教育(教員養成)

教育(教員養成)の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、教育(教員養成)に関する興味を広げよう。

学校教育の理論と実践を学ぶ

何が学べるのか

教科やクラスの担任の先生に憧れて、将来は学校の先生になりたいと考えたことのある人は多いだろう。一般に教員をめざすなら教育学部へと考えがちだが、教育学部は教員免許の取得が卒業の要件となっている教員養成課程と、免許の取得を義務づけず幅広い知識を獲得することを目的とした総合科学課程に分けられる。ただし、総合科学課程は改組・他学部への再編で縮小傾向にある。

教員養成系学部・学科は、文字どおり教員の養成を目的としたものだが、教員の種類は様々。幼稚園・小学校・中学校・高校や、特別支援学校、養護学校など、将来の希望に沿って、学べる学科・課程を選択する必要がある。カリキュラムも教員免許を取得するために必要な科目を中心に構成されている。教育学、教育心理学、教育制度論などの科目を履修し、教職の意義や教育の基礎理論、各教科指導法、生徒指導、教育相談、進路指導など、学校教育の理論と実践を学ぶ。中学校・高校は英語、国語、数学、社会、理科、情報、芸術系などの専門区分がある。また、教員は子どもの人格形成に大きな影響を与えるだけに、人間に対する理解を深めるボランティアやフィールドワークなど、実践的な学習が数多く用意されているのも特色だ。近年の国際化や情報化、初等教育における英語教育の拡充などに伴い、対応する知識や技術、実践力を学べる大学も増えている。教員養成系学部でなくても教員免許を取得することはできるが、教員養成系学部ではより専門的な授業が展開されるため、教員を志望する学生にとっては適した学部といえる。なお、教員免許更新制により、有効期間内に免許状更新講習を受講しなければ教員免許は失効するので注意が必要だ。

教育者に要求される資質は、単に知識や技術を教えるだけではなく、子どもの持つ才能を引き出すといった人間教育的な側面にまで及ぶ。子どもを取り巻く状況が変化し続ける現在、教員の資質はますます重要視され、質の高い教員の養成に力を入れる大学も多い。

昨今、子どもを取り巻く環境は必ずしも明るいとはいえない。しかし、教員という仕事は、人間形成の重要な時期に関わり、次の時代を担う子どもたちを育てる重要な役割を持つ仕事であり、社会の在り方を左右する営みでもある。「やりがい」を強く実感できる分野といえる。

学べる学科

  • 教育学科
  • 教員養成課程
  • 初等教育(学科・教員養成課程)
  • 中等教育(学科・教員養成課程) 他

気になる授業

学習院大学 文学部 教育学科

世界の教育

映像や写真資料を活用しながら世界各国の教育改革の現状や世界各国の小学校の授業の実際について考察する。学校が変化してきた背景を歴史的・社会的に捉えたり、教師教育の改革などをテーマに取り上げ、アジア、ヨーロッパ、北米の教育事情について概括的に理解する。

学級経営論-望ましい学級集団の形成-

児童が、学級集団の一員として望ましい成長をしていくのに必要な指導上の手法を考察する。「学級経営の意義」「生活指導といじめ」「学習指導要領」などをテーマに、学習環境や生活環境の構成についても捉え、児童とまじめに向き合える教師として必要な資質を修得する。

将来のフィールド

主な活躍の場

幼稚園・小学校・中学校・高校の教員 養護教員 その他公務員 塾・予備校などの教育関連 など

めざす資格・受験資格など

小学校・中学校・高校教諭1種免許 幼稚園教諭1種免許 特別支援学校教諭1種免許 学校図書館司書教諭 学芸員

こちらから大学情報を検索できます。