経営学・商学

経営学・商学の学問分野で学べるカリキュラムや将来活躍できる場などを調べて、経営学・商学に関する興味を広げよう。

企業活動を研究し企業経営を模索

何が学べるのか

経営学・商学とは、生産・流通・販売・消費などの経済活動を、理論から実際の企業活動までを幅広く実務的に学ぶ学問である。経済環境が激変する現在、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の話題などもあり、経営学・商学系はまさに時代の注目を集める学問領域といえる。

経営学は、企業活動やビジネスの仕組み、組織の在り方、生産管理・品質管理などを研究対象とする。経営の4つの柱である「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」という側面から、企業を組織し、運営・管理していく過程で発生する様々な事象を分析し、企業を豊かにする戦略を探る。経済や社会は複雑な要素が絡み合いながら、絶えず変化し続けている。そのため、移り変わる実社会に対応した研究が求められる。現在、IT革命やグローバル化により経済動向が急激に変化しており、ビッグデータを活用した製品開発や経営戦略、情報系との学際性の高い経営情報学なども活発に研究されている。

商学は、商品の生産・消費・流通・販売などビジネスの諸側面を研究して、実際に役立てるための学問だ。商品が生産され、消費者の手に届くまでには、通常、流通・運送・販売などの過程を経る。それらの仕組みやメカニズムの分析にとどまらず、マーケティング、貿易などの国際取引、銀行・保険・証券などの金融分野も研究対象としている。

経営学、商学いずれの分野においても、経済学の基礎科目や民法・商法をはじめとする法律、さらに会計学、簿記、マーケティング学などをコア・カリキュラムとする大学が多い。なかでも会計学では、財務会計、管理会計、税務会計、株式会社会計や原価管理、会計監査などを学ぶため、経営学、商学との関連が強く、商学では、さらに細分化された領域を学ぶ。

今日では経営学・商学の対象は、ビジネス分野にとどまらず、公共性の高いほかの組織・団体にまで及ぶ。例えば、財政難が指摘される多くの自治体では市場原理を導入し、地域経済やコミュニティの活性化を図っている。また、高齢者向け介護施設や病院などの福祉・ヘルスケア関連分野も、サービスや質の競争に耐えられる組織づくりをめざしている。NPOやNGOなどの各団体も、今や経営学の研究対象であり、この分野の知識を必要とする組織・団体は今後ますます増えていくだろう。

学べる学科

  • 経営学科
  • 商学科
  • 会計学科
  • マーケティング学科
  • マネジメント学科 他

気になる授業

神戸大学 経営学部 経営学科

経営管理

会社などの経営組織において、目的を達成するために人や組織を管理する方法を学ぶ。「経営管理の考え方」「社会化と組織文化」「会社のなかでのキャリア開発」「リーダーシップ」などのテーマに取り組み、現実の様々な経営現象を理解することをめざす。

国際会計

国際会計基準審議会が策定する「国際財務報告基準」が世界標準になりつつあることを背景に、企業活動の国際化と財務会計の役割、国際会計基準と公正価値会計、リスクヘッジと金融商品の会計基準、外貨建て換算会計など、国際事業活動に不可欠なトピックスを学ぶ。

将来のフィールド

主な活躍の場

百貨店・スーパーなどの小売業 商社、製造業、サービス業 銀行・証券・保険などの金融関係 情報通信 など

めざす資格・受験資格など

公認会計士 税理士 中小企業診断士 社会保険労務士 日商簿記 

こちらから大学情報を検索できます。

経済・経営・商分類のその他系統