教育(教育学)

教育(教育学)の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、教育(教育学)に関する興味を広げよう。

学校・社会の両面から教育の本質を探る

何が学べるのか

教育学というと、小学校や中学校の教員を養成するための学系という印象を持つ人が多いかもしれない。しかしここでいう教育学とは、教員の養成を直接の目的としたものではなく、学校・職場・家庭・地域社会などあらゆる場面で実践される教育のメカニズムや歴史、教育制度などを学び、教育を多角的に研究する学問である。

子どもの貧困、いじめによる自殺の問題、不登校、少年犯罪の低年齢化など、学校教育は多くの課題を抱えている。教育学には、それらを引き起こす原因や要因を追究したうえで学習指導や生活指導の方法を研究し、これらの問題を解決することが求められている。教育学では、教育課程や教育方法、教育制度や教育行政、教育史などを学ぶ。また、哲学や歴史学、社会学、心理学など、様々な分野の視点からも研究を行う。実際に起こっている問題を取り扱うことから、最近ではフィールドワークが積極的に取り入れられている。

さらに、社会教育分野では、国際化、情報化、高齢化を受けて、様々なニーズに応えられるシステムの構築などがテーマとして取り上げられている。図書館や博物館、公民館など地域の教育施設でのカルチャーセンターや市民講座、テレビやラジオの通信教育やインターネットでの通信講座など、生涯学習に取り組む機会も増えている。年齢や学習意欲、経験値の違う人たちに、人生を豊かにするための芸術やスポーツなどを指導する人材の養成も必要だ。このように教育があらゆる場面で行われると同時に、子どものネットトラブルなどの問題も増えているため、社会生活に密着した教育の在り方を考察し、今後進むべき道を探っていくことが求められている。また、国際的な視野を持つことも必要となっている。小・中・高の英語教育充実への対応や全世界的な環境問題についての教育など、数々のテーマが研究されている。

社会状況は変化し、教育に対するニーズも多様化している。教育学系の学部・学科では、人間と社会の関わりを掘り下げ、幅広い視点を持った教育専門家の育成をめざしている。学校教育関係だけではなく、企業内教育や地域教育といった現場でも、実践力を伴った、社会に貢献できる人材の育成をめざして、教育学系学部・学科の果たす役割にますます期待が集まっている。

学べる学科

  • 教育学科
  • 教育科学科
  • 教育文化学科
  • 現代教育学科
  • 子ども教育学科 他

気になる授業

青山学院大学 教育人間科学部 教育学科

臨床教育学総論

臨床教育学の根本には、学校や家庭という現場において、不登校やいじめといった問題・困難を抱えている個人に関わり、支援する実践的な営みがある。こうした実践的な営みを事例に考察を重ね、実践知として理論化し、現場へ還元することをめざす。

教育思想概説

主に近代以降の欧米の教育思想を中心に、各思想家の原点に触れながら、近代的子ども観と発達論の思想的展開、国家観・社会観に基づく教育による社会改造の思想などについて考察する。現代教育の諸問題に対し、思想レベルから多角的に考える力を身につけることをめざす。

将来のフィールド

主な活躍の場

教育・学習支援業 塾・予備校などの教育関連 官公庁 サービス業 メディア など

めざす資格・受験資格など

児童福祉司(任用) 社会教育主事(任用) 家庭裁判所調査官(補) 法務教官 レクリエーション・インストラクター

こちらから大学情報を検索できます。