食物・栄養学

食物・栄養学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、食物・栄養学に関する興味を広げよう。

理想的な食の在り方を求めて

何が学べるのか

戦後、今日に至るまで日本人の食生活は大きく変わった。社会や生活スタイルの変化に呼応し、その内容は多様化しているばかりか、食事のとり方ひとつ取っても様々な変化を見せている。食生活が、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病につながったり、成長期の子どもの発達に影響を与えたりしている。また、外食の増加により、食産業に新たな形態が登場するなど、在り方も変化している。

こういったなかで、食に関する様々な問題が注目を集めるようになってきた。例えば、食品添加物や遺伝子組み換え食品の安全性、食料自給率の低さ、食料生産と環境との関係、化学物質による食物汚染など、今日の食を取り巻く状況を考える際には、あるひとつの学問分野だけで考えるというより、広く様々な学問分野の視野に立って捉えなければならないものとなっている。

食物・栄養学系の学部で学べるのは、

  • 生体と摂取される食物との関係を考える科学
  • 食品に関する科学
  • 生活文化の側面から食を考える科学

の大きく3分野に関わる複合的・総合的学問である。

例えば、①では栄養学、生理学、臨床栄養学、栄養指導論などの分野を、②では食品学、食品科学、食品衛生学、食品加工貯蔵学、調理学などの分野を、③では食文化論、食料経済、フードコーディネート論などの分野を、自分の興味・関心や問題意識、将来の目的などに応じてそれぞれ学んでいく。

栄養機能、感覚機能(味や匂い)、生体調整機能を持つ食物・食品は、その調理や摂取のされ方といった文化的・社会的な側面も合わせて、私たちには不可欠なものである。だからこそ、豊かで安全な食生活について考え、それを実践するために、食物や食品について幅広く学ぶことには大きな意義がある。

食物・食品については、一般的に生活科学系で学ぶことが多いが、ほかにも農学・農芸化学・生命科学系、酪農・畜産学系、水産学系でも研究対象となっている。また最近では、医学や工学分野とも連携した学際性の高い研究も行われている。こうした学問間の壁を越えた総合的な研究は増える傾向にあり、より幅広い研究ができるようになってきている。

学べる学科

  • 管理栄養学科
  • 栄養健康学科
  • 食物栄養学科
  • 栄養科学科
  • 食物学科 他

気になる授業

金城学院大学 生活環境学部 食環境栄養学科

食品衛生学

食中毒や食品事故の要因となる微生物、寄生虫、異物などのほか、食品に残留して健康被害を起こす恐れのある農薬、重金属などの化学物質やカビ毒などの天然成分についても学ぶ。生物的、化学的、物理的危害要因とそのリスクを理解し、これらのリスク低減方法について考察する。

食品機能学

タンパク質やビタミン、ミネラルなどの食品成分が、どのように体に機能するかを体の働きと関連づけて学ぶ。食品の分類および成分を理解し、人体や健康への影響に関する基礎的知識を修得する。食品の表示と規格基準についての知識も身につける。

将来のフィールド

主な活躍の場

保健所、病院、学校(教員)、福祉施設 外食産業、流通、販売 食品会社 パティシエ 給食センター 消費者センター など

めざす資格・受験資格など

栄養士・管理栄養士 食品衛生管理者(任用) 中学校・高校教諭1種免許 栄養教諭1種免許 食品衛生監視員

こちらから大学情報を検索できます。

家政・生活科学分類のその他系統