スポーツ・健康科学

スポーツ・健康科学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、スポーツ・健康科学に関する興味を広げよう。

スポーツの楽しさや奥深さを探究する

何が学べるのか

高齢化に伴う、生涯学習や健康に対する関心の高まりによって、競技スポーツばかりでなく、自らが楽しむためのものやストレス解消、生活習慣病の予防といった健康づくりを目的としたものまで、スポーツのニーズは多様化している。

その状況に応えるかたちでスポーツ・健康科学系学部も改編が進み、科学的・学術的探究と実践による高度な知識・技術を修得することが要求されている。

研究領域は、大きく分けると次の4つが挙げられる。

「学校体育系の分野」では、子どもから大人まで生涯にわたる健康や体力の維持・増進に必要な科学的知識と広い視野を持った指導者・研究者を育成する。生理機能の分析などを通して、スポーツ文化の発展をめざす。中学校・高校で保健体育の教師をめざす人にとっては最適といえる。

「トレーニング科学系の分野」では、スポーツを競技として捉え、それぞれの競技特性に適した科学的トレーニングを取り入れ、効果的なコーチング技術や指導法などを学んでいく。スポーツの在り方や運動の方法、人の動きについての測定法や解析の手法などを身につける。コーチやトレーナー、または専門的アスリートを志す人を対象としているのが特徴である。

「社会体育系の分野」では、ライフスタイルの一要素となったスポーツを、社会学的観点から把握し、地域社会や企業内でのスポーツ指導者、レクリエーション指導者、さらにスポーツインストラクターなどの育成を目的としている。また、スポーツ施設や組織の効果的な運用・活用などを学び、地域社会の、そして人々の生活が向上するための専門的知識や技能なども学んでいく。

「健康科学・スポーツ医科学系の分野」では、健康の維持・向上や生活習慣病の予防および運動処方、スポーツ損傷の対策、リハビリテーション、保健・衛生といった医学的分野を含めた総合的な観点から探究が行われる。

どの領域でも授業では実習が重視されるので、進みたい大学のキャンパスにスポーツ施設・設備は充実しているかを確認しておきたい。

分野は違っても、スポーツの楽しさ、すばらしさ、奥深さを求め続け、様々な科学的アプローチによって人間そのものを探究する学問である。

学べる学科

  • 体育学科
  • スポーツ科学科
  • 人間健康学科
  • 健康科学科
  • スポーツ健康科学科 他

気になる授業

日本大学 スポーツ科学部 競技スポーツ学科

競技スポーツ原論

スポーツのなかでも競争性の比重が高い競技スポーツについて、その起源と歴史的変遷、文化的特性、社会に与える影響などを学習する。スポーツを学際的・総合的に学ぶための基礎的能力を身につけ、スポーツ科学の理論体系に対する理解を深める。

チームマネジメント論

競技スポーツにおけるチームマネジメントの基本的概念や特徴および環境に応じたマネジメントの実践事例について理解する。個々のプレーヤーとしてだけではなく、チームとしての相乗効果を引き出す戦略的経営者としてのコーチの役割、マネジメント活動について学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

体育施設の指導員・コーチ・トレーナー スポーツ用品メーカー 健康関連産業 医療・衛生分野 学校(教員) など

めざす資格・受験資格など

健康運動指導士 公認スポーツ指導者 障がい者スポーツ指導員 レクリエーション・インストラクター 健康運動実践指導者 ジュニアスポーツ指導員 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。

スポーツ・健康科学分類のその他系統