スポーツ・健康科学

スポーツ・健康科学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、スポーツ・健康科学に関する興味を広げよう。

スポーツの楽しさや奥深さを探究する

何が学べるのか

高齢化に伴う、生涯学習や健康に対する関心の高まりによって、競技スポーツばかりでなく、自らが楽しむためのものやストレス解消、生活習慣病の予防といった健康づくりを目的としたものまで、スポーツのニーズは多様化している。その状況に応えるかたちでスポーツ・健康科学系学部も改編が進み、科学的・学術的探究と実践による高度な知識・技術を修得することが要求されている。

研究領域は、大きく分けると次の 4 つが挙げられる。

「学校体育系の分野」では、子どもから大人まで生涯にわたる健康や体力の維持・増進に必要な科学的知識と広い視野を持った指導者・研究者を育成する。生理機能の分析などを通して、スポーツ文化の発展をめざす。中学校・高校で保健体育の教師をめざす人にとっては最適といえる。

「トレーニング科学系の分野」では、スポーツを競技として捉え、それぞれの競技特性に適した科学的トレーニングを取り入れ、効果的なコーチング技術や指導法などを学んでいく。スポーツの在り方や運動の方法、人の動きについての測定法や解析の手法などを身につける。コーチやトレーナー、または専門的アスリートを志す人を対象としているのが特徴である。

「社会体育系の分野」では、ライフスタイルの一要素となったスポーツを、社会学的観点から把握し、地域社会や企業内でのスポーツ指導者、レクリエーション指導者、さらにスポーツインストラクターなどの育成を目的としている。また、スポーツ施設や組織の効果的な運用・活用などを学び、地域社会の、そして人々の生活が向上するための専門的知識や技能なども学んでいく。

「健康科学・スポーツ医科学系の分野」では、健康の維持・向上や生活習慣病の予防および運動処方、スポーツ損傷の対策、リハビリテーション、保健・衛生といった医学的分野を含めた総合的な観点から探究が行われる。

どの領域でも授業では実習が重視されるので、進みたい大学のキャンパスにスポーツ施設・設備が充実しているかを確認しておきたい。

分野は違っても、スポーツの楽しさ、すばらしさ、奥深さを求め続け、様々な科学的アプローチによって人間そのものを探究する学問である。

学べる学科

  • 体育学科
  • スポーツ科学科
  • 人間健康学科
  • 健康科学科
  • スポーツ健康科学科 他

どのように学ぶのか時間割をチェック

専門性の高い授業で学びながら体育指導者をめざしています

中京大学 スポーツ科学部 スポーツ教育学科 4年
M・Mさん(愛知県 名古屋市立向陽高校卒)

3年後期 MON TUE WED THU FRI
1 教育相談 (カウンセリングを含む) ゼミナールB 教育学B 平和論B
2 衛生・公衆衛生学B 学校保健B 体育実技指導法(陸上競技)
3 日本史B 教育の制度と経営 スポーツ実技C 【バドミントン】
4 情報科学B 保健体育科総合演習(特選)
5

ひと言コメント

体育教師をめざしており、小学校免許も取得することができる中京大学を志望しました。一番印象に残っている授業は、「体育実技指導法(陸上競技)」です。自分のハードリングの動きをビデオに撮り、スロー再生を見ながら、ポイントを先生から伺うなど、専門的で実践的な内容です。普段見ることのない自分の身体の動きを客観的に観察することができるので、改善点が理解しやすく、技術向上につながります。また、指導法の授業のため、技術のポイントを理解したうえで、学生同士で観察し指摘し合う活動も行います。一人ひとりの動きを見て指導できる力を身につけることは、指導者をめざすうえでとても大切なことです。目的に見合った素晴らしい授業でした。

気になる授業

順天堂大学 スポーツ健康科学部 スポーツ科学科

スポーツ運動学

スポーツ運動学習を人間学的かつ運動学的立場から考察し、動感の能力、動ける身体の発生・習熟に関する理解を通して、教育・指導の場面で役立てられる力を身につける。運動技術、運動構造、運動観察、運動経過の質的把握などの観点から、運動学的な知識を修得する。

コンディショニング概論

スポーツパフォーマンスの向上と傷害予防の 2 つの側面を持つコンディショニング概念の知識を修得する。また、コンディショニングプログラムの作成に欠かすことのできないコンディショニング評価、トレーニングの原則・概要、競技種目特性などについても学ぶ。

スポーツトレーニング総論

トレーニングの原理・原則や、各競技種目の基盤となるトレーニング方法について、専門的体力・技術トレーニングの理論を学ぶ。また、国際情報やドーピング問題、栄養に関する知識も修得し、幼児・育成年代・障がい者を対象としたトレーニングの実践力も身につける。

将来のフィールド

主な活躍の場

体育施設の指導員・コーチ・トレーナー スポーツ用品メーカー 健康関連産業 学校(教員) 医療・衛生分野 など

卒業生は、地方公共団体の体育施設での指導員、トレーナー、民間のスポーツクラブのインストラクターなど、幅広い分野で活躍している。

学校体育系の分野では教員をめざす人も多い。また、スポーツ用品メーカーなどの一般企業への就職は増加し、職種は広がっている。

学部での研究をさらに深めようと大学院に進学する人も少なくない。

めざす資格・受験資格など

健康運動指導士 公認スポーツ指導者 障害者スポーツ指導員 レクリエーション・インストラクター 健康運動実践指導者 ジュニアスポーツ指導員 中学校・高校教諭1種免許

こちらから大学情報を検索できます。

学びの最前線を知る!

イマナビ 産業としてのスポーツビジネス

2020年の夏季オリンピック・パラリンピックの開催地・東京では、現在、競技場や宿泊施設の具体的な建設・整備計画が活発に動き始めている。

スポーツに関連する職業というと、プロの野球選手やサッカー選手、トレーナーといった「プロ・スポーツ」に代表される、限られた狭い世界の仕事というイメージがある。ところが周囲をよく見回してみると、プロ・アマチュアの垣根を越えて、スポーツに関連した施設や職種は意外なほど多い。例えば、趣味で楽しむ範囲のスポーツでもゴルフやスキー、ジョギング、テニス、水泳など多種多様。健康づくりをサポートするフィットネスクラブ、身体の緊張をときほぐすことで精神的なストレスも解放してくれるリラクゼーションルームなど、スポーツ関連のサービスを提供するショップも急速に店舗数を伸ばしている。子ども向けのスポーツ教室も活況だ。また、スポーツドリンク、トレーニングウェアなどの健康関連商品、地域スポーツクラブの経営、さらに国内や海外の試合を観戦するスポーツツーリズムなど…。スポーツは、巨大市場を形成する一大産業に成長した。スポーツをビジネスとして捉え、計画・マネジメントできる専門的な能力を身につけた人材が求められている。

スポーツ・健康科学分類のその他系統