO(非政府組織)、国際連合・IMF(国際通貨基金)・WTO(世界貿易機関)などの国際機関、EUなどの国際共同体などである。これらが複合的、重層的に国際的な関係を形成する。政治や経済、安全保障や外交などの様々な主体や要因の動向を、実証や理論によって研究する。また、国際文化論を軸にする分野では、衣食住、思想や宗教、生活様式など文化的側面に着目して、国や地域の特徴を研究する。それぞれの文化比較や交流を研究することで、異なる文化の相互理解や多文化共生時代への手法も探求する。さらに地球温暖化や野生動物種の絶滅など、一国や一地域だけでは解決することが難しい地球規模の問題について研究する領域もある。

現在、地球上には約200の国・地域がある。しかもひとつの国のなかに複数の民族や言語があり、習俗や習慣、宗教や歴史も異なることは珍しくない。世界は今、言語や民族の異なる人々が、国の立場や文化や宗教の違いを認め合いながらも対等で良好な関係を築ける、共生社会へと動き始めている。そこでは、様々な違いを受け入れ、理解し、対応する力が求められている。その素養を国際学を通じて学び取ることができるのである。

学べる学科

  • 国際学科
  • 国際関係学科
  • 国際文化学科
  • グローバルコミュニケーション学科
  • 国際教養学科 他

気になる授業

立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 アジア太平洋学科

国際問題と政策JB

国際社会が抱える重大な問題のひとつとして、戦争被害者の救済が挙げられる。国家間交渉の妥結が被害者の十分な救済につながらなかった事例を取り上げ、その原因を分析する。また、被害者の救済と密接に関係する被害の記憶と伝承の問題についても考察する。

グローバル化と地域主義JA

「外交」の歴史を振り返りつつ、その本質を理解する。いわゆる「古典外交」から「旧外交」、そして「新外交」へとたどり、冷戦構造終焉後のグローバリゼーションに伴う外交の多様化の流れを把握。2015年に改訂された日本の「開発協力大綱」の意義も考える。

将来のフィールド

主な活躍の場

外資系の企業 公務員 金融、製造業、商社などの海外部門 旅行会社 メディア など

めざす資格・受験資格など

通訳案内士 旅行業務取扱管理者(国内・総合) 日本語教員(日本語教育能力検定)

こちらから大学情報を検索できます。

国際分類のその他系統