外国語

外国語の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、外国語に関する興味を広げよう。

言語の習得とその国の文化を探る

何が学べるのか

外国語学系の学部・学科というと、まず実用的な語学を学ぶ場所だというイメージが浮かぶだろう。高度な語学力の養成は、外国語学系の学部・学科の大きな使命であるが、それだけではない。語学力習得とともに、その言語が使われている地域に関する様々な研究を行うことも、外国語学系の学部・学科における学びの大きな柱のひとつである。なぜなら、言語を学ぶには、その背景にある文化や歴史についての深い理解と知識が必要となるからだ。地域をより深く研究し、理解するためには、そこで使われている言語を知ることが不可欠である。

研究対象となる言語は、英語、フランス語、ドイツ語などの欧米語が主流であったが、中国語や韓国語、タイ語などアジア諸地域の言語についても、同様に研究されている。また、数は多くないが、中東やアフリカなどの言語も学ぶことができる。その他、日本語学科を有する大学もあり、日本語研究が盛んになっている。主に外国人への日本語教育を担う日本語教員養成や、日本語の研究などを行うが、日本語を外国語と同じように観察し、相対化する視点が必要となる。

実際の授業では、まず実用的な語学力を身につけることに力が注がれる。読み書きや会話など、その言語でコミュニケーションをとることができる能力を伸ばす。また、文法や語彙ごい など、その言語の仕組みと成り立ちを研究する。地域研究においては、その言語が使われている地域や国の歴史や文化のほか、政治や経済などの社会科学領域にまで及んで研究する。また、語学力と地域研究を基に、専門領域をより掘り下げて研究するなど、広範囲での文化研究も進んでいる。

国際交流協定締結校への交換留学などを積極的に行っている大学も多い。留学する学生に様々な支援を行っており、留学先大学での取得単位を卒業単位として認定する大学も増えている。語学力を高めるだけでなく、異文化のなかで生活することにより、国際人としての視野を広げることもできる。

なお、大学の理念や目的によって、扱う内容や重点の置きどころも違ってくる。どんな地域や言語、研究に最も興味があるのかを考え、学科・専攻・コースやカリキュラムをよく検討して、志望大学を選ぶ必要がある。

学べる学科

  • 外国語学科
  • 言語文化学科
  • 英米学科
  • 中国語学科
  • ヨーロッパ言語学科 他

気になる授業

関西外国語大学 外国語学部 スペイン語学科

ラテンアメリカ学研究

国・地理、歴史、宗教、経済活動、社会制度など、先住民社会・文化を通して、ラテンアメリカの現状を学び、非西欧的な価値観の下で暮らす人々に対する理解を深める。文化人類学の基礎的な知識や技術を理解し、それらを自らの研究に援用できる力を身につける。

スペイン語翻訳演習

文学作品を用いて人称や動詞の時制、法、話法、文構造など、言語的側面におけるスペイン語と日本語の差異を確認し、言語体系の違いによって発生する様々な翻訳上の問題を把握する。また、原文と翻訳を比較対照するなかで、翻訳の際に生じる問題点を考察する。

将来のフィールド

主な活躍の場

商社 流通・運輸 貿易関係 金融 メーカー 旅行関連 メディア 国際ボランティア、通訳 日本語教員 公務員 など

めざす資格・受験資格など

外交官(国家公務員) 日本語教員(日本語教育能力検定) 通訳案内士 通関士

こちらから大学情報を検索できます。

外国語分類のその他系統