環境学

環境学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、環境学に関する興味を広げよう。

あらゆる観点から環境問題を研究する

何が学べるのか

地球温暖化、砂漠化、酸性雨、海洋や大気の汚染、環境ホルモン……。これらは、21世紀の深刻な課題となっている。こうした問題意識の高まりから、途上国への資金支援、環境税の導入など、環境保全に関する取り組みが進められてきた。2015年12月、パリで開催された第21回締約国会議では、2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組み「パリ協定」を採択。2016年11月に発効された。これにより京都議定書以来、18年ぶりに温室効果ガス削減に向けた取り組みが始まった。

環境問題は、地球温暖化などのグローバルな問題から、ゴミ処理やリサイクルなどのローカルな問題までと幅広い。さらに経済、法律とも複雑に絡み合っているため、法整備や政策立案などの社会制度も含めた広い視点からの解決方法が必要とされる。

環境学はこれまで生物学や地学、農学、水産学など自然科学系の学部・学科で主に研究されてきたが、近年は、人文・社会科学系でも研究されるようになり、環境問題に取り組む学部・学科は広がりを見せている。例えば、人と生活環境の相互作用を考察し、人間社会と自然との調和・共生について学ぶ学科や、広い視野で人・企業・地方公共団体・国といった社会の仕組みを捉えつつ、法制度の在り方や環境法などを考えていく学科がある。

一方、理・工学系でも、環境破壊のメカニズムの解明、大気汚染物質を排出しない水素を使った燃料電池の開発、再生可能エネルギーの開発などの多彩な研究が進められてきた。こうした既存の研究に加え、環境計画学や環境デザイン学、環境に関わる現象を解析する環境数理学、マルチメディアを駆使して環境問題にアプローチする情報環境学など、新たな学問領域が注目を集めており、その研究成果への期待は高まるばかりである。このような様々な環境問題に対処できる人材を育成するために、文系や理系の枠組みを越えて、学際的なアプローチのできる環境学系の学部・学科を設置する大学が増えている。

現代社会が求めるものは、「持続可能な社会の構築」であり、「人と自然が共生できる社会の実現」である。人類の存亡さえ左右しかねない環境問題。法律・経済・文学・理工学・医学などの既存の学問領域を越えた、地球規模の視点から「環境」への探究が始まっている。

学べる学科

  • 環境学科
  • 人間環境学科
  • 環境情報学科
  • 生活環境学科
  • 環境マネジメント学科 他

気になる授業

東京農工大学 農学部 地域生態システム学科

地域生態システム学III

森林、農村、田園、都市などを含む空間はひとつの連続した「地域」と定義され、そこで人間は生産活動を行い、社会を形づくっている。人間社会を含めた生態系の仕組みを捉えたうえで、持続可能でかつ環境と調和のできる人間活動と技術の在り方を考察する。

環境倫理学

環境問題について共生という自然と人間、人間と人間の在り方から概観。『もののけ姫』や『ギルガメシュ叙事詩』などを参照しながら、共生のものの考え方を適用することで、保護すべき自然や自然保護に対する合意形成をどのようにしていくのかその手がかりを学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

土木・建設関連 建築 研究機関 環境計画関連 観光・交通 公務員 など

めざす資格・受験資格など

環境計量士 環境管理士 建築士(一級・二級・木造) ビオトープ管理士 測量士補

こちらから大学情報を検索できます。

環境分類のその他系統