児童・子ども学

児童・子ども学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、児童・子ども学に関する興味を広げよう。

理論と実践を通して、子どもを科学する

何が学べるのか

少年犯罪、いじめやいじめによる自殺、偏食、協調性や集中力の欠如、幼児虐待など、子どもに関わる様々な問題が報道・指摘されている。

児童・子ども学は、子どもを心身の成長と発達を複合的な角度から捉え、分析し、子どもの成長にとって良い教育や環境をあらゆるテーマで扱う、学際性の高い学問であり、「人間科学」のひとつとしても位置づけられている。少子化や核家族化の進む社会にあって、家庭・学校・地域、職場や行政機関を含め、社会全体の連携した子育て支援、子どもの貧困対策など、総合的な研究が進められている。なお、児童は厳密には小学生を指すが、学問的には、乳幼児から小学生までを含む。

児童・子ども学は、次の 5 分野を柱とする。「発達・心理」分野は、子どもの発達に応じた心の変化、日常の行動と心理との関係などについて学ぶ。「教育・保育」分野は、児童教育・保育の在り方や、家庭・地域社会との関係について学ぶ。「福祉」分野では、児童を保護育成する現場において起こる具体的な問題に着目しつつ、児童福祉の理念や歴史、実際の養護・療育の在り方などについて学ぶ。「保健」分野は、病気や栄養など、子どもの心身の健康の維持・促進のための方法について学ぶ。「文化・環境」分野は、童話や絵本といった児童文学をはじめ、子どもたち自身と遊び・行事など、彼らを取り巻く文化・生活・社会・自然環境などとの関わりについて学ぶ。

最近では、子どもたちとの交流を通して具体的にその存在や彼らの問題を捉えようとする「臨床的」視点からの研究が重要視されており、子どもの世界に入って一緒に活動できるコミュニケーション力や行動力も求められる。また、心理学、生物学、工学、経済学、医学などの学問と連携する領域横断的な研究も活発だ。

近年、幼稚園と保育所を連携させる「幼保一元化」「認定こども園」の新設といった社会的な流れを受け、実践学問としての「子ども学」に取り組む大学が増えている。その結果として、「子ども学」を冠した学部・学科が設置されてきている。人口が減少する一方で、保育所などに入所できない待機児童が増加する日本社会。子どもを取り巻く厳しい現状において、次の社会を支える子どもの健全な心身の発達を支える実践的な研究が進められている。

学べる学科

  • 児童学科
  • 児童教育学科
  • 子ども学科
  • 子ども発達学科
  • 子ども教育学科 他

気になる授業

日本女子大学 家政学部 児童学科

幼児教育論

幼稚園教育で重視される「環境を通しての教育」「遊びを通しての総合的な指導」「一人ひとりの発達の特性に応じた指導」について、その思想や内容を理解し、幼児の主体性や遊びを大切にした保育の在り方を考える。保育者の具体的な援助についても学ぶ。

児童文化

時間の流れとともに、様々な変容をとげてきた児童文化を、子ども観の変遷を交え歴史的、そして子どもの発達と文化の関わりという視点で捉える。子どもが豊かに生きる力を培っていくために問題意識を持ち、どのように関わっていくことができるのかを考える。

将来のフィールド

主な活躍の場

幼稚園・小学校の教員 保育士 認定こども園 教育委員会などの行政関係 児童福祉施設 児童書出版社 など

めざす資格・受験資格など

保育士 幼稚園教諭1種免許 小学校教諭1種免許 児童福祉司(任用) 認定心理士 児童指導員(任用)

こちらから大学情報を検索できます。